<< 2セット、ポチっちゃいました^^。 | main | 剥がれてきましたぁ〜;;。 >>

森友学園、教育勅語の話から…。

森友ニュース 1


森友ニュース 2


 教育勅語礼賛幼稚園の経営者の件が、世を賑わしている、らしい。
 賑わしているだけなら、芸能ニュースみたいなものだからどうでもいいが、ひとつは行政の公正さ、もうひとつは政治家の基本理念の問題の、それぞれ根幹に関わるファクターが大きいので、これは厄介だ。

 安倍首相は、この学校法人が格安で国有地の払い下げを受けたことに対して、「私も妻も認可、国有地払い下げに関係ない。関わっていたら総理大臣を辞める!」と突っぱね続け‥‥るしかあるまい。

 この大先輩の伝に習ってか、例の学校法人理事長・籠池氏と同じく教育勅語礼賛派と思しい稲田防衛相も、籠池氏に「「法律相談を受けたこともなければ、実際に裁判を行ったことはない」と、国会答弁で断言していたが、森友学園が原告の裁判に稲田氏が原告側の代理人として出廷したという裁判所の記録の存在が発覚」して発言を訂正した、という事態が出来している。

 裁判所というのは、ニュートラルな立場で、必要と思われることは文書化して残すものだと思う。それで‘キチンと’証拠文書が残っていたのだろう。
 となると、ことの性質がニュートラルでない、つまり利権がからむようなものについては、徹底して記録文書を廃棄ないしは隠蔽することが、逆に明瞭に推測できるのである。

 学校法人への格安の国有地払い下げに関して、「専門家に鑑定させることもなく、大阪航空局と近畿財務局の話し合いで売却価格を決めてしまう。そして、森友学園との交渉過程の記録はすでに破棄しているとして、公開要求を突っぱねる」のである(こちら)

 公文書を残し、請求に応じて情報公開することについては、先進国におけるその重視に対するに、わが国では意識が低かった、というのはよく指摘される(あ、クロ現だ)。
 が、そんな高等な話ではなく、政官接触の、とくにきわどい場面の記録は、双方ともに絶対公開したくない代ものになりうるから、どうあっても残したくない。

 というわけで上のようなことになるのだが、近畿財務局と学校法人との(「政官」ではないが)近々の接触の記録は残っているそうなので、今後どうなるのか。

 問題は、一学校法人のスキャンダルというのではなく、行政が公正であるのかどうか、それに政治家がどのように影響を与えたのか否か、という点にある。

 世には、何がなんでも現政権を擁護したい人、また現政権を追及する野党を揶揄する人も多い。
 民主党(当時)の松原 仁議員が、籠池氏といっしょに写っている写真を挙げて、「なんで松原は追及せんのか」とやっているサイトが山のようにある。
 いや、格安払い下げの決定された時期に、松原氏が何か大きな権力を持っていたのだろうか? 論そのものがオカシい。
 ただもちろん、スパイ防止法に積極的なこの議員が、胡散臭い右派の手合いと胡散臭い関係にある or あったとしたら、それはそれで問題であり、民進党支持者もアタマの片隅には置いておくべきだろう。


 もう一点は、政治家の基本理念ということ。

 教育勅語を「悪くない」、「普遍的価値がある」と肯定からさらには礼賛する自民党政治家はずっといるようだ。一般市民にも多いだろう。
 しかしいろいろなところに指摘されるまでもなく、教育勅語の基底には、主権在民ではなく、天皇主権の国家観、‘彼ら’が好きな語で言えば「国体」観がある。

 安倍晋三氏や稲田朋美氏が、教育勅語、あるいは教育勅語を奉ずる団体・学校に対して支持・賛同を表明するということは、ほとんどダイレクトに、「主権在民=国民主権」の思想を否認していることの表明なのである。

 これは、単に現行憲法の一部を改‘正’したい、というような話ではない。根本的に、「主権在民の国家」は、認めませんよ、それはよくありませんよ、国民はそれでは幸福になれませんよ、というメッセージなのであって、現憲法の基本理念を否定することなのである。

 それは、政治思想としてはひとつの思想、である。そのような考えを構築し、推進すべく表現するのは、現憲法は保障している。
 が、まさにそういうことなのである。

 具体的に論理矛盾を来たすのは、そのような政治思想・国家観の持ち主である政治家が、「自由民主党」という名称の政党に所属していることだ。
 もちろん、独裁国家が「民主主義人民共和国」を称している例は近隣に存するけれども、不可避的に齟齬が生じる現実の次元ではなく、そもそも「理念」を表明することばの次元で、非-主権在民国家をその基底とする「勅語」を奉じつつ、「民主政治の本義に立脚して」結成された(自由民主党・立党宣言)政党に所属している、というのは著しくヘンである。

 同党の改憲草案に関し、反対派は、国民主権を蔑ろにするものだ、という批判をする。
 改憲草案の冒頭、「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される」とあるのだが、このうち、かろうじて残滓のように残っている「国民主権の下」の文言は、教育勅語を奉賛する思想とは、どう見ても相容れない。

 つまり、自民党の改憲派(の一部?)は、草案に近い改憲が実現したら、そのあとこの「国民主権」の文言を削除したいと考えているだろうと推測される。
 少なくとも、教育勅語を深く礼賛する者は、「国民主権」の思想を認めることはできないはずだ。

 であるから、こうした政治家、政治思想を支持する一般市民も、国民主権・主権在民を嫌悪している、ということになる。
 ‘ネトウヨ’という特殊なエリアだけの現象かどうかわからないが、主権在民を嫌う国民がそうとういる、ということなのだろう。

 なお、大臣が現行憲法の基本理念を否定するということは、憲法第99条の「…国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とのバッティングが明らかに存するけれども、とりあえずここは「内心、否定している。内心は「信条」なので自由だ」とだけ見る(それは問題があるが)。
 ただ、その「内心」は「信条」なので、所属する政党の理念とは当然関わる。

 さて、この「主権在民嫌悪」と「押し付け憲法論」とは非常に密接な関係にあるようだ。

 改憲派は、現行戦後憲法を「アメリカからの押し付け」だから悪い、とする。
 そうではない、という反論も、「日本人・鈴木安蔵の基本案が活かされている」というような形で提示されている。

 だが、私個人は、上のリンク先 Wikipediaに引用された、白洲次郎の「この憲法は占領軍によって強制されたものであると明示すべきであった。歴史上の事実を都合よくごまかしたところで何になる。後年そのごまかしが事実と信じられるような時がくれば、それはほんとに一大事であると同時に重大な罪悪であると考える」のことばにあるように、「押し付けられた」、「強制された」ものだ、という認識が肝要、というより不可避だと思う。

 白洲のことばの意味するところは、元本の『プリンシプルのない日本』の文脈を参看して読み取るべきであろうけれど、「押し付けられた」は重要極まりない。
 だがこれを「ゴリ押しで押し付けられた」のように解することは、ことの本質を逸する。

 何を以て「押し付けられた」のか。
 それは、首都に対する雨あられの大空爆と、あまつさえ複数回に及ぶ核兵器攻撃によって、「飲まなければ殺すよ」という形で「強制」されたものなのである。

 雲霞のごとく押し寄せるB29の大群。
 大勢の非戦闘員が日常生活を送る都市上に投下された核兵器。
 これに思いを致さず、遠慮がちに領海侵犯してくるどこぞの潜水艦ばかりあげつらうなら、バカ以前の話だ。

 現憲法や女性の権利拡大などに関して、ベアテ・シロタのおばはん(当時はねえちゃん、か。ちなみにヤッシャ・ホーレンシュタインの姪である)が要らんものを押し売りしてくれた云々の記述は、ネトウヨ的サイトや、ベアテ・シロタの著書へのレビューなどにもある。

 いや、要らぬ押し売りとかではない。「受け容れなきゃ殺すぞ」の事態に立ち至っていたのである。
 「The full application of our military power, backed by our resolve, will mean the inevitable and complete destruction of the japanese armed forces and just as inevitably the utter devastation of the japanese homeland.」
 知らない人はいないはずだ。「日本軍は全滅させられ、当然、日本国土はめっちゃめちゃになるぞ」ということだ。

 日本が「押し付けられた」のは「憲法」ではない、「ポツダム宣言」すなわち「敗戦」なのだ。
 これを受け容れた瞬間、日本の主権が、建国以来? 初めて他国の統治下に置かれたのである。

 これが「天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼ス」べし、という「教育勅語」の、いわば‘なれの果て’にほかならない。
 かかる事態に立ち至らしめた戦前・戦中の日本政府のごときが「皇運ヲ扶翼ス」べき(この「べき」は文語助動詞「べし」の全ての意味で考う‘べし’!)ものだったのか? 彼らはみごとに「皇運ヲ扶翼」したか?

 「反日」とか何とかという騒ぎではない。「破日」、「壊日」、「滅日」、「亡日」の惨状に至らしめたのである。

 ‥‥なにか、この事実をまったく無視して論を立てる人が異様に、あまりに異様に多いように思う。

 翻って、道義面のみを以て教育勅語のよさを言う人は多い。
 どう見ても、その根源にある天皇主権国家と、現憲法の思想とは(および自民党の改憲案とさえ)相容れないのだが、あえてそれを強引に無視しても‥‥今回の騒動に登場する人士たちの素行・言動を見るに、「恭儉己ヲ持シ」などという文言は片鱗も見えてこない。

 他民族を蔑視することも、文言上は教育勅語に違背する。「博愛衆ニ及ホシ」は、異民族差別やヘイトスピーチはするな、ということなのである。

 だいたい、こういうことを奉賛する裏には、自らはその垂訓に違背する言動をやりたい放題やらかし、他方、‘しもじも’や子どもたちにはこうした道徳を「拳拳服膺」せしめたい、というところに底意があるようだ。

 それにつけても、「主権在民ヘイト」、はそうとう根が深そうだ。

 「一味同心」のようにお互いを利用しあっていた人びとが、互いに今度は足を引っ張り合って醜態を晒しまくっている。
 かかる言動が、「常ニ國憲ヲ重シ、國法ニ遵ヒ」、「皇運ヲ扶翼ス」るものかどうか、これまた語るもバカ以前の烏滸ばなし。

 が、烏滸話は置いといて、大切なのは、行政の公正さと、政治家の基本理念、である。

スポンサーサイト

  • 2017.04.21 Friday
  • -
  • 04:46
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
Live Dwango Readerでは相変わらず更新を確認できず、IEの「このフィードを受信登録する」で何とか更新を確認できるようになりました。

それにしてもこの森本騒動さっぱり解りません。
元新潟のUさん、

> Live Dwango Readerでは相変わらず更新を確認できず、
う〜ん、そうなんですか〜。
Dwangoの、PINGを受け取るサーバーURLがわかればそれを追加できるのですが‥‥。

> それにしてもこの森本騒動さっぱり解りません。
まあ解る必要もないんじゃないでしょうか^^…。

ただ、カゴイケ某なんてど〜っでもいいですけれど、‘何か’があれば国有地を数億円も負けてもらえる、というのならこれは大問題です。
  • へうたむ
  • 2017/03/18 10:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 国内廃盤で高くなってきたので、仏盤をどうぞ。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM