<< 散財報告−続篇。 | main | 内視鏡検査、終了〜。 >>

どうなってんだろうね。

 “労働時間”は短いものの、全休日が日曜日だけというのは、ナンだかすぐ飛んでいってしまうし、休んだ気がしない‥‥いや、毎日、仕事場でも休んでいるようなもんだろ、と言われれば、ま、そうかな、‥‥でもないんですがねえ。

 この1週間、つまり6月が終われば、次週はほぼ全休です〜♪ 大腸内視鏡検査やら、口腔外科のレントゲンなどもあるんですが‥‥。

買い込んだCDセット

 CDは、セットものをしこたま買い込んだ6月であったが、これは「いいレコードを買った」という思いも一入である。
 アルフレート・ブレンデルの初回のベートーヴェン、音がじつに透明で、「これ、60年代の Vox録音なの?」、「これで Brilliantのマスタリングなの?」と訝るほど音がいい。

 アルテミスQの、ベートーヴェン:第2番の冒頭も聴いたが、ほんとうに「楽想が言いたいことを、言いたいように語っている」ような、目の詰んだ、しかし神経質ではない演奏。
 エルネスト・ブール/バーデン・バーデンのモーツァルト、これも聴くほどに、よろしい。輸入元の「帯」は、ディスクの出し入れにウザッタいので棄てた。が、帯に「深遠な精神世界に…」云々とか書いてあった文言が、実際に聴くと「なるほど」になってくる。
 第25番(小ト短調)は、低弦・対旋律を極力目立たせないレヴァイン/ウィーン・フィルよりも、楽曲の構造がしっかりと見えていて、かつ無機的では全然ない。

 さて ― テレビがないので、森加計の展開も追えないけれど、同時に某ドン・ファンなどのクソ・ニュースの山にも触れないで済んでいる。
 相も変わらず、もはや公文書改竄は「そんなの、いくらあったってかまわんでしょ」状態だし、そしてついに、現政権の、ある意味で「ミッション」であった、「働かせ放題改革法案」と「カジノ法案」の成立に至りつつある。

 ときおり YouTubeで目に入ってくる、「デモクラシー・タイムス」の最新号。


 18分くらいから竹信三恵子氏が言っているように、人件費=勤労所得を徹底的に押さえ込み、ますます内部留保を膨らませ、ダブつきまくった資金を、M&Aに湯水のごとく注ぎ込み、挙句のはてに大損を出す、という惨憺たる“大流行”が生じているようだ。

 次のトピックの、カジノ法案ゴリ押し成立も、キモは、海外の国際カジノ資本に、湯水のごとくカネを貢ぎ倒す、というハナシだ。
 その“親分”みたいな、シェルドン・ゲイリー・アデルソンなる人物は、在イスラエル米大使館のエルサレム移転を、トランプにさせた人物として知られる。

 野党や一部“サヨク”ジャーナリズムは、安倍政権の「揚げ足取り」ばかりし、「反日」だ、というのだけれど、このところの現政権の、経済における舵取りは、これははたして「利日」なのか?
 これでも、政権は4割近い支持率を獲得しているのだから、たしかに国民のかなりの部分は、こういった経済政策に賛成なのだ。
 摩訶不思議。

スポンサーサイト

  • 2018.09.24 Monday
  • -
  • 01:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>これははたして「利日」なのか?
私も疑問に感じています。もっと野党にしっかりしてもらわないと… と言っても期待薄(>_<)
元新潟のUさん、

> もっと野党にしっかりしてもらわないと… と言っても期待薄(>_<)
本来、政権に対して「NO」を突きつけていいはずの有権者が、そのようにしないことが先ず「?」です。
これは、政権・与党に「今のままでええぞ! OK!! 」と励ましているのと同じです。

また「野党」の中には、“与党の在野部隊”=維新みたいなのもあって、これこそ「期待薄」の最たる部分です(少なくとも私には)。
反政権野党のほうにも、「万年野党なら、歳費はもらえて責任は取らなくていい」という「野党業」に徹する姿勢が見えみえなのも最低です。
ま、というわけでおっしゃるとおり「期待薄」です(笑)。
  • へうたむ
  • 2018/06/25 11:13 AM
野党を国民が育てるという姿勢がないと。誰かが出てくるという消極的姿勢が強すぎるのですね。
だからやられっぱなし。
  • インコ
  • 2018/07/01 3:21 PM
インコさん、

> 野党を国民が育てるという姿勢がないと。
いやもう、おっしゃるとおりで、このことが最肝要事です。
実際に草の根では、野党の未成熟 ― 政権担当時の民主党の無反省など ― を指弾する声はあるのですがねえ。

高プロ・裁量労働などがどんどん立法化=規制空無化してゆき、「え? 高プロでしょ〜、残業代なんか出るわけないじゃん!」と言われてやっと現政権の危険さがわかっても、遅い‥‥いや、日本の有権者はそれくらいでちょうどいいのかも。
  • へうたむ
  • 2018/07/01 9:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM