<< 謹賀新年♪ | main | C-7030は、修理に出そう。 >>

正月早々のグチ。

 年末から正月早々のグチ^^!

(1)
C-7030

 C-7030、ホロヴィッツのショパンを聴いていたら、やっぱり1回、飛びました。
 どうもこうなると、キャリッジのグリース云々ではなく、ピックアップそのものの劣化が疑われる。

 オク上で Marantz CD5001などが出ているので、落として(けっこう高いが)コンデンサー交換遊びを、という誘惑もあるけれど、CD5001のDAC、CS4392は高域端がやや刺激的で、基本好きではなく、C-7030の音質が好みなので、ヨドバシの延長保証で修理を依頼しようかと思う。

ヨドバシ延長保証と、正月のお餅

 ヨドバシの延長保証は、期間(5年)内1回だけで終了し、かつ、引き取りを依頼した場合には3,000円の引き取り送料を取る
 これは延長保証としてはあまり魅力がなく、それでアンプのほうは逸品館で買ったのだけれど、オンキヨー製品は、どういうわけか逸品館は扱っていないのである。

(2) 横に写したのは、今年のローソンストア100のお餅の袋。
 小さいので、トースターの網から落ちそうな点が不便 ― 料理に便利なので小型カットにしたというふれこみ ― で、材料はアメリカ産もち米。遺伝子組み換えでない、とは表記されていないので、組み換え品種が混在している可能性はある。去年の ― 年末に残りを食べたやつ ― は国産米だったと思う。
 味も、期限を11ヶ月過ぎていた昨年(購入は一昨年)のより、まずかった。

(3)

おせち

 前記事に書いたように、そばとニシンだけローソンストア100、あとはおせちはなかったので、LIVINで買った。大晦日の夕方で、全て半額になっていて、かまぼこ、伊達巻と黒豆煮だけ買った。
 かまぼこ ― 写真のは、もう半分食べて、ラップをかぶせている ― は、鈴廣というところので、鈴廣は有名なメーカーなのだが、どうもおいしくない。

 百均のものと違って、ゴムのように弾力が強く、ぼわんぼわんするのだが、魚の風味がイマイチしないのである。
 そのまま、ないし少量のワサビをつけて食べたが、醤油も少しつけたほうがおいしいのかもしれない。

 左の伊達巻は、堀川というメーカーのもので、伊達巻というものは鶏卵と砂糖の味で、だいたいおいしくなるものだけれど、これも魚の風味がほとんどせず、そんなにおいしく感じなかった。
 黒豆はフジッコ製で、これはまあ安心^^。

 いずれも半額で税別300円ていどのものだったが、これらを正札で買ったらそうとう「損した」感に襲われるのではなかろうかと思われた。

(4)
 もう四半世紀以上前だと思うが、弟と同居していた時に弟の使っていたコーヒーメーカー、ナショナル NC-F4(写真左)をもらいうけて使っていた。
 これの劣化が進んできて、若干傾けないとお湯が注がれず、水がそのまま蒸気になって消えてゆくようになり、かつ、樹脂部も劣化してきたのか、置いているところに白い粉が落ちるようになった。

 それで、ネット上を探しまくり、買ったのが カリタ ET-102

コーヒーメーカ、新旧

 プロのカフェ・オーナーの方のブログでも推薦されていて、「これだ」と思ったのだが、淹れてみると、NC-F4で淹れた時に比べて、香りがほとんど出ない。
 ET-102は、湯の温度が80℃台で、ややぬるめで抽出するので、コーヒーにはよいそうなのだが、ドリッパーが三つ穴なので、湯が高速で落ちていくのがいけないのか‥‥と考えるが、わからない。
 付属のドリッパーとサーバーで、ゆっくり‘手淹れ’してみたが、あまり変わらず、香りがない。

 ネットオクでは、長期保管の未使用品の NC-F4がまだ出ているが、さすがにこれをポチるのは憚られ、象印 EC-TC40あたりにしようか、と思うのだが、ドリッパーを1穴〜2穴のものに換えてみては、とも思う。
 が、サイズの合う手ごろなもので1〜2穴のドリッパーというのが、意外にない。

 ‥‥というように、新年早々の不満タラタラ、でした。

スポンサーサイト

  • 2019.12.05 Thursday
  • -
  • 22:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
正月早々ご愁傷様でした。

CDP延長保証で良かったですね。無事直りますように。

ローソンストア100はたまに使いますが、「なんでこれが100円?」と思えるお買い得品がありますね。無理やり100円均一にしたためでしょう。逆に「高〜〜い」と思えるものもあり…
元新潟のUさん、

ありがとうございます。
正月休み明けくらいに、修理依頼を出してみようと思います。

> 逆に「高〜〜い」と思えるものもあり…
スーパーでは税別88〜96円で売っている菓子類もよくあり、逆に高くなるので要注意です^^。
  • へうたむ
  • 2018/01/02 9:29 AM
ほーっ、正月用品の話題だ。
しっかし、へうたむさんの記事には、お正月臭が全くないですなぁ...(すみません)

コーヒーですが、みっちは全く自動化されていない、「手淹れ」です。
ちいさな雪平で、ガス直火で沸騰させます。
水は(神奈川の水道水は不味いので)近くのスーパーの無料の浄水を使います。
ペーパードリップで、ドリッパーは長年使っているメリタの1つ穴です。
豆はごくお安い、中微細に挽いたもの。
これで、充分(みっち的には)満足できる味です。

気をつけているのは、,湯を必ず沸騰させる、▲魁璽辧縞瓦領未魄貭蠅砲垢襦弊賤僂侶徇椋を使います−といってもプラ製で1個70円のもの−笑)、お湯のつぎ方をいつも一定にする、位ですかね。

なお、コーヒーをブラックで飲むか、「ホワイト」か、という詮索は、過去記事でいたしました。(笑)
http://mitchhaga.exblog.jp/26743773/
みっちさん、

> しっかし、へうたむさんの記事には、お正月臭が全くないですなぁ...
でしょ^^。
これは、私が通常の社会&家庭生活を持っていないからです。ビンボーだということとも関わりますね。
リアルに持っていない、ということと、意識の中にも、人並みにはない、ということです。

小さいころは、通常の家庭とは違った雰囲気ながら、むしろ正月の‘静かな祝祭感’といったものは濃厚に感じていまして、それはイメージ上とても懐かしいものではありますが、私の人生で持つことができなかったものである、ということも、歳とともにジンワリ身に沁みてきております。

コーヒーに関しても、ビンボー基本になりますので、ある意味、インスタントで全て済ませるのが‘身の丈’のコーヒー、になりましょう。
起き抜けに淹れている時間が取れないことがほとんどなので、必然、コーヒーメーカーとなります。

「ホワイト」という言い方があるのは初めて教えていただきました。

私は、1日1杯はハチミツ+コーヒーフレッシュで飲み、それ以外はブラックです。
アーユルヴェーダ医学では、ハチミツは加熱するとよくないと言うらしいのですが、それは無視しています。

安い粉ですらもったいない、という感触から、インスタントの粉を加えて、目覚ましのカフェインを摂るようにしたり‥‥ですので、コーヒーを云々する資格はないのですが、「オーディオを云々する生活レヴェルではない者が、音楽を楽しみたいのなら、どうしたらいいか」というのが私のオーディオの基準なので、こうなっちゃいます。

ET-102であまりおいしく淹れられないのは、粉が安物だということによる面が大きいと思われます…。
  • へうたむ
  • 2018/01/02 10:54 AM
へうたむ さん
明けましておめでとうございます。
CDP 故障ですが、これまでの記事を読んでみましたが、レンズのクリーニングについて言及がないようですが、してますか?
  • 七味とうがらし
  • 2018/01/02 2:00 PM
コーヒーの香りは蒸らしの時間でたしか決まるので、以前の機器はお湯がゆっくり落ちるタイプだったのかもしれません。一方、抽出は低めの水温で、できるだけ手早く落とす方が渋みが出ないとされています。新たに購入された機器は「香り」より「味」を優先していると考えられますね。
対策としては、容器すべてをよく温めておくこと、豆を少し多めにすること。豆の挽き具合を心持ち細かめにすることが考えられます。機器の変更の前に、色々と試されてみるのもいかがかと。
  • yositaka
  • 2018/01/02 10:13 PM
七味とうがらしさん、

明けましておめでとうございます。

レンズについては、いちばん最初に(記事 769)、ピックアップに向けてヘアドライヤーの強冷風を当て、その後、Maxellの8cmCD型乾式クリーナーを試すと受けつけませんでした。
無水アルコール+綿棒での清掃は賛否があり、どんなものか、とまだやっておりません。

やっぱりレンズの汚れでしょうかねえ‥‥今朝は、ある楽章の途中で演奏が止まり、ピックアップが戻って、停止してしまいました。
汚れ、レーザー強度、いずれにしても、延長保証でいちどリペアセンターに診てもらうのがいいか、と思っています。
  • へうたむ
  • 2018/01/02 11:43 PM
yositakaさん、

> 一方、抽出は低めの水温で、できるだけ手早く落とす方が渋みが出ないとされています。
カリタ ET-102は、滴下する湯温が約87℃と低めで、それがよい、という見解:
http://ehimeicoffee.blogspot.jp/2012/11/blog-post_19.html
がありました。

豆は、挽いてある豆の袋入りを買うので、それだけで不利ではあります。
400g、550円の UCCのものです。冷蔵庫保存していて冷えているのも不利でしょう。
ET-102は、もっとよい豆に向いているのでしょう。
ですが、ナショナルの NC-F4は、全くの同条件で ET-102より香りを出してくれていました。

NC-F4、象印 EC-TC40はドリッパー底部の穴が2つです。
象印のを試してみようとも思っていますが、カリタのまま、メリタの1つ穴ドリッパー、ゼロジャパンの2つ穴ドリッパーなどに交換してみては、とも思っています。
新品のCDPより、出費は格段に少ないですし^^;;。
  • へうたむ
  • 2018/01/03 12:29 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM