<< 落語家のツイート。 | main | Marantz CD5000の評価。 >>

兵庫県西宮市。大恥の上塗り?

 このヒト↓、領収書などもない政務活動費に関する記者会見で、“号泣”しだして有名になった、“西宮維新の会”の、野々村竜太郎・元兵庫県議。

号泣県議

 このヒトは兵庫県西宮市とは、直接の関係はない ― 大阪出身で、北野高校から関西大卒 ― が、「大阪維新の会」の虎の威を借りて「西宮維新の会」を名乗って、兵庫県議会議員選挙に、西宮選挙区から出馬、当選していた。

 2014年のことということで、もう忘れかけていたところに、別のニュースサイトへのリンクで、今度は、正真正銘(?)、西宮市の市長が、記者に対して「殺すぞ」などの暴言を吐いたという件が出来している。

西宮市長、暴言辞任

 この件については、神戸新聞のこちらのページで、録音された音声(動画であるが、静止画に音声を乗せてある)がアップされていて、テクストにも起こしてある。
 あの、“松本復興相”を思い出させる音声だ。

 この人物は、野村氏と違って、外貌はなはだかっこよく、甲陽学院(関西屈指の進学校)から京大卒というほんもののエリートコースを歩むと同時に、若いころはそうとうヤンチャでもあったところが、有権者にもエラく魅力だったみたいだ。

 もうこの町から離脱して30年以上になりますかねえ。何ともねえ。

 政治家の「レヴェル」が、「優秀さ」ではなく「劣悪さの少なさ」で、そのポストが上がっていくような感じである。
・想像もできない異常行動に出る → 県会議員。
・人に罵詈・暴言を浴びせる → 市長、ないしは、復興担当大臣のようなあまり重要でない大臣。
・発言がころころ変わり、政府翼賛的新聞からさえ「お子さま」と批判される → 防衛大臣のような、かなり重要な大臣。
・矛盾した発言を繰り返すも、前三者ほどひどくはない → 内閣総理大臣。

 む〜〜‥‥。

スポンサーサイト

  • 2018.07.23 Monday
  • -
  • 01:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
もうこの町から離脱して30年以上ですか。離れていても故郷の不祥事は悲しいですよね。
元新潟のUさん、

う〜ん、悲しい‥‥というより、もう冷ややかな目で見ています。
“文教住宅都市”がキャッチコピーで、なかなかいい町なんですがねえ。
  • へうたむ
  • 2018/02/25 3:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM