<< “名曲名盤”本。 | main | 3月後半の空白と、CD5000。 >>

電源タップを、どうしますか…。

 もうオデオ系の買物は、したくてもないはず‥‥だったのだが、DSLモデム…じゃなかった、CATVモデムを常時通電しておくことにすると、電源タップの口数の関係からも、それに他のデジタル系機器とCDプレーヤーの電源を近接させたくないこともあるし、別の電源タップから取る必要が出てきそうで、買物のネタになるので、いろいろ情報を漁っていた。

 オーディオ用のタップは、2ピンに限定するにしてもプラグが大きくなるので、家庭用 or OAタップから選ぶことになる。

 現状で気になるのは、現用・オーディオテクニカ ATC-NF64(6口、ノイズ・フィルター、雷サージ・フィルター付き、3m)が、サージ・プロテクトに、たぶんバリスタを使っていること。
 こちらには、バリスタを並列に入れた製品を、AC電源のネットワークのどこかに入れると、音が悪くなった ― S/N感が劣化した、という。

 英語圏では、電源装置の販売ページのようだが、こちらに、「We have also found that MOV devices introduce grunge to audio and video signal (私たちは、MOV(酸化金属バリスタ)が音声・映像信号を汚すことを発見している)」とあって、探してわずかに2サイトだけだが、書いてあったので、雷サージ・フィルターの付いたタップを、最低限CDプレーヤーには使わないことで若干でも改善? と考えた。

 マニア向き以外の、一般の電源タップの比較では、こちらが詳細かつ信頼が置けそうである。
 スイッチ付きは選ばないが、スイッチ付きの比較では、こちらが詳しく(執筆者は同じかもしれない)、どちらでも、パナソニックが推薦されている。

 パナソニックのものが他ブランドと異なるのは、タップ内の導電素材が、ほとんどのもので黄銅=真鍮であるのに対し、パナソニック製品は銅合金であること(サイトでは「銅」とされるが、銅のみではプラグの挿し/抜きのストレスなど、また酸化にも耐性が低いと思われ、同社に問い合わせた回答メールでも「銅合金」とあり、いちおう合金である。…が、真鍮よりははるかに電気抵抗は低いだろう)。

 そこで、ザ・タップX WHA2524WKPを購入してみた。

WHA2524WKP

 ここに C-7030と CD5000のACプラグを差し込み、試聴には C-7030だけを使用した(写真は、挿し替え前)。

 試聴盤は、ムター/カラヤン/ベルリン・フィルのブラームス:ヴァイオリン協奏曲(DG国内盤、『カラヤン・ゴールド』のリアル金蒸着ディスク。これは正直、音がいい)と、C.クライバー/ウィーン・フィルによるブラームス:交響曲第4番(DG。OIBPの ORIGINALS盤とは別の、Emil Berliner Studiosリマスター盤)の、冒頭だけで聴いた。

試聴CD

 ちょっと聴いてはすぐに電源を落とし、プラグを挿し替え、電源オンし、試聴。
 横の ATC-NF64には、適宜、CATVモデムをつないだりはずしたりしてみる。

 で、WHA2524WKPは、きれいな音だが、ちょっとスケールの小さな鳴りになり、弦のユニゾンのツブだち感も減るような感触。
 というわけで、パナソニックは、期待だおれに終わったようだ。

 もっとも、導電素材が低抵抗だというのは、ドライヤーやファンヒーターのように大電流を流すものの場合、電源ラインでのムダな電力消費がなくなる(パナソニックでは「発熱が防げるので安全」というアピール)のは好都合なので、キッチンのほうに使う手もある。

エレコムのタップ

 型番非表記の、エレコムのタップ(これもノイズ+雷フィルター付きのはず。半透明ボディの外から、バリスタとコンデンサーが見える)にモデムやパソコンをつなぎ‥‥という、考えたとおりのつなぎ方でやってみると、何も変わらない感じがした。

 反対にして、エレコムにCDPをつなぐと、これもなかなかいい音(というか、ほぼ無変化)なのだが、ATC-NF64の時が、いちばんいい感じがした。
 バリスタを並列に搭載していることは、そんなに弊害になっていないように、少なくともうちの環境では思われた。

 ではあるのだが、ATC-NF64または WHA2524WKPにCDPをつないで聴き、もう一方のタップを、「壁コンからばっさり抜き去ってしまう」と、S/N感が上がり、音がよくなったように感じるのだった。
 並列のバリスタがよくないというより、壁コンにブラさがったタップ自体がよくない、ということなのだろうか。
 これは、先引の、こちらの記述と合う。

 ‥‥ということなので、ある面全く元の木阿弥で、しばらくはパソコン=ネット使用時だけCATVモデムを通電し、タップは ATC-NF64のみ、という形でいこうと思った次第。

 今回の「比較試聴」は、全体として電源ケーブル以上に「プラシーボ」だった可能性がある。
 オーディオテクニカ ATC-NF64は、ナンといってもデザインがかっこいい。オデオはデザインが重要、という、まさにそこだけかもしれない。

 ほか、構造的な面では、パナソニックからの回答で、芯線断面積は1.8sqということだった。
 ATC-NF64、エレコム、それから、もう1本あるサージ・フィルター+ゴミ防護フタ付きの、ロアスのものも、10年以上前に買っておいてあるタップは、全て芯線は2.0sqと表示されている。

 ここ数年で、各社電源タップの芯線は、断面積がなべて1.8sqに「落ちた」。銅の高騰から、だろうか。
 100Vで15A、つまり1,500Wていどの通電なら、1.8sqで十分だろう。安価なCDプレーヤーの直出し電源コードは、なべて0.75sqである。

 ムダに銅資源を費消することはよくないことではあるが、ちょっと寂しい。
 今回、音の面は措いといて、家電用としては、タップ内の素材からいうと、やはりパナソニックの「ザ・タップX、Q、Z」というシリーズが安心できることはわかった。

 オデオ・マニアは、プラグもホスピタル・グレードのデカ〜いやつが使える壁コンセント(のある邸宅^^)を持っているべきで、専用のハイエンド品を買いなさい、ということなんでしょうなあ。

スポンサーサイト

  • 2018.07.23 Monday
  • -
  • 05:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>MOV(酸化金属バリスタ)が音声・映像信号を汚すことを発見している
これは存じませんでした。うちはPC系とオーディオ系は別のタップになっいますが、元が同じ壁コンセント(^_^;)
元新潟のUさん、

>> MOV(酸化金属バリスタ)が音声・映像信号を汚すことを発見している
> これは存じませんでした。
これですが、ほんとうに少ない情報で、重視すべきかどうかわかりません。

> うちはPC系とオーディオ系は別のタップに‥‥
このていどの分離でいいんじゃないでしょうか。
PC系は常に接続しておくのが一般的ですし、そうなると雷フィルターもはずせないという方も多いでしょう。
  • へうたむ
  • 2018/03/12 11:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM