<< PV急上昇! いったい何が? | main | 領収書1枚に、宅配便。 >>

高校野球の開会式…。

 夏の高校野球、甲子園での開会式で、プラカードを持つ役の女子高校生が、熱中症的症状で倒れ、それに対し、周囲の高校生たちが救護には動かず、高野連会長ののスピーチも途切れることなく続いた。

 YouTubeの埋め込みはしないが、こちらに収録・掲出された開会式全映像のうち、34分20秒くらいから、八田英二・高野連会長の挨拶スピーチが始まり、37分36秒くらいに、女の子が、倒れている(動画のキャプションにショートカットのリンクあり)。

開会式で昏倒

 これについて、周囲の高校生たちがほとんど動揺せずに直立の姿勢を取りつづけ、高野連会長もスピーチに一切中段を加えなかったこと、またこの事実を主催者である朝日新聞を始め、メディアが取り上げなかったことを、高校野球の中にある非人間性の表れだと非難するネット言説がちょっと‘炎上’している。

 開会式の行進先導・プラカード持ちは、伝統的に西宮市立西宮高校の女生徒が担当することになっているらしい‥‥‥いや、ホントウは私は記憶にあるはずなのだが ― というのは、ここの出身なので ― 忘れている。
 市立西宮高校は、地元では「いちにし」という。県立西宮高校を「けんにし」といって区別している‥‥今もたぶんそうであるはずだ。

 もちろん、不登校で中学に5年も在学した私は、内申の点で公立校は先ず無縁だったので、関係はない。

 そんなところで、なんやかや、ちょっとフクザツな心境で、このニュースを考えておりまス;;。
 女生徒の昏倒にもまったく同ぜず、延々(!)とスピーチを続けた高野連会長・八田英二氏。← 全然シラン人ではあるが、同志社大の理事長・総長や学長を務めた経済学者、とのこと。
 この大学がまた、個人的に縁のある大学なんである‥‥よい思い出はほとんどないけれど。
 まいったな〜^^;;。

 この「光景」自体には、やはり異常なものを感じてしまう。「一糸乱れず」、「微動だにしない」という「集団行動」の教育文化が、戦後ず〜っと涵養され続けてきた流れの中で、こういう「光景」が出来するのはきわめて当然のことであり、そしてそれは戦前の日本や今の北朝鮮をダイレクトに連想させる。

 このアクシデントに関しては、周囲の生徒の動きが非人間的、非常識であるという非難は、ただちには当てはめがたいと思う。
 女生徒が倒れた直後、男性が介護しているし、他にも介護者が数名、俊敏に駆け寄っている。

 つまり、開会式の運営は、こういった事態を予測して、このようなことが起きればすぐに対処できるように準備されており、市立西宮高の女生徒はそれを知っていて、うしろにいる高校球児たちも、すぐさま介護されたのを見て、動くまでもないと判断した、と解釈することは不自然ではないだろうと思うし、だとするとこのこと自体はそう大きな、非難されなくてはならない問題ではないと思うのだが…。

 むしろ、同じ調子で事態を非難したり揶揄したりする「同一歩調言説」がネット上を駆け巡ったことのほうに、「民衆の共通歩調ベクトル」みたいなものを感じる。

 ではあるが、こういう場面以外にもあまた報告されている、高校野球のムチャな練習のあり方など、こういうものを下支えしている「教育カルチャー」には、どうしようもなく危険で、不快なものを感じてしまう。

 八田サンのスピーチ、‘同志社的’であろうとガンバったのか、英語をふんだんに盛り込み、最後は「We're always behind you!」と結ぶ‥‥けっこういいこと言ってんだけどなぁ、の感あり。← だって、倒れた女生徒のうしろ ― behind you! ― に、ちゃんとすぐ介護者が来たじゃないですか!(笑。あ、笑っちゃいかんか…)

 女生徒の昏倒に、まったくスピーチを中断もアドリブ変更もしなかった‥‥のは、ま、慣れていないんですよ、こういう人は、こういう場面に。
 けれども、そういう「姿勢」そのものが、「個人」を基本的に大切にしない文化、社会の基調を、よく示している。

 よく言われる、人権を尊び、リベラルを標榜する朝日新聞社が、高校野球のような人権軽視の生じるイヴェントを主催しているのはおかしい、とか、そういう新聞社に人権を云々する資格はないという批判。

 そのとおりだと思うけれど、朝日新聞が、「リベラルが正しい」と認識してその路線を採っている、とは言い難い。
 「リベラルで行くぞ」と「上」が指示すればリベラル、「高校野球はすばらしい、で行くぞ」であれば高校野球、なのである。
 朝日新聞と産経新聞が、ちゃんと「シェア」できるビジネス。

 この国の「○○」は、「○○がよい or 正しい」の「判断」で主唱・遂行されるわけではなく、「オレたちは○○で行くぞ」という「指示」のもとに進められるのである。
 護憲も改憲も、ウヨクもサヨクも、開発もエコも、バブルも「モッタイナイ」も、そういう次第なのです。

 ‥‥まじめな話、八田氏のスピーチとはうらはらに、倒れた生徒のすぐ「behind you」の子たちは、全く動かなかった。
 この子たちを責めるのは酷だし、当事者や周囲の生徒たちがいじめでも受けるようなことは、それこそ許されるべきことではない。

 が、八田氏の「美辞麗句」は、このように機能(or 逆機能 or 非機能)するものであり、そのような社会と文化を、営々として戦後70年、築き上げてきたという自覚くらいは持っておかねばならない。

スポンサーサイト

  • 2018.07.23 Monday
  • -
  • 01:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
2017年8月31日をもって「Live Dwango Reader」のサービスが終了ということで「inoreader」を試用しています。このブログの更新もバッチリ検出してくれました。

高校野球は興味がないのでこの事件は存じませんでした。

>この国の「○○」は、「○○がよい or 正しい」の「判断」で主唱・遂行されるわけではなく、「オレたちは○○で行くぞ」という「指示」のもとに進められるのである。
少々言い過ぎの感はありますが、否定しきれないところだと思います。
元新潟のUさん、

> 「Live Dwango Reader」のサービスが終了ということで「inoreader」を試用しています。
RSSリーダー、でしょうか。登録してくださっているのは恐縮に存じます m(^_^)m。
こういうサービスには知識がなく、みなさんのブログには関心・気分でランダムにお邪魔しているんです…。

> 高校野球は興味がないのでこの事件は存じませんでした。
私も、まぁ〜ったく興味ないので、こういうトピックを指摘されているブログで知りました。

> 少々言い過ぎの感はありますが、否定しきれないところだと思います。
え〜っ? 「言い過ぎ」ですかぁ^^;;。私としては全然「言い足りない」のですけれどねえ…。
  • へうたむ
  • 2017/08/15 10:53 AM
ほぉ、こんなことがあったんですね。

現状のような高校野球のスタイルを良しとする人は、たぶん相当多いのでしょう。
これをすべて『最近の教育のせい』とするのは、少々無理があり、日本社会には、この種の信条・スタイルを良しとする伝統・傾向があるように思います。

しかし、救護要員がわざわざ列の2列目を通って駆けつける手際には驚きました。(笑)
プラカードも待機していたらしい補欠が、ただちにその穴を埋めるし。(おおっ)

高校野球に関与している人の多数が、こうしたことを良しとする価値観を共有しているなら、まぁ、それはそれでOKとせざるを得ないですが、そうじゃない人も混じっているとしたら、こうした価値観を冷ややかに見る価値観も厳としてあるんだよ、という主張はもっともっと必要ですね。

プラカードを持つ女子高生は、強制されてではなく、その役目を「名誉」に思っているみたいですなぁ。「選ばれた」ことに快感を抱くのは、分からないでもないです。それを巧妙に利用している人がいなければですが。(笑)
みっちさん、

> すべて『最近の教育のせい』とするのは、少々無理があり、日本社会には、
> この種の信条・スタイルを良しとする伝統・傾向があるように思います。
おっしゃるとおりです。こういう、伝統・傾向が、ず〜っと戦後70年、温存されてきた、その帰結のひとつです。

> そうじゃない人も混じっているとしたら、こうした価値観を冷ややかに見る
> 価値観も厳としてあるんだよ、という主張はもっともっと必要ですね。
むしろ最近、やっと「こうした価値観を冷ややかに見る価値観」が主張されてきた、とともに、旧態賛美の価値観は支配的です。

> こうしたことを良しとする価値観を共有しているなら、まぁ、それはそれでOKとせざるを得ないですが、
「こうしたことを良しとする価値観を共有している」人びとが、あちこちで事故を起こすのですから、一概に「それはそれでOK」とも言っていられないのではないかと思うのです。
たとえば ―
http://www.asahi.com/articles/ASK8656TGK86UOHB00S.html
http://www.sankei.com/affairs/news/160125/afr1601250032-n1.html
http://www.daiichi.gr.jp/publication/makieya/p-2008s/p-09/
といったケース。

> それを巧妙に利用している人がいなければですが。(笑)
い〜っやもう、山のようにいまくり、でしょう(笑)。
  • へうたむ
  • 2017/08/16 12:54 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM