<< ルネサンス音楽CDの選択 | main | 最近の夕飯とか、その他。 >>

まだアンプ考案中‥‥。

 ヤマハ A-S501‥‥さすがにこなれたきた感はあるけれど、こなれてくればくるほど、「あ〜、面白くない音だなぁ」;;。

 あちらのあるフォーラムの、いわゆる“トピ主”の投稿に、下のようなのがある。

Audiocarma

 「I started with a Yamaha A-S501 which I found hard to believe had 85 watts as it was clean but gutless. So, I moved on.
I then went to a Marantz PM6005. Yay for the loudness button and a more muscular sound. But here is the thing, it's a touch shrill on the top end. If I turn the treble all the way down (-10db) it's still pretty sharp and at times brassy.
(ヤマハ A-S501から始めたんだけど、85Wとはとても思えない。きれいな音だけど、ガッツがない。で、乗り換えた。
Marantz PM6005にした。いやぁ、ラウドネス・ボタンはあるし、ずっとしっかりした音だ。しかし問題があって、高域端がちょっとキツい。トレブルを全部下げても(-10dB)、まだやや鋭く、金属的な音だ。)」


 う〜ん、この人、私とおんなじ症状だぁ〜。聴く音楽のジャンルは違うかもしれないが、同じ感触を持つ人、いるんですねえ。

 A-S501に関しては、海外で圧倒的好評なのだが、こういう:

Audio Sanitation

感触を持つ人がいる(米Crutchfieldのカスタマーレビュー)。
 A-S501の「A-S」を「Audio Sanitation」→ 潔癖症オーディオ? という次第。納得^^。
 この人は、A-S501のリズム表現にご不満の模様。

 さて ― 私は、まだ性懲りもなくプリメイン・アンプ情報を漁り中。
 やっぱりイギリス系の薄型にいきそうです。Old Creek(=EMF Audio Sequel 2)や Cambridge Audioで、合わないことはわかっているはずなんですが‥‥;;。

イギリスのアンプ

 むひょほ。

スポンサーサイト

  • 2019.03.20 Wednesday
  • -
  • 15:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おぉっ、そろそろ痺れを切らしましたか?
まぁ、待てば海路の日和ありとは限りませんから(^_^;)
元新潟のUさん、

そうですね〜‥‥ブレイク・インはたしかにしてきたことは聞こえてきますが、それが好みの音ではないんですね。
  • へうたむ
  • 2019/02/13 11:32 PM
>まだ性懲りもなくプリメイン・アンプ情報を漁り中... やっぱりイギリス系の薄型にいきそうです...

おーっ、やってますねぇ。しかし、日本で買える英国製アンプって、それほどないんじゃないですか。Audiolabなんて惹かれるけど、手頃な値段のモデルは日本では売ってないみたいだし。いっそ、海外から直輸入するかですねぇ。そうそう、マランツのアンプも海外ではブラックパネルで売ってますよね。あれ、格好いいです。
みっちさん、

> しかし、日本で買える英国製アンプって、それほどないんじゃないですか。
実際のところは、そうなんですね。
あちらでは入門〜中級の定番、NADなんか、一時ちょっと入っただけです。
Naim Audioも、アンプは入れなくなっていますし、メーカー自体もハイエンド志向になっているような…。
Music Hallなんか、全く知られていません。

もっとも、「それほどない」でちょうどいいのかも。たっぷりあったらエラいことです(笑)。
探しているのは、国内仕様の中古に限られます。直輸入だと、電源のステップアップ・トランスなども必要で、たいへんです。

> マランツのアンプも海外ではブラックパネルで売ってますよね。あれ、格好いいです。
日本ではシルバーのみというのが多いですね。
私は、ブラックパネルはちょっと敬遠するようになっています。が、選択肢は多いほうがいいです。
  • へうたむ
  • 2019/02/14 12:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM