<< 本の爆買い…第二弾;; | main | 5.3 憲法集会に出てみた…。 >>

アンプに浮気‥‥&取りやめ。

 あ〜まりにもオデオそのものをさわったり買ったりすることから遠ざかり、その退屈さから、オクに出ていたアンプに、ちょい、浮気ごころ^^。

Creek A50i

 去年、特別仕様の EMF Audio Sequel 2で、期待した結果ではなかった、あの Creek、であります〜。型番は A50i。

 内部写真は、こちら┐。

A50i、内部

 情報がほとんどないアンプだが、Creek独自のカップリング・コンデンサーレス、DCサーボで直流が出ないようにするタイプ。
 プリアンプはパッシブ、ということは、ない。ハイゲイン・パワーアンプという、国産プリメインと同じ発想。クリークのアンプは、ほぼ全てプリアンプは持たないのかもしれない。

 Sequel 2は、平滑コンデンサーが 6,800μF×2だった(Rotel RA-05SEも、ナカミチ IA-4sも同容量)が、A50i(A50iRは、リモコン付きバージョン)は2,200μFを±ラインとも6本パラにして、13,200μF×2にしていて、強力である。
 トーンコンはないが、これは、カップリング・コンなしのような設計の場合、トーンアンプ(どうしてもここの出入り口にはカップリング・コンデンサーが必要)はないほうがいいだろう。切り離すにしても、その出入り口の接点が増える。

 と‥‥いうようなことを妄想していたのだが、英文のレビューでひとつ
「If you favour classical, this Creek aint that one. But if you dig a wide range of rhythmic stimulation from the likes of Gorillaz, Buena Vista Social Club, Datsuns, or Stan Getz, you find yourself playing everything with a big smile on your face」
というのがあり、クラシックには向いていない、という調子だし、日本語のブログ記事でひとつ、
「中高域の音に元気がありメリハリがある、ジャンルとしてはボーカルやロックを聴く時に向いている。
但し音の広がりや奥行き感はあまりなく平面的に聞こえる。ジャズなどの生楽器(シンセなど打ち込みではない)の微妙な音の響きなどは再現できない」

とあって、Sequel 2に感じた難点と同じことを指摘していたので、A50iは、ルックスは抜群だが、やめにした

 出品していたショップは、5,000件以上の取引きで40件ほどの「悪い」評価なので、信頼性にはさして問題はないと思うが、2ちゃんねるのそのショップの板では、イマイチな評だったことも、意欲減殺の原因。

 どうも私は、クリーク、特にオールド・クリークの音は合わないらしい。
 いっや、アブないところで散財(4万円也〜)はしないですみました^^;。

 やはり、オンキヨー C-7030、Marantz PM6005、Tannoy Mercury F1 Customというラインナップでいくことにしましょう。
 今振り返っても、この3機種、英米の Amazonでめっちゃくちゃ高評価である(Mercury F1は米Amazonにはないが)。

 ‥‥‘浮気ごころ’が出始めた矢先、ネット(家賃込みのケーブルテレビ)の接続が切れだした。
 先日も、強風の日に YouTubeやラジコなどストリーミング・サービスが視聴中に切れることがあり、ケーブル・モデムのランプが点滅して、接続が切れていることを示していた。
 今日、サービスに来てもらい、コネクターなどを交換してもらった。ま、神様が「あ、こいつネットがつながってたらまたアンプ買うな」ということで切断してくれたんでしょうか〜(笑)。

 あ、そうそう、CDがまた来ました…。

スポンサーサイト

  • 2017.06.26 Monday
  • -
  • 16:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんにちは、初めまして。みっちと云います。「児童文学と音楽の散歩道」のyositakaさんのブログでお見かけしての訪問です。

Creekのアンプというのは、独特の魅力がありますねぇ。
実は、EMFaudioのSequel2は何年か使ったことがありまして、その時は、タンノイのmercury mX-Mシリーズの一番小さいスピーカを鳴らしていました。
みっち的には、スピーカーの個性に隠れて、かなり薄味のアンプという印象でした。

ネット上でSequel2のことが載っているところは少ないので、ついコメントしてしまいました。内容なくて、すみません。
みっちさん、いらっしゃいませ。
私も yositakaさんのところでお見かけしておりました。

Creekのアンプは、外観 ― 内部の部品配置も含め ― と独自の設計思想に、独特の魅力がありますねえ。
設計者・マイク・クリーク氏の‘顔’が見えるようなところも魅力かと思います。

が…クリークの音作りは、私には合わないようです。

> スピーカーの個性に隠れて、かなり薄味のアンプという印象でした。
なるほど〜。

私は数週間、いや数日でアウトでした;;。
拙ブログの:
http://bluegourd.jugem.jp/?eid=634
http://bluegourd.jugem.jp/?eid=635
http://bluegourd.jugem.jp/?eid=637
に、インプレをアップしています。

Sequel 2は、日本だけでの発売ですから、日本語圏でわずかなレビューがあるのみです。
クラシックにも合う、云々という評もありますが、総じて Sequel 2を好んでいる方は、クラシックはお聴きにならないようです。
  • へうたむ
  • 2017/05/01 2:47 PM
悪魔の囁きか?ネット不調が不幸中の幸いか??どうしてる疼きますよね(^_^;)
元新潟のUさん、

そうたいした‘囁き’でもなかったようですが(笑)、このところオデオに変化ゼロというのもちょっと淋しく‥‥;;。
  • へうたむ
  • 2017/05/02 10:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM