<< 『下流志向』にレビューを…。 | main | 天皇退位論、とか雑感。 >>

目覚まし時計、故障 → 新調。

 ふひぃ〜‥‥12月前半は、しばらく午後の仕事がなくなり、夜だけになる。
 今日は仕事のあと、3ヶ月ぶりに整体(野口整体)の個人指導(「操法」という)をしてもらいに行って来た。
 帰りは、新宿に出て、「沖縄そば やんばる」で、880円のラフテーそばを奮発!

 帰宅して、ラジコで《荻上チキの Session-22》を聞き、YouTubeで違法アップ? のウルトラマンとか見ていたら、視野に輝く斑点のようなモノが感じられ、目障りだし、不安にもなってきた。
 ググると、「閃輝暗点」というのが出てきて、偏頭痛の前兆だという。情報とはちょっと違うし、動いたりはしない。

 私は偏頭痛の経験はないので、逆になんだろうと不安になるが、目‥‥右と思われたので、右目に手を当てて「愉気」し、ちょっと活元運動をしたら、消えてしまった。
 目の疲労が、整体指導のお蔭? で顕在化したのかもしれない(漢方でいう瞑眩反応、と似ているか…)。
 仕事でも遊びでも、ほんっと〜にモニターばっかり見ていますからねえ。

 先日は、マスタリングを比較して聴かないと判断したCD数枚をユニオンに売り、ちょっとお値段になりそうな全集ものは、オク出し中である。
 もうだいたい買うCDもそうそうは見つからないな、と思いつつ、むしろ「買う動機」のほうを作り出そうとしている。
 そんな動機がなくても、安い出ものがあればすぐポチりそうなディスクが、英Amazonに1枚あったので、早速。

 ― というように過ごしている中、これももう10年以上机上に置いて使っているアラーム時計が、一昨日、止まった。
 電池を換えても動いたり止まったり、振るとカシャカシャという音がし、開けられるところまであけると、金属片の切れっ端が出てきた。
 こちらで、アラームの修理をした時計である。

 こんどは治せそうになかったので、1台新調した。

時計、新旧

 こんどのは、同じシチズン・ブランドの、8RE644-023 という機種。中国製ムーブメント+ヴェトナム組み立て、となっている。すべて「Made in China」なのよりは、かつ、デザインと機能が好み、求めに合っていたので、購入。ヨドバシで税込1,520円也。

 シチズン・ブランドは、腕時計だけがシチズン本体の設計・製造で、置時計は系列のリズム時計工業株式会社が企画・設計している。
 写真、右側のもの。左の、文字盤が黒いものが、停止した旧品。

 家には、他にもアラーム時計はあるのだが、秒針が「コッチコッチ…」と動くヤツなのである。といって最近のはそんなに大きな音はしないが、前機種も、静音が売りものの「連続秒針」で買っていて、今度のもそれで買った。
 静音性は、さすがに旧品より進歩しており、じつに静か。

 机上に置いて「見下ろす」用途が大半と見て、文字盤が少し上向きに傾斜させてある。スピーカーにもそういうデザイン、ありましたね。
 電池は、1本と2本に分けて入れる仕様になっている。1本で時計とアラームという主機能、あと2本は、文字盤照明ライト用。
 文字盤照明は、上部のスヌーズ・ボタンを押している間だけ明るく点灯するが、文字盤下部に光センサーがあり、周囲が暗くなるとうっすらと点灯する。
 電池を入れておくと、自動で、部屋が暗くなると点灯し、そういう機能は要らないし、そのための電池が全くもったいないので、ライト用電池は抜いた。要っらん機能だぁ〜。

 居室=寝室には、机上のほか、寝過ごし防止用に、枕元にももう1台置いていて、こちらも似た機種にしようか ― 静音性がよいので ― と思ったが、まあそれは現用品(秒ごとに秒針が進むタイプだが、音はあまり気にならない)が故障してからでも‥‥。

 店頭にはセイコーの機種も多かったけれど、のきなみ「Made in China」オンリーだったので、敬遠した。台湾製のマグというブランド(ノア精密というカンパニーらしい)も悪くなく、安かったが、ハデな蛍光文字盤がちょっとアウト。

 カバン、ズボン、ネクタイ、ベルト、目覚まし時計、といろいろ、みんな十数年ぶりの新調。
 なべて、「ゆとりがあるから」ではなく「ギッリギリ、これで使用限界」での新調、でありま〜す‥‥今までは、「限界」が来ても買い替える余裕がなかったので、その点はありがたいのですけれどねえ。

スポンサーサイト

  • 2018.07.23 Monday
  • -
  • 02:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
時計故障ご愁傷様でした。デジタルなら故障しにくいようにも思いますが、アナログ時計は捨てがたいですよね。
最近私の目覚ましはテレビと携帯(存続が危ういPHS)で、時計は時刻を見るのみです。

引き続き家賃低減効果絶大ですね。
整体って、何ですか?(笑)
みっちは、肩凝ったりしない人なので、マッサージというのも、やってもらった経験がないのです。

>もうだいたい買うCDもそうそうは見つからない...

はぁ、みっちもそうなんですけど、何かのきっかけで、つい暴買いをしてしまいます。(汗)

>シチズン・ブランドは、腕時計だけがシチズン本体の設計・製造...

そうなんだ。みっちはデジタルもんに取り囲まれていますが、腕時計だけは、長年愛用のアナログのゼンマイ駆動時計です。
死ぬまでこれで行けるかなぁ、などと思っております。
元新潟のUさん、

> 時計故障ご愁傷様でした。
はい‥‥なのですが、このあたりで更新時期、でしょうか^^。

私は、テレビも携帯も持たないので、やっぱり古典的な‘目覚まし時計’です。

> 引き続き家賃低減効果絶大ですね。
お蔭さまで^^;;。
穴のあいてくるカバンや、ほころびてくるズボンにネクタイ、止まった時計など、ぎりぎりで新調できない、という惨状からは、ようやくちょっと脱出、のような…。
  • へうたむ
  • 2017/12/02 3:56 PM
みっちさん、

野口晴哉(のぐち・はるちか):
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E6%99%B4%E5%93%89
は、独特の身体観・生命観を持った、今のことばでいうと、いわゆるオルタナティヴ医療の巨人、といったらいいでしょうか。
この流派を汲む人たち以外も、民間医療・民間健康法の業界で、野口晴哉を知らないのはモグリ、と言われる存在です。

個人的には「野口先生」と呼びたい人です。
駅前に開業する、多くの、対症療法的「整体」とは、全く一線を画します。

「何ですか?」と言われますと、右のリコメンド欄にアップしているものなどをお読みいただくしか、というところです。

この野口晴哉という人、日本近代のオーディオ&レコード蒐集史にも重要な位置にある人です。
夫人は、近衛文麿の娘、ということは近衛秀麿の姪に当たります。
野口はクラシック音楽を、自身の身体感覚の深い次元で愛好し、その時点でのハイエンドの再生装置を道場に備え、レコードの蒐集もSP以来、膨大なコレクションになっていると言います(整体協会が保管)。

野口先生の講演録を読むと、若いころの小澤征爾さんが道場に来たり、来日中のウィリアム・プリムローズが、ちょっと体調を崩して調整してもらいに来たり、といった行文に触れることがあります。

いっぱんには触れられることが少ないのですが、レコード蒐集についても、野村あらえびすに ― や、齋藤十一あたりにも? ― 並ぶものがあったはずです。

> 何かのきっかけで、つい暴買いをしてしまいます。(汗)
私も買いそうです;;。1枚買うと、70分は拘束されるので、買ってからが‥‥。

> 腕時計だけは、長年愛用のアナログのゼンマイ駆動時計です。
ゼンマイ駆動の腕時計‥‥は、けっこうお高いものに限られますね。
今はアナログ腕時計も電池です。仕事中に気がつくと「あ、止まってる!」で出遅れたり…。
  • へうたむ
  • 2017/12/02 4:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM