バカの壁…

 ‥‥この1ヶ月、本・書類・コピー類の廃棄にフウフウいっている。1週間に資源ゴミの紙類収集は1回だけなので、それに向けて、といって結局はその直前、深夜から未明にかけて括って出す。もう45束は出した。今日は、まだカバーなど付いている文庫など30点ほど、ブッ○オフに持ち込み、750円♪ 売りに行く、のではなく廃棄の1方法という感じだ。

 本の廃棄を進めて実感してきたのは、「新書」のレヴェルがずいぶん‥‥ここ、10年くらいで? 変わったことだ。(例によって^^;)積ん読の新書の山を眺めていて、岩波新書に、しっかりした内容(そうな^^)訳書がいろいろ‥‥ J.B.モラル『中世の刻印』(1972年)、ジャック・ルゴフ『中世の知識人』('77年)、A.クリエジェル『ユーロコミュニズム』('78年)、他多数。'70年代の新書出版の水準ってこんなだったんだ、と、まだ読んでいないのに感心。で、まずい。棄てられないではないか(‥;)。

養老孟司『バカの壁』新潮新書、2003年 では、最近の新書から、ブッ○オフで105円で買った2003年刊の、養老孟司氏の『バカの壁』(新潮新書)。どうも、たぶん全部は読んでいないみたい^^。出た時、一種‘バカ’を書名に付けるブームがあって、“イヤな語感だぁ”と思ったが…なんで買ったのかナ。
 この中に、英語の冠詞に説き及んで、ソシュールの「シニフィアン(能記)」と「シニフィエ(所記)」に触れられている:

 「ソシュールによると「言葉が意味しているもの」(シニフィアン)と、「言葉によって意味されるもの」(シニフィエ)、という風にそれぞれが説明されています。この表現はわかったようなわからないような物言いです。実際、ソシュールは難解だとされています。
 が、これまでの説明の流れで言えば、「意味しているもの」は頭の中のリンゴで、「意味されるもの」は本当に机の上にあるリンゴだと考えればよい。」
(76頁)

 上記の養老氏による「シニフィアン」と「シニフィエ」の説明は、わかりやすいが、すでにネット上でも指摘されている(ここの指摘に付け加えるものなどない。参考にしたことを深謝したい)ことであり、このサイトが指摘されているとおり、筒井康隆氏の『文学部唯野教授』(初出は1987=89年)中、唯野教授が「記号論」で行なう講義内容で、一度モンダイになったことなのだそうだ。
続きを読む >>

TO BE or TO DO

 ‥‥私的にこうキツい状況だと、逃避癖の強い私^^;は、‘スピリチュアル系’に行きたくなりがちだ。― で、ブッ○オフでうろついていると、鈴木秀子『愛と癒しのコミュニオン』(文春新書、1999年)が目に入り、パラパラとめくってみると、基本的にはコミュニケーション理論、カウンセリング分野の書物なのだが、もうちょっとスピリチュアルな‘癒し’本として興味をそそられて、買った。

鈴木秀子『愛と癒しのコミュニオン』 人間関係のトラブルに対処する方法を論じた書物としては、ジャンポルスキー『やすらぎ療法(セラピー)』(春秋社)を読んだことがあり、ひたすら‘許す’ことを説く論調にすさまじい違和感を感じた。その後、実際にトラブルに遭遇したとき「もういちど謙虚に再読して、試してみよう」と思って読み、できるだけ書いてあることを試したつもりだが、全然効きめ^^がなかった。
 ジャンポルスキーの論は、むしろ自立・自己宣伝・責任の過度な重視に明け暮れるアメリカ社会の病根を露呈するもので、アメリカの現状にこそ効果を持つが、日本のように、社会生活では自己主張や怒りは押さえつける精神風土では、同じ方法を薦めるのは危険ですらある、と思った。

 しかし、鈴木さんの該書は、そのような、単調な「許し」を説かず、冷静な「聞く」、「受け容れる」態度を基本とするところに深いものを感じる。著者の説く「アクティブ・リスニング」は、話し手に対する価値判断をひとまずすべて棚上げして聞く、ことがミソなのだが、第2章「自分に聞く」で、自分の感じている実感を、それが自分であると受け止める「自己一致」へのプロセスのひとつとして「天使になって、自分を観察する」ことをあげていて、映画『ベルリン・天使の詩』の天使のまなざしで自分を見守ることを説いている。
 さて、これが実践できるかどうかは‘?’だ。とりあえず、自分の後頭部の数十センチ上あたりから‘守護霊’が私を見るように? 自分を見ているつもりになろうかな。それがどんな変化をもたらすのかわからないけれど^^。
続きを読む >>

『ビッグイシュー』を買った。

 五反田駅を出たところで、『ビッグイシュー日本版』を売っていて、新号(102号)ということで、買った。中身をちょっと見ている間に、男性客が二人、販売員さんから買っていて、こういうのを見るとほっとする。
『ビッグイシュー』102号 表紙 「特集 日本。若者を包摂できる社会へ」― 中高年も包摂してくれえ〜^^;。
 本田由紀さんへのインタヴューをトップに据える。曰く、『メンバーシップ without ジョブ』の正規雇用と『ジョブ without メンバーシップ』の非正規雇用とが「奇妙に補強しあうかたちで」双方を呪縛している、と。問題は、この形は経営者にとって強化されればされるほど好都合なのだから、ますますこれを強化しようという流れが作られるはずで、どうやってそれに対抗するのか全く見えないこと。しかし、これ、大勢に読んでもらいたい雑誌ではある。
続きを読む >>

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM