<< 3月後半の空白と、CD5000。 | main | フェイクニュース・パブリッシャー >>

#0316 首相官邸前(=国会議事堂前)抗議集会。

 テレビも新聞も購読していなくとも、このところの政治の世界のヒド過ぎる展開には、ことばがない。

 「森友問題」に関し、公文書改ざん=公文書偽造の情報が否みえないものとなってきて、もはや行政の透明性もクソもなくなってきている。
 首相たる者の態度が、ここまで「なんっとしてでも保身する!」以外の何ものでもないとなってくると、むしろ事柄がほうっておいても自己増殖してゆく。

 バラエティ番組で、出演者のタレントたちに、空気を入れて膨らみ続けるゴム風船を持たせ、クイズに答えさせつつ風船を次の参加者に手渡し、どこで破裂するかを見て楽しませるゲームが‥‥今はあるんだろうか^^。

 参加者は、自分の番が回ってくると、早く答えて風船を次にまわすのだが、またまわってくると、より膨らんでいて、「破裂」に遭遇した参加者は悲鳴、で終わり。
 ‥‥なのだが、「文書改ざん・解明回避ゲーム」は、破裂に遭遇するするのは行政当局と政権と決まった上で、逃げて延ばそうとした分だけ、風船は膨らんだ

 3月後半の仕事は、書いたように歯の治療が入るかということで入れなかったので、この金曜(16日)の夜は空き、で、こ れ

#0316 首相官邸前抗議行動

に行ってみた。

 ちょっと予想はしていたけれど、も〜っのスゴい警察官の人数。
 私は(19時30分までの「反原発」には出ず)19時30分からの、“文書改ざん抗議集会”のほうだけに出たのだが、東京メトロ・国会議事堂前駅を出た時、警察は、4番出口から出るよう誘導していた。
 他の時間帯や出口では、不必要なほどの規制が行なわれたとか、「妨害だ」というような声もネット上に散見するのだが、実態はいかが?

 スムーズに出られはしたものの、参加者の数もはんぱなく、上は歩道なので、当然、混む。
 雨はやや強まったりやみかけたり、全体にそうとう寒く、21時まで、約90分、コールにお付き合いするのは、けっこうシンドかった。

 こういう集会は、いわゆる「オールド左翼」老男女が多く、考えが凝り固まっていて、フランクに話す機会は得にくいものだ、と、去年の憲法記念日の集会などから感じていたのだが、二人のおじさんと話すことができた。

 二人とも私より間違いなく年上、コールにも気炎を上げていた。
 この二人、自民党支持者だと言っていた。なんと一人 ― 「安倍やめろ〜っ」とコールをはずれて大声で罵詈していた ― は、自民党員だということだった。
 二人とも、反-自由民主党、なのではない。安倍晋三個人の振舞いが許せん、というのである。

 警官の集団は、何かのはずみに、数人が慌てて走り出す場面、交通整理にムダに笛ばかり吹く場面が多く、「ほんとうの暴動やテロが起きたら、だいじょうぶなの?」と思うほどの不安定ぶりだった。
 事前に、「デモ集団を官邸だけには近づかせるな」というような指示を、周到に、ではなく、「忖度せよ!」とばかりに出していた、と思しい。
 集会・警備とも、その様子が YouTubeを含む諸サイトに上っているので見られるが、単調なので面白くなく、リンクはしないでおく。

 午後までの時点で、YouTubeで「0316 国会議事堂」などで検索すると、あの“チャンネル桜”の安倍応援=煽動ビデオの動画が出てくるだけだった。

チャンネル桜・煽動ビデオ

 この記事内で再生されるのも不快なので、埋め込みはしない。

 いっやもうねえ‥‥“こういう手合い”からしか応援してもらえない政権、っていったいナンだろうな、と思う。
 「反日サヨク」ってねえ‥‥サヨクってそんなにいないよ。逆に、昭和20年8月の、あの、皇室存亡の危機に、再度立ち至らせたい「破日ウヨク」はだれか。

 私個人は、皇室の存廃は国民がオープンに議論できるのでない限り、民主制の原則は活きていない、と考えるが、ともかくも昭和20年8月に、もういっぺん持ってゆきたい手合いが、現政権の応援者であることは間違いない。

 ところで、この煽動ビデオ、BGMがマーラーの交響曲第6番冒頭である(あっれま)。
 ずいぶん速いテンポである。
 手持ちの3音源‥‥ホーレンシュタイン/ストックホルム・フィル(1966年、Unicorn、Live)、バルビローリ/ニュー・フィルハーモニア(1969年、EMI)、テンシュテット/ロンドン・フィル(1991年、EMI、Live)のいずれよりも速いようだ。
 著作権を主張されないように、そういうディスクから選んだとすると、ホルヴァート盤かもしれない。ホルヴァート盤は、一時期持っていて、悪い演奏ではなかったですよ (‥)。

 ‥‥国会議事堂前駅からは乗れそうになかったので、霞ヶ関駅から乗り、新宿まで。いつも(いつもって、こういうのは2回めじゃん;;)どおり沖縄そばを食べて、ドトールでスイートポテトとコーヒー、千円を超すゴージャスな夕食をしたため、西武新宿から始発で座って帰宅。

 ほかにも、政治ネタ、メディア・ネタで気になることにいっぱい遭遇する昨今である。

[追記 3.17]
 上に書いた、「チャンネル桜」の“呼びかけ”に乗っかって、安倍応援派も、実際に集まっていたようで、あるサイトに引用された、Twitterの画像だと思うが、撮っている。

安倍シンパ側集会

 むふ〜。
「いろいろあるけど」

 が付いている(大笑)。いっや、いろいろありすぎまっせ。
 こんなの付けたくなかっただろうけれど、ストレートに讃美・応援したら、バカ過ぎて笑いもの以下にもならないのだ。

スポンサーサイト

  • 2018.07.23 Monday
  • -
  • 02:17
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
どこかの独裁国家は別として、起こってはならないことが起きたのは残念なことです。自殺者まで出してしまったのですから安倍さんも責任を取らざるを得ないのかなと思います。
公文書偽造なんて徹底的に糾明しなければならない問題ですが、国会が森友問題一色なのは国民にとって不幸です。もっと議論すべきことが沢山あるはずです。
元新潟のUさん、

> 国会が森友問題一色なのは国民にとって不幸です。
そうしてしまったの、他ならぬ安倍政権です。
「なぜモリカケにそこまで執着するのか」という野党に対する批判は、完璧的はずれだと思います。

どうも今回の集会などは、無党派を越えて、「地元で誠実に自民党を支持してきた」高齢層の激怒が加わっている観深いものがあります。
いよいよ“どこかの独裁国家”に近い様相を呈してきたことへの危惧でしょうか。
  • へうたむ
  • 2018/03/19 1:51 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM