<< 大病院へ。 | main | 大病院へ。−2 >>

ラトル、また放擲〜;;。

 さ〜て‥‥前記事のとおり、病院から帰宅後、午後ず〜っと空いたので、(居眠りしながらも)しこたまCD、聴きました^^;;。
 ハイドンは、交響曲2曲聴いた上に、アルノンクールの『天地創造』も全曲聴いた次第。

 ところで、2度めの購入、『フィデリオ』まで入ったセットで買ったラトル/ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲全集(9CD。
 たしかに HMVのレビューに1件あったとおり音はよかった ― なので、この全集のファンにはお勧め ― のだけれど、やっぱり今回も感興を覚えない。かければ、寝る。

ラトルのベートーヴェン

 同時に買った、ジュリーニ/スカラの「交響曲集」(=第1から第8まで。Sony、5CD)のほうは、超スローテンポでありながら、瞬間瞬間の音の流れに「音楽」が満ちていて、たいへん充実した音楽体験を与えてくれる。

 フルトヴェングラー、トスカニーニ、ワルター、クレンペラーの4種に、あと何か、ということで、ハイティンク新盤もブロムシュテット旧盤もアウト、ということで2種、導入したのだが、ラトルはまたお別れ、である。
 QEDのスピーカー・ケーブルもであるが、オク出し予定になるが、病院の治療日程が未定なので、オク出しも、それに通販の注文も(入院、ということになると受け取れない)できない。

 なぜ4種の次は6種類にこだわるかというと、「5」は「五黄殺」の数字なので、ちょっと‥‥だったり。
 もちろんそんなことを言い出したら、七五三の「五」は祝えないことになりかねないし、ご祝儀で、5千円というのもよくないことになるので、口実にもならない。

 まして、ジュリーニのセットは第九のない交響曲集なので、全集に算入しなければ4種のまま。
 ただ、第九は、近い時期にベルリン・フィルを指揮したDG盤が単独であるので、それを加えたなら、それで全集と考えることもできる。

 今日は、ハイドンを聴き始める前に、クレンペラー指揮でベートーヴェンの第1を聴いたが、充実感も味もあって、さすがにすばらしかった。
 スタイルの全然違うトスカニーニもまたいいし、上記、ジュリーニ/スカラのも、“歌”に心のこもったいい演奏だ。

 もうこれだけあれば、「あと、な〜んかいいのないかな〜」と無理に食指をユスる必要もないのかもしれない‥‥「食指が動く」という故事は、「親指人差し指がぴくぴくっと自然に動く」ことをいうので、「意思的に動かす」のではない。

 ジンマンもノリントンも合わないだろう。コンヴィチュニー、シュミット=イッセルシュテット、ベーム、いずれも悪い演奏などでは決してないものの、ダメだった。

 ジュリーニのセットは、ベルリン・b-sharpスタジオの24-bitリマスターになり、ここのリマスターには、ワルターのモーツァルトやグールドのバッハなど、気に入らないものが多かった。

 このジュリーニのセットは、同シリーズで出ている、RCA録音の、C.デイヴィスのシューベルトのように高域端強調型(旧RCA盤に買い直した)ではなく、単発オリジナルの音から、やわらかなホールトーンを若干除き、では楽器が近くなるのかというと、そうではなく、「いわゆるベートーヴェンっぽい音」というふうで、オケは遠くにありながら、余韻を削ぎ落として弦のザラつき感を増した感じになっている。

 ヴァイオリンの低音やヴィオラがザラつき感を伴って聞こえてくるタイプで、ベートーヴェンには必ずしも悪くない。
 気になったのは、『田園』で、第3楽章の左チャンネルが、ちょっと意図的にレヴェルを上げている感(約3dB)があること。
 画像は示さないが、測定ソフトで見ると、それがわかる。

 第4楽章の嵐も、フィナーレの「感謝の歌」も、盛り上がることなく、比較的小音量で静かに推移しつつ全曲を閉じる、という形になる。

 セット盤のマスタリングが、オリジナルの単発盤とまるで違ったら、リマスタリングの「さかしら」だ、と、単発盤も買って聴いてみた(ので、セットものの第3楽章の改変が確認できた)。
 全体として、スカラ盤の『田園』は、第4楽章の嵐は、まるで内なる神の叱責に耳を傾け、フィナーレは、自然への讃歌を歌い上げるというのでなく、静かに宇宙に思いを致して祈る、といったていのものになっていて、きわめて特殊だが、これがマエストロ最晩年の「境地」だったのだろう。

 残された私の人生、ベートーヴェンの交響曲などは、もう“超-名盤中の超名盤”(もちろん、自分基準)にしか、時間を費やす価値を見出さないようである。

 ― ということで、ラトルのボックスに入っている『フィデリオ』も放棄することになるので、別盤をひとつ、調達しないと、ということになりそうだ。あちゃちゃ。
 DG録音の目ぼしいもの‥‥フリッチャイ、ベーム、バーンスタインあたりから1セット、ということになりそうだ。

CD5000と C-7030

 だいたい、主なリスニングは、Onkyo C-7030(下段)で。
 トラッキングはピックアップ交換でよくなっているし、音はもうほんとに聴くたびに、「この値段でこの音!」と感心しているのだが、3〜4日にいっぺん、ディスクの演奏し始めにトチって、「ザザザ…」とかになることがある
 ディスクを挿入して、TOC情報を液晶にいちど表示させてから演奏開始すると、まず問題なさそうなので、そうしているのだけれど。

 Gotham SPK 2x1.0mmに戻して、これもいいです。この細いスピーカー・ケーブルでこれくらい低音が出るか、という感じ。
 もちろん、よいシステムから見れば低音は出ていないのだが、PM6005と Mercury F1Cの組み合わせで出る低音は、余すところなく出ているような。

スポンサーサイト

  • 2018.11.15 Thursday
  • -
  • 22:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>フルトヴェングラー、トスカニーニ、ワルター、クレンペラーの4種に、あと何か、ということで、ハイティンク新盤もブロムシュテット旧盤もアウト...
>ジンマンもノリントンも合わないだろう。コンヴィチュニー、シュミット=イッセルシュテット、ベーム、いずれも悪い演奏などでは決してないものの、ダメ...

これはだいぶ重症ですなぁ。(笑)
こうなると、もう天下の大病院はだめで、町の小さな規模の医院が良いかも。(違)

グラマフォンやペンギン・ガイドあたりが薦めている、クリヴィヌ/ラ・シャンブル・フィルハーモニックや、ガーディナー/オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティークとか、メニューイン/シンフォニア・ヴァルソヴィア、あたりはどーでしょう。

ちなみに、みっちはまだ大病院に未練があるので、未聴です。(爆)

>「食指が動く」という故事は、「親指がぴくぴくっと...

あれぇ、食指って、人差し指なんでは...(疑)
みっちさん、

> あれぇ、食指って、人差し指なんでは...(疑)
おっと、そうでした^^;;。『春秋左氏伝』由来の、「食い物の恨みはコワいよ」系の、暴力に満ちた故事でした。いつも仕事先でやってるんですが:
http://www.katch.ne.jp/~kojigai/syokusigaugoku.htm

> こうなると、もう天下の大病院はだめで、町の小さな規模の医院が良いかも。(違)
> みっちはまだ大病院に未練があるので、未聴です。(爆)
ふむ〜、この愚生の状態、大も小も、「医者要らず」な、けっこうな状態だと捉えてもおります^^。

ガーディナーはいちど(正確には二度。一度目はアメリカ盤だったので、ドイツ盤で聴き直し)入手、聴いて手放しております。ブリュッヘンもです。
興味本位で手に入れてみるとしたら、あのシェルヘン盤でしょう。
が、今のライブラリーがすでに理想で、これらをじっくり味わうことで、ベートーヴェン交響曲の真髄は、じゅうぶん味わえると思います。

ラトルは放出予定なので、『フィデリオ』単体での購入に「食指が動いて」おります。
お勧めのハラース盤も候補に入れてはおりますが、さて‥‥。
  • へうたむ
  • 2018/03/27 4:05 PM
今晩は
私はここの所、ヴェーグの10枚組を記事に挙げていますがザルツブルグ音楽祭のプラハ、ジュピター、40番や堀米との共演盤などすべて処分してしまいました。音楽祭の交響曲ものは拙劣な録音がどうにも鼻に尽いてしょうがないし、Vn協奏曲は堀米のモーツァルト演奏表現水準が論外と感じたもので・・・・
シフをサポートしたものとは次元が異なると。
LP時代結構所有してたフルトヴェングラーはただの一枚も今手元にありません。
やはり所有している装置が出せる音の限界とその時期の自分の心持ちや状況が個人の所有ディスコグラフィーに大きく影響しますね。
neoros2019さん、こんにちは。
ご高覧、コメントありがとうございます。

> 音楽祭の交響曲ものは拙劣な録音がどうにも鼻に尽いてしょうがないし、
Orfeoの録音ですねえ。
堀米さんは「論外」でしたか‥‥この人は、LPでブラームスを1枚持っていた記憶だけあります。
ライヴ録音は、アーティストがほんとうに聴衆・会場の“気”といっしょになって高みに至ることがあり、レコードのリスナーとしてもそれは魅力ですが、いっぽう、‘ちゃんとした’レーベルで、きちんとプロデューサー、エンジニアがデザインしたよさというものも否めません。
1950〜70年代のスタジオ録音の名盤群は、それを強く感じさせます。

> 所有している装置が出せる音の限界とその時期の自分の心持ちや状況が個人の所有ディスコグラフィーに大きく影響しますね。
ほぼおっしゃるとおりだと感じます。

機器・システムのほうは、かなり「音楽に合わせる」ことができ ― プレーヤーやDAC、アナログならカートリッジを複数備える、等 ― 実際そうしてきていて、古楽器楽団もそこそこ聴ける状態にしています。
ハイドン、モーツァルトなら、演奏が納得いくものなら、古楽器オーケストラもよいのですが、ベートーヴェンで古楽器 or ピリオド奏法のものは、いまだ「合った」ためしがありません。

今の愚生の「心持ちや状況」は、「もう聴くべき音源はほぼ揃えた」という、ある意味ありがたい状態だと思います。
以前はほとんど聴く気の起きなかった、テレマンの『ターフェルムジーク』や、クープランのコンセールも、時に楽しく聴けるようになってきました^^。
  • へうたむ
  • 2018/04/01 5:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM