<< ネット不通と、モデム交換、など…。 | main | 10月に買ったCD。 >>

アベノミクスでほんとにいいの?

 来たる衆院選は、自公与党の圧勝、になるということだ。

 ふ〜ん‥‥だいたいの有権者は、為政者が恣意的に学校設立の認可などをしたとしても、何も思わないらしい。

 経済政策についても、現政権の政策への追認と期待は、そうとう大きそうだ。
 が、ここ、ほんとうにこれでダイジョウブなのか、という部分が見落とされていないか?

 ↓下の動画。インタビュアーで主宰者の神保哲生氏は、こちらははっきりとリベラルのほうなんだけど、日本総研・河村小百合氏の見解は、ニュートラルな立場では、と思う。



 テキストとして、彼女へのインタビューをまとめたものは、こちらにある。

 河村氏は、アベノミクスの“異次元の量的緩和”の帰結を、強く危惧する。
 「異次元」というのは、この辺(こちらは一般的解説。河村氏のではない):
 「今まで、日銀は金融緩和を行い、デフレ脱却を目指すと言いながらも、反面バブルのトラウマでインフレに対して、相当なアレルギーを持っていました。デフレを脱却すれば、当然インフレ。つまりアクセルを踏みながら、知らず知らずのうちにブレーキを掛けていたのが今までの日銀の金融政策でした。言葉を変えて言うならば出し惜しみです。
 今回は、そのブレーキを外し、現政権がかかげる2%の物価上昇に向かって、できることはすべて行うという政策を発表されました。」

を読むと、「ノーブレーキの量的緩和」ということらしい‥‥経済は、よくわかりませんが。

 こちらの、野口悠紀雄氏の意見も、通底するのでは?

スポンサーサイト

  • 2018.11.15 Thursday
  • -
  • 04:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>来たる衆院選は、自公与党の圧勝、になるということだ。
本当ですかねぇ。自民票を減らすための報道に思えてならないのですが…
まあ、もうじき結果は確認できますが…
元新潟のUさん、

> 自民票を減らすための報道に思えてならないのですが…
報道がそうやって、何か得するのでしょうか^^。
反対をやれば、政権から痛い目に合わされるのは必至ですが。

こういう報道になっているのは、ひとえに、鳴り物いり(だけ)で登場した小池・希望の党の内実が空虚すぎて対抗馬になりえなかった、というだけの理由だと思います。
  • へうたむ
  • 2017/10/21 12:37 AM
>報道がそうやって、何か得するのでしょうか^^。
GHQの占領政策のせいで左翼的なメディアは少なくありませんから「反安倍政権」なわけです。
小林よしのり氏によれば、産経新聞も、読売新聞も『WGIPに洗脳された「恐米左翼」』なんですから。

>反対をやれば、政権から痛い目に合わされるのは必至ですが。
北朝鮮や中国じゃあるまいしそんなはずないでしょう。勿論公平中立は装ってのことですが…
元新潟のUさん、

> 小林よしのり氏によれば、産経新聞も、読売新聞も『WGIPに洗脳された「恐米左翼」』なんですから。
そもそも、我われは、「WGIPに洗脳され」るような、つまり主権を喪失するという事態に、国を、昭和20年に立ち至らせた、という事実に、あまりにも鈍感です。

ソ連に支配されずに、「WGIPに洗脳され」る程度で済んだことは、まだマシだったのです。

> 小林よしのり氏によれば
その「小林よしのり氏」は、立憲民主党を応援しているそうですよ。Uさんから見れば、すでに「左翼」では?

なお、この記事の主旨は、報道の偏りなどでは全然なく、「異次元の量的緩和の行き着くところ」です。
  • へうたむ
  • 2017/10/21 11:04 AM
メディアリテラシーが無く、政治の腐敗が自分たちの生活の悪化につながるイメージを持つことが出来ない質の国民というのが致命的ですね。
この頭の悪さではそりゃ他の国に追い抜かされますね。
  • とりごん
  • 2017/10/21 6:28 PM
とりごんさん、

> メディアリテラシーが無く
そうですねえ‥‥この場合、「メディアリテラシー」というまでもなく、単に「リテラシー」=読み書き能力の問題だと思います。

> 政治の腐敗が自分たちの生活の悪化につながる‥‥
ここもまさに、おっしゃるとおり「リテラシー」の問題です。「心がまえ」とかの問題ではなく、ちゃんと公文書を作成・管理・公開する原則の整備ということです。
  • へうたむ
  • 2017/10/22 2:52 AM
へうたむさんと安倍ノミクスについては議論する気はありません。小林よしのり氏の「恐米左翼」については単に紹介しただけで支持しているわけでもなく、なにやら誤解を与えてしまったようです。

ソ連に支配されなくて本当に良かったと思います。
元新潟のUさん、

> ソ連に支配されなくて本当に良かったと思います。
マジでそのとおりです。
なのに、うっかりすると支配されたかもしれない状況に立ち至らしめた、そのプロセスの検証をしないなんて信じられません。
  • へうたむ
  • 2017/10/22 4:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM