<< アルゲリッチ/デュトワのショパン‥‥マスタリング。 | main | ぼつぼつCD購入も…。 >>

二つの『スコットランド』、そして『時の旅人』。

 ‘幸福すぎる人生を送るあまり、その音楽に深みがない’ふうな言われ方をされがち(?)な、ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェリックス・メンデルスゾーン=バルトルディさん。

 しかし、その交響曲第3番『スコットランド』はとても深い情緒を延々と歌う。
 交響曲第3番と、序曲『フィンガルの洞窟』(ヘブリディーズ序曲)とは、作曲者が、16世紀に悲劇的最期を遂げたスコットランド女王メアリー・スチュアートへの関心、具体的にはホリルードの宮殿を訪れた印象にインスパイアされた、ということのようだ。

 メアリー女王の閲歴は、かかわる諸事件がもう複雑で、私には何がどうなっているのやら、説明など不能。マニアの人たちがたくさんサイトを作っているので、興味のある方はググればいくらでも出てくるし、書籍も多いだろう。

クレンペラーの『スコットランド』、2種

 その、メンデルスゾーンの交響曲第3番『スコットランド』。
 世評で、抜かすことができないと言われるオットー・クレンペラー指揮の録音。ゆったりしたテンポで、悠然と盛り上げてゆくロマンの深さが圧倒的だ。

 この交響曲は、第2楽章を除いて全体に暗鬱な雰囲気を濃厚にし、メアリー女王の悲劇的最後に向かってゆくような暗さを基調としているけれど、終楽章のコーダで長調のコラールが姿を現わし、そのコラール(ファンファーレふう?)を高らかに歌い上げて全曲の幕を閉じる。

 しかし、知られているように、クレンペラー自身はこの最後に突然現われる明るいコラールは、楽曲にふさわしくなく、作曲者自身も疑念を持っていた、と考え、暗いまま終結するコーダを作り、これで演奏した録音が残っている。事情は、こちらなどが簡潔かつわかりやすい。

 独自コーダのヴァージョンで残されている録音のCDは、バイエルン放送交響楽団を指揮した1969年(クレンペラー、84歳!)のライヴである。
 ニュー・フィルハーモニア管とのスタジオ録音(1960年、マエストロ 75歳)のさらに9年後。

 いずれもリリースは EMIで、ライヴ盤のほうはショップ・サイトやオクでは、ものによってはトンデモ価格になっているが、ディスクユニオン店頭では、実際に売ることを前提にしているので、千円前後の価格で見つかる。

 この独自コーダのライヴ版(盤)については、宇野功芳氏は、「これ(ライヴ盤)は終曲の結尾を自作のものに変え、短調のまま淋しく終わる。その味わいは抜群で、両方とも(スタジオ盤と両方)持っていたい」(『クラシックCDの名盤』文春新書、新・旧版とも同文)と言及している。

 また、アマチュアのレコード評も多く掲載した、『クラシック名盤 この1枚』(光文社知恵の森文庫)には、この本の中でもとくに魅力的な文章を寄せている「安本弦樹」氏が、スタジオ盤を取り上げる中で、以下のように書いている。
 「第4楽章ではアレグロ・ヴィヴァーチッシモの表示には目もくれず、堂々としたテンポを固持するが、リズムのキレが良いので「遅い」という感じはなく、さらに雄大なマエストーソで曲は締めくくられるので、全体の充実感はこのうえない。ただし、コーダが雄大であるがゆえに、帰ってこの最後の部分が冗長に感じられるという、この曲の構造的問題点をも浮き彫りにしているような気もする。
 クレンペラーはこの問題点に気がついていたからこそ、1951年のウィーン響との「スコットランド」では、第4楽章の指揮をとらなかったのだろうか。また、1969年5月23日のバイエルン放送響とのライヴ(EMI)では、短調のまま終わる自作のコーダを演奏したのは、一つの解決を示そうとしたのかもしれない(この最晩年の「スコットランド」もみごとだ。まったく緩みがなく、幻想的なまでに美しい!)。」
(62頁)

 少し前、写真のとおりライヴのバイエルン盤を入手して、先日通して聴いてみた。
 私は個人的には、終楽章コーダの高らかに歌い上げるコラールが、そしてこのコラールで盛り上げて終わる『スコットランド』が大好きなので、クレンペラー「説」にはどうも違和感がなくもなかったのだが、聴いてみると、みごとに悲哀と暗鬱の中に、あたかもメアリー女王の悲劇そのままを描いたごとくに全曲を閉じる、その説得力は大きかった。

 では、少なからぬリスナーが、むしろ「不自然」と感じ、そしてクレンペラーの独自コーダが十分受け容れられるにもかかわらず、なぜあのようなコラールでの終結を、作曲者は残したのか。
 もちろんそんなことはわからない。

 閑話休題‥‥ではなく、以下がこの記事のもうひとつの素材なのですが…。
 私は、幼少時から「活字中毒」のむしろ反対で、読書はきらい、小説は、自分の心にぴったりくる少数のもの以外には興味がない。
 小学生から中学生期に、本好きの子どもたちが読むようなものには一切目を通していないのだが、例外的に好きになってしまったのは、イギリスの児童文学の中で、「過去の世界に迷い込む」、タイム・ファンタジーなどと呼ばれている分野である。

 この分野は、臨床心理学者・河合隼雄氏の著書で紹介されていたことで知った‥‥であるから、読んだのも大学に入って以降である。
 分野といっても、読んだのはフィリッパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』、ジョーン・ロビンソン『思い出のマーニー』、アリソン・アトリー『時の旅人』の3作だけ、である(いずれも岩波少年文庫)。

 『思い出のマーニー』は宮崎アニメになったことで有名になり、ただし同アニメ版は見ていない。原作は、岩波少年文庫版で上・下2冊の長さがあり、表現もじ〜っつに重厚。

『時の旅人』
 『思い出のマーニー』では、2世代前の世界にトリップするのであるが、『時の旅人』は、主人公の、20世紀に生きる、病弱で‘幻視癖’のある女の子・ペネロピーが、400年近くの時を超えて、まさにメアリー・スチュアートの時代にトリップする物語である。

 Wikipediaには当該作品の項目はまだないようで、しかしこの作品のファンによる、それぞれ個性や研究的内容に満ちたサイトやブログ記事がたくさんある。とりあえず、こちらや、こちらなどをあげさせていただく。

 あらすじを書くと「ネタバレ」(← あまりよい語感ではないな〜)になりがちだが、この作品は、「メアリー女王の時代にタイム・スリップする」と言ってしまっても、そこには何ひとつこの作品の重要点はない。
 この作品のすばらしいところは、ディテールの描写がとても細かく、美しいことである。

 この作品で重要な役割を演じ、かつメアリーの時代の歴史に深くかかわるのは、メアリー女王の‘政敵’ともいえるイングランド女王・エリザベスの暗殺計画が露呈して処刑された(バビントン事件)、アンソニー・バビントンである。

 もうかなり筋は忘れてしまっていて、『スコットランド』交響曲との接点を考えていた部分も、記憶違いがあった。

 『時の旅人』作中では、ペネロピーが‘転地療法’で訪れる、ダービシャー Derbyshireの農場の館は、メアリーの時代にバビントンの所有であったということになっている。
 視点は、エリザベス女王の側ではなく、メアリーとバビントンの側にあり、メアリーとメアリーに心を寄せる側 ― 史実の上での「敗者」 ― へのシンパシーが基調であり、しばしば「館の過去の時間」に入り込むペネロピーは、バビントン兄弟と、さらにはメアリー女王に出会う場面さえ登場する。

 物語の終末部、アンソニーの弟、フランシス・バビントンが『グリーンスリーブス』を歌い、ペネロピーは、フランシスとアンソニーのバビントン兄弟が、馬に乗って谷に下りてゆくのを見て ― 幻視して ― 全篇の幕を閉じる。
 この末尾は言いようもなく感動的だ。
 引用してみたいのだけれど、それはこれから読む人の楽しみを損ないかねないので、自重しますか。

 この、最後にバビントン兄弟が馬に乗って出かける場面は、まるでメアリー救出に‘出陣してゆく’かのように‥‥記憶していたのは、間違いなく、ここに『スコットランド』交響曲の終楽章コーダの、あのコラールが私の頭の中に鳴っていたからだろうと思う。

 「出陣」とはお世辞にもいえない、幻影のバビントン兄弟の騎乗の、それも幻影が消え去ってゆく場面で終わるのは、『スコットランド』交響曲の終結部とは、かなり違うだろう、と言われそうなのだが、それでも、この部分を聴く時、『時の旅人』の結末場面を思い浮かべてしまうし、逆に『時の旅人』の終結部を読み返す時、『スコットランド』のコラールが聞こえてこないことは、私には、ないのである。

 メンデルスゾーンが、あのコラールを『スコットランド』の末尾に付したのは、ペネロピーと同じ幻影を、ホリルードで見たからかもしれない、と妄想するのはさすがに行き過ぎだと思うけれど、アリソン・アトリーが『時の旅人』を書いた時、どこか心の片隅に『スコットランド』が鳴っていたのではないだろうか、と思う。

 では ― あのコラールのコーダを不自然だと感じ、削除して淋しいまま終わるコーダを加えたオットー・クレンペラーは、ファンタジーを解さない冷たい魂の持ち主だったのだろうか?
 そうではない。安易にファンタジーの救いに逃げ込むことを許さないクレンペラーは、悲劇に終わったメアリーの事跡を、悲劇のまま、聴き手の前に差し出したのである。
 バイエルン盤を聴き終えたあとの沁みじみとした感銘は、例えようもない。これもまた、比類のない「ロマンの表出」にほかならない。

 クレンペラーの指揮する二つの『スコットランド』、そしてアリソン・アトリーの『時の旅人』は、ともに「歴史」と「物語」の深さと多義性とを、この上ない秀逸さで描き出している、と言えるだろう。

スポンサーサイト

  • 2017.05.22 Monday
  • -
  • 03:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 国内廃盤で高くなってきたので、仏盤をどうぞ。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM