<< 1楽曲で、異演奏CDが何枚? | main | キッチンまわり、いろいろ新調。 >>

Marantz CD5000、再導入…。

 Sony CDP-XE700は、ちょっと期待はずれで、もう聴き続ける意思は霧消しており、かわって Marantz CD5000を落札、入手した。

CD5000

 4年前にいちど入手し、高域落ち感のある、クラシック・オンリー型の再生音にえらく感銘を受けつつも、当時のアンプ:ナカミチ IA-4s(改)との相性では、あまりにクラシック・オンリーな音だったので、一般性に著しく欠けると判断して手放したのだった。

 今回の出品品は、開始価格が9,990円と、この機種では破格に高かった。
 ただ、多くの出品では純正リモコンがなく、キズも多い機体が多いので、解像度の低い写真だったが全面パネルはほぼ無傷、純正リモコンに取説まで付いたものだったので、このくらい高い価格だと競ってくる人もいまい、と思い切って入札した。

 で、来ました。
 写真どおり、キャビ、パネル、液晶の窓の透明部分など、驚くほどきれいだった。NC、NRだが、数項目にわたる動作確認メモが付され、たいへん丁寧な出品者さんだとわかる。それゆえ、発送まで若干時間がかかっている。
 動作もスムーズ。玉に瑕、だったのは、開梱時の箱からと、トレイを出した時に、ちょっとカビのニオイがした(する)こと;;。

 SL-PS700、CDP-XE700と、いちど入手して感銘した「名機」を再導入すると、意外にたいしたことがないという経験をしてきており、その不安もないことはなかった。
 CDP-XE700をどけて、ラックに入れた。

オーディオラックに入れる。

 ついにブラックフェイスの機器がなくなった^^。

 デザインは、、さすがにアンプと同じ Marantzでもあり、違和感がない。PM6005よりは、若干黄色味が勝ったシャンペンゴールドだ。
 純正リモコンは、じつはなくても、トラック選曲だけなら PM6005のリモコンが効くのだった。

 前に入手した時と同じく、トレイが閉じる時には、勢いあまってトレイが閉じた際、ちょっと前に跳ね返って飛び出る。
 ピックアップがシークする際に、「ジィ〜」という音がまあまあ。C-7030から見れば、TOC読み込み、頭出しともず〜っと速い。

 初めてのご挨拶曲で、エルガー:『愛の挨拶』、コリングウッド指揮。
 きれいであ〜る。弦楽合奏の柔らかでまろやかな音色は、この機種の身上だ。

 ほか、Onkyo C-7030との比較も、まだそんなにはしていないが、今回もまた、C-7030がいかにいいCDプレーヤーかということを知ることにもなった。

 上記、『愛の挨拶』は、C-7030でも美しい音だが、C-7030ではわずかにクールすぎて、弦が神経質に響くところ、CD5000は、少し情報量が下がるけれど、たいへんうまく「音楽を聴かせる」。

 他には、クレーメルの弾くバッハ:無伴奏が、音の汚い部分を極力「聴かせないように」してくれて、「音楽」だけを届けてくれる再生だと感じた。
 同じクレーメルでも、Hungarotonに入れたバルトークのソナタは、C-7030のほうが、ピアノの輝きも含めて、いいかも。

 ティアニー・サットンのジャズ・ヴォーカルは、中域が膨らみすぎる感があって、歌手が年増に? 聞こえる部分があるけれど、悪いわけではない。
 弦楽系の室内楽もいいが、アンプが、「しっとり調」にチューンした IA-4sとは違って、ワイドレンジで高域のやや輝き気味の PM6005に代わっているために、音源の最高域・倍音部分の「汚さ」があるディスクでは、それを隠さずに出してくる部分がある。

 ピアノの音には木質感があり、ちょっと軽くなって艶が減るような感じ。グランドピアノがフォルテピアノみたいな感じになる?

 やはり C-7030をメイン機として使うのがよさそうだということがわかったが、CD5000も、これに合ったCDで、音楽を味わう、というのなら、C-7030とは相補的関係となり、このラインナップで聴いてゆくのがいいのでしょう。

 最ローコスト価格帯のCDプレーヤーとはいえ 中身オール PHILIPSなので、それだけでも貴重である。

スポンサーサイト

  • 2017.08.15 Tuesday
  • -
  • 04:05
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
CDP導入おめでとうございます。永く使えるといいですね。
元新潟のUさん、

はい、ありがとうございます^^。
どうなりますやら…。
  • へうたむ
  • 2017/05/31 10:42 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM