<< S-CN301-LR、到着、試聴。 | main | DALI Oberon 1、聴きました…。 >>

DALI Oberon 1、到着…。

 DALI Oberon 1 ‥‥もう到着して、少し聴きました。

Oberon 1

 Pioneer S-CN301なら、小さいし、安いので留守中に地震で落下して壊れても、そう残念ということもないので、スタンドに乗せていたけれど、さすがに5諭吉(=延長補償加入)になんなんとする Oberon 1は、スタンドからおろして出かける‥‥もっとも、Mercury F1の場合、スタンドの乗せ降ろしの軽い衝撃でユニットが傷んで音が悪くなった‥‥というのは、まず考えられないが、上げ降ろしもよくないかもしれない。

 正面の写真を掲げていないのは、やはりその‥‥「お〜、これで決まり!」という感触ではなかった、というところにあります。

 ヴァイオリンの高域端などは、Mercury F1よりずっと聴きやすく、Mercury F1ってけっこう harshな部分があったんだなぁ、と思わせられる。
 が、ヴァイオリンの場合、中音域〜低音域(G線)がちょっと鋭く出る感じがある。
 ピアノは柔らかく、そして Mercury F1ではストレートに crispに聞こえていたピアノが、ある種の「余韻のオブラート」の中で鳴っているという感じがある。

 俗っぽい喩えになるが、ウルトラマンのような子ども向けヒーローものにおいて、ヒーローでもヴィランでも、自分が有利に動ける「フィールド」を発生させ、そこに敵ごと連れ込んでやっつける、というパターンがある。
 DALIのやり方というのは、この「フィールド」という感覚なのである。
 よくも悪くも、DALIの作り出す仮想フィールドの中で、音楽を DALIが美しいとする傾向に染めて鳴らす、という雰囲気がある。
 そこに引き込まれて快適だと感じるリスナーには、DALIの音はこの上なく好ましいものに聞こえるだろう。

 ロスバウト指揮のブルックナー:第7の第2楽章は、Mercury F1よりかなり高品位で美しい音色で鳴った‥‥内声部にザラつき感があったが、これはバーンインでこなれそうな感じもある。
 「美音」系スピーカーであるが、やはり高域にちょっと神経質さがほの見える。
 また、ヴォーカルの美しさに比して、楽器音のほうはそんなに‥‥という面も感じる。

 というわけで、気持ちは Wharfedale Diamond 220に行っております。
 この2機種を聴き比べれば、かなり「見えて」きそうな気はするのだが…。

スポンサーサイト

  • 2019.12.05 Thursday
  • -
  • 01:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おーっ、Oberon 1のご感想は、意外な感じはしません。とても参考になります。
日本のメーカーは、もう駄目ですけど、海外では、頑張っているところが多いですねぇ。
最近、ファイン・オーディオFyne Audioというブランドのスピーカーの輸入が始まってます。
なかなか良さそうですよ。スコットランドの新興メーカーみたいです。比較的安価なラインから揃えてますし。気になります。

>気持ちは Wharfedale Diamond 220に...

もーっ、これは、行くとこまで行ってみましょうよ。(笑)
このまま決まるか振出しに戻るか?結果を楽しみにしています。
みっちさん、

Fyne Audioですか‥‥F300あたりが当方の相当クラスですね:
https://www.whathifi.com/reviews/fyne-audio-f300
おっと、
> AGAINST Some coarseness in treble
これはちょっと懸念材料です;;。ブランドには期待できるかも、ですね。

YouTubeで海外のファンがアップしている動画を見ると、
Magnat:
https://www.magnat.de/en/
や、Paradigm:
https://www.paradigm.com/en/
なんていうのがあります。

> 行くとこまで行ってみましょうよ。(笑)
と、なりそうです(汗;;)。
しかし、DALIの代表作を聴いたことは、悪い経験ではないと思います。
  • へうたむ
  • 2019/06/16 2:03 AM
元新潟のUさん、

> 振出しに戻るか?
「振出し」は Mercury F1ですから、これはもう入札も入っているので、もどれません。
Oberon 1は価格.com売れ筋でほぼNo.1の機種ですし、Diamond 220はもうすでに内外で超-高評価の機種なので、このどちらかから、となると‥‥ありがたいと思います。
  • へうたむ
  • 2019/06/16 2:22 AM
初コメお邪魔致します。
先週Oberon1購入しました!
平均律とモーツァルトのピアノソナタで10時間慣らし運転しまして、ただいまケルテスのモーツァルトを聴いています。
10時間でも美しい音にうっとりしています
DAIAMONDカッコイイですね、自分は白が好きかな?狭い我が家でも壁にピッタリ付けられるので候補に入れてありましたが、正規輸入?の値段が高いようなので見送りました。
「ブルーさん」さん、始めまして。

Oberon 1、お好みに合ったようでよかったですね。
私の場合は、若干、低域のある帯域でのボンつき感が気になったのと、高域の感触もちょっと合いませんでした。

> 正規輸入?の値段が高いようなので見送りました。
はい、正規輸入品は、もう逸品館くらいしか扱いがないようですが、タカいですね〜;;。
保証を考えて、正規品にしましたが、イギリスでは99ポンドです。
ですが、正規品でも Oberon 1よりは安く、ずっしりと重い仕上がりは、「まあいいか」と思わせるものでした。
  • へうたむ
  • 2019/09/04 12:36 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM