<< 年金請求書…。 | main | 『万引き家族』、観ました…。 >>

レヴァインさんのモーツァルト、とか。

 ‥‥昨日(=アップ時点で一昨日)は、私学共済の要求している(らしい)書類の請求に、年金事務所に行き、今日(=アップ時点で昨日)はゴゴイチで、大病院の口腔外科の診療。
 お蔭さまでこちらも、レントゲンで、左上顎洞はきれいになっているということで、この治療はこれで終了、あとはかかりつけの歯科医院でブリッジの再構築となる。

 国民年金のほうは、65歳直前まで可能な任意加入は、遡ってはできず、申し込んだその月からになるということで、しかも任意加入の場合、保険料の納付は口座引落しのみということで、引落し口座の通帳確認と、申込書への銀行届出印の押捺などが必要というので、病院からもどってすぐまた、電車とバスを乗り継いで年金事務所。

 全額前納で、年額20万弱の保険料(4月末に引落しらしい)、現在の経済状態ならまあ払えるか、という状況なのだが、もらえる年金額は微々たる額だろう。それでも、今数十万円を貯金しておくよりは、たぶん有利だ。
 明日はイレギュラーな仕事が夕刻少し、と、今週はユーイギな“夏休み”‥‥だったかも。病院と年金‥‥人生のメンテであります〜;;。

 さて。モーツァルトの交響曲で、いわゆる「後期六大交響曲」の前の、第25番ト短調、第29番イ長調、第31番ニ長調『パリ』の3曲。
 これが1枚に入っていて、そこそこ評価も高い、レヴァイン/ウィーン・フィル盤(DG国内盤)。

レヴァインのCD

 国内盤の音質ということ ― 高域エッジがキツめで、音の潤いに欠ける ― もありそうなのだが、演奏がどうも琴線に触れこない。
 もしかすると、「音楽」だけでなく、「ジェームズ・レヴァイン」という人の、容姿(おっと)と、“あの件”の影響が、皆無とは言えないんじゃないか、とか思ったり。

 こういう感想になってきたのは、第25、29、31番で、エルネスト・ブール/バーデン・バーデン南西ドイツ放送響盤(Classical Gold)、第29番では、シモン・ゴールドベルク/オランダ室内管盤(Philips → Retrospective)が手許に来たためでもある。

モーツァルト、交響曲CD


 エルネスト・ブールの、正体不明録音のモーツァルト交響曲集は、どれも聴くごとに味わいの深まる、なかなかの名演だと思う。
 レヴァイン/ウィーン・フィルの演奏では、中声部・低域などヴァイオリンに対する対旋律を、むしろできるだけ響かせないようにした感が強く、これはウィーン・フィルのやり方でもありそうである。
 ブールのほうは、この辺はず〜っとニュートラルで、楽曲の構造が見えやすい演奏だ。
 それでいて、楽想の歌わせ方にはニュアンスがあり、乾いてはいない。

 先日、オクで買った、ゴールドベルク PHILIPS録音集成(Retrospective、8CD)は、まだまだ聴き込めておらず、ゆっくり聴いていきたい。
 この中にモーツァルトの交響曲第29番(1958年ステレオ。マスタリングもいい)も入っている。

 快適なテンポで進めてゆく演奏だけれど、レヴァインの快速が、どこか「慌てて、前につんのめってゆく」のに対して、地に足のついた進み方のように聞こえるし、ブールにしてもゴールドベルクにしても、ちょっとした「ホッとする」フレーズを、聴いていて「ホッとする」ように演奏している(と聞こえる)のだが、レヴァインの演奏には、何か安らぎが不足する。

 「小ト短調」第25番については、ワルター/ウィーン・フィルのライヴ(Sony日本企画)盤もあり、こういう状況だと、レヴァイン盤は便利ながらほとんど魅力がなくなり、手放す方向で考え中。

 上の写真に写っている2枚だけが、手許にあるJ.レヴァインさんのCDだ。
 もう1枚は、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルなどの管の名手たちと演奏した、プーランクの管の室内楽曲集(DG国内盤)。
 こちらも、ジャック・フェヴリエらによる仏EMI盤(→ Brilliant Classics)や、エリック・ル・サージュらによる RCA盤という、お膝元フランスの名人たちによるディスクがあり、それらのほうが「フランスの味」がありそうではある。

 が、EMI盤はいちど持っていたもののあまり魅力を感じないまま手放している。
 レヴァイン盤は、レヴァインさんはピアノ担当、いわば縁の下の力持ち(いかにも!^^)であって、独墺系の管楽器奏者の、曖昧化しない、端正できっちりした歌わせ方が、これはこれですばらしく、こちらは置いておこうと思う。1枚ものなので、聴くにもいい分量だ。

 手放すCDの選出も、ちょっと進み、の現状であります〜。

スポンサーサイト

  • 2018.07.15 Sunday
  • -
  • 00:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
レヴァインはモーツァルト交響曲全集をなぜか架蔵しています。昔、23.24.25の入ったCDを一枚もので聴いていて、とくに23.24が、いい。ワルター、ベーム、バーンスタイン、ケルテスの録音している有名曲は今ひとつのところはあるんですが(その理由は繰り返しがうるさいこと)、そのほかはウィーン・フィルとしても唯一の録音が多く、知られざる名曲のハイレベルの演奏の宝庫です。
  • yositaka
  • 2018/07/08 2:30 PM
yositakaさん、

全集でお持ちですか。たしかにウィーン・フィルでは唯一の全集です。

モーツァルトの、交響曲第25、29、31番といったところは、客観的には秀作だと感じますけれど、どうしても後期六大交響曲と比べてしまうので、34番以前の交響曲は、同じ時間を割くとなると、聴く意欲が起きにくいのです。
それらのよさを知るには、レヴァインの全集はおっしゃるように「宝庫」なのだろうと想像はできます。

今回、エルネスト・ブール盤とシモン・ゴールドベルク盤(29番)が手許に来て、俄然レヴァイン盤架蔵の必然性がなくなりました。
ドイツ盤(PMDCまたは EDCプレス)で聴けばまた印象が変わるかもしれませんが、レヴァインの「元気なモーツァルト」は、どうも波長が合わないようです m(_ _;;)m。
  • へうたむ
  • 2018/07/08 5:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM