<< 検査食、お酒、コーヒー…。 | main | シャツ、買いました〜。 >>

真空管プリアンプ・キットの誘惑^^;;。

 世にいう“ユーチューバー”で、オーディオが主たるテーマでもってそうとうなファンを持っている、という、ヘンな人、アンソニーさん。
 「こにちわ! アンソニー…です!」、「こにちわ! アンソニーのオーディオ雑談へ、ようこそ!」でおなじみ(なのか? …)。

 そのアンソニー氏の動画に、サンバレーの新しいプリアンプ・キット SV-Pre1616Dが登場している。


 セッティング、配線をすませ、音出し。11分50秒くらいから、ヴァイオリンが鳴り出すに及んで、アンソニーさん、「おぉ〜っ! ハイハイハイ!」と叫んでいる
 それも納得できるエエ音である。ヘッドフォンで聴いていても、よくわかる(よいマイクとレコーダーを使っているんだろうな)。
 1分ほど経過したところで、またも「はいはいはい!」 ギターにパーカッションも、コクのあるいい音だ。

 アンソニー氏は、JBLの何番だっけ、ゴージャスなフロア型をクラウンのパワーアンプでドライブしており(システムとしては、明らかにゲイン過剰)、“素”がいいということがあるが、同じクラウンのプリと比べて、「もうこっちにはもどれない」と明言しているように、SV-Pre1616Dはよさそうである。

 そうそう、アンソニーさんは、上にリンクしたサンバレーのブログに埋め込まれた、同ショップの動画でも、試聴に参加している。
 う〜ん、大橋サンとコラボしましたかぁ〜。

SV-Pre1616D

 回路は、Marantz型プリのラインアンプを用いたということで、ならば12AX7の2段NFアンプ+カソードフォロアーとなる。増幅段は、たしかマッキン C-22は直結だったはずだが、MarantzはCR結合だ。
 2段なので、非反転アンプである。反転してもべつにどうということはないのだが、精神衛生上、ちょっと…。

 他に、現行の真空管プリアンプ・キットはあと4種ほど、すぐに挙がるが、ほとんどが単段=反転だと思われる。

 まず、エレキット TU-8500(4万円台)。

TU-8500

 製作している人たちのブログには、回路に関する言及がほんとうにないのだが、サンバレーさんのブログによれば、12AU7単段(たぶんPK帰還PG帰還)+カソードフォロアー、なので、位相反転する。
 それと、デフォルトでフォノイコライザーを搭載しているが、とりあえずこれは要らない。

 次に、ぐっと値段がはるが、トライオード TRK-1(8万円台)。

TRK-1

 12AU7×2本だが、SRPPなので位相反転する。外観デザインはサイコー^^。

 次に、春日無線の KA-25RK mkII(7万円)。

KA-25RK mk

 すでに製作例や試聴記がいくつかアップされていて、「濃厚な音」だそうだ。使用真空管 8106は5極管らしい。ということは、各Ch1本を使っても、単段か。

 あと、チープな感じはするのだが、ヤフオクに出品してもいる、WATZ。
 WATZ製品は、他ショップでも扱っているところはあるので、一定の信頼は獲得していると思われる。

 ここのプリはいくつかあるが、実用性を考えると、PA-3002(4万円台)あたりか。

PA-3002

 12AU72段の間にCR型のトーンコントロールを挟んだものらしい。2段めもカソホロでなくカソード接地回路(通常の増幅段)なら、2度反転するから、非反転アンプとなる。
 CR型トーンコンを挟むから、ゲインを稼ぐために2段めも増幅段にするだろうなぁ、とは思うのだが、どの開発元もあまり回路には言及しない。
 WATZは、以前はプリのキットでもAC点火だったのだが、今はDC点火、それも安定化している。

 プリの場合、球が外に出ているものは、ちょっとデザインが野暮ったい感じがする。その点で、サンバレーと WATZは、いまいちだが、機能と音には期待できる。
 ※画像は、各リリース元 or ショップのサイトから拝借した。

 さてさて、そうなるとプリメインにつなぐとゲインが高くなりすぎ、パワーアンプも別途欲しく or 作りたくなる。
 エレキットの 6L6シングルか、WATZの 6V6シングル‥‥とか思い浮かべるのはいいのだが、クラシックをちゃんと鳴らしてくれるだろうか。

 YouTubeの動画を検索すると、たとえば現行 Marantz PM6005の動画は、どれを見ても、それぞれそれなりのマトモな音が聞こえるのだが、管球アンプの動画は、その多くがショボい音なのである。

 現行の PM6005は、音楽の種類にかかわらず、そつなく、そしてまあまあ高精細に鳴らしてくれるけれど、“コク”が決定的に、ない。
 といって、都はるみもダイアナ・パントンもシュヴァルツコップも、一様に同じコクが付いても困るのである。ふむ〜。

 ま、しばらく医療費がかかりそうなので、それが一段落してから、でしょうかね。

スポンサーサイト

  • 2018.07.23 Monday
  • -
  • 02:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
暫くは妄想でしょうね(^◇^) 十分ご検討ください。
元新潟のUさん、

はい、妄想ですね。
プリのキットって、けっこういろいろあるものだ、と思いました。
  • へうたむ
  • 2018/05/14 11:10 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM