<< 食欲がもどると‥‥食べ過ぎ^^ ;;。 | main | 新PCのキーボード故障、その他。 >>

セットものCDの買い換え。

 ドン欲に買い込んだ、とくに海外激安セットのCD、いろいろリマスターの音質に「?」が湧いてきて、はや買い直しをしている。

買い直し激安セット

 これらは、Sonyが BMG/RCAを合併したあと、Sonyと RCAのレーベルで、定評の高い名盤をセットにして再発したもの。
 タワーレコードのサイトには、「※ベルリンのb-sharpスタジオにて、24ビット/88.2KHzリマスタリングを行い、よりマスターテープに忠実で伸びやかなサウンドを実現しています」とある。

 B-sharpスタジオというのは、Facebookで検索され、別には Adam Audioというスピーカーのブランドも噛んでいるような。
 少なくとも欧Sonyの一部ではないのかもしれない。
 こ こにすでに書いているように、コリン・デイヴィス/シュターツカペレ・ドレスデンによるシューベルト交響曲全集を、このセットで求め、高域のヴァイオリンのラインが強調されすぎで、ちょっと聴きづらい感じがして、旧セットのほうがよかったかな〜、と書いているけれど、それがそこそこの値段でオクに出たので、落札した。

 その前に、同じシリーズで出た、ブルーノ・ワルターのモーツァルト集 6CDを、Amazonから海外ショップに注文し、1週間ほどで到着して喜んで聴いてみたところ、これも高域のヴァイオリン・ラインが強調され、その割りに音場の拡がりが感じられず、「こりゃちょっと聴き続ける気がしないな〜」と落胆していた。

 こちらもネットオクで、早い時期の国内盤 CSCR-8341/2の2枚組を、帯のある出品を落札した。
 このセット、タワーにまだデータが残っていて、1990年12月発売とのことなので、もう四半世紀前のCDなのである。

 SBMなどの表示はないが、ブックレットにはわが国録音技師の草分け、若林駿介氏によるワルターのセッションに触れた体験の、興味深いエッセイが掲載されており、そこには、当ディスクは「(オリジナルの)3チャンネルのマスターテープを使い、録音以来約四半世紀ぶりにディレクターのマックルーア氏の手によってCD用に新しくトラックダウンされたものだ」と書かれている。
 出品者によっては、これがあるだけで数千円の開始価格にする人もいるかもしれない。

 聴いてみると、新しい Sonyの24ビットのセットよりも、ずっと落ち着いた音がする。が、トレードオフで、高域はややくすみ、テープヒスは若干多めな感じもある。
 全体としては、新しい24ビットのセットで聴く気がしない。他のリマスター・ヴァージョンも気になるが、とりあえずは ― 第25、第29番などと、『アイネ・クライネ…』がなくなるだけで、こちらの国内盤が「正解」、な気がする。

 デイヴィスのシューベルトも、明らかに Sony合併前のセットのほうが明らかに自然な高域が聴ける。
 例外的には、「ハ長調大交響曲(ザ・グレート)」は、24ビットの新盤のほうが、オーケストラのスケール感と彫りの深さで、優れるようだ。
 これはたぶん、「ザ・グレート」は編成が大きいので響きが混濁気味になりやすく、高域を若干持ち上げたほうが全体の見通しがよくなるためではないかと思う。
 『未完成』も同じかもしれないが、まだ聴いていない。

 両方置いておくことはちょっとできかねるので、新盤を手放す予定だ。

 写真、いちばん下のは、ブダペスト弦楽四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集。
 これは、手ごろな価格で買える別マスタリング盤がない。唯一、国内Sony盤のセットがあるけれど、オクで数千円する。これは、元の定価が高かったからしようがない。
 これも24ビット盤は高域がキツめだが、各声部1人であることもあり、アンプのトーンコンで高音を少し絞れば聴けないことはないし、古い録音の混濁感は免れている。

 いつもながら、新リマスター盤を期待をもって買うと ― いや、だいたいは安いからだが ― こういう仕儀とあいなる。
 「演奏」も「マスタリング」も、機器選定に劣らず、納得のいく音楽鑑賞には厄介な問題としてついてまわる(‥‥楽しみでもある、かな)。

 この24ビット・リマスター・シリーズは、旧CDの音が平板だったり、混濁感のあるマスタリングであった音源の場合は、奏功しているかもしれない。
 思いつくところ‥‥クーベリック/バイエルン放送交響楽団のセット、は如何だろう。
 モーツァルト、ブルックナー、シューマンと、CDではたいへん平板な音だった記憶がある。

『音楽への愛と感謝』

 これは、詩人で、独・仏文学者であり、登山愛好家でもあった、尾崎喜八の『音楽への愛と感謝』。
 左が、初版の新潮社版、右が、先日手に入れた平凡社ライブラリー版。

 クラシックに関する随筆集で、クラシック好きには捨てがたい魅力のある一冊だ。
 21平米の狭い部屋につき、四六判の上製本はできるだけ廃棄する方針なので、やや大きめだが文庫に準じるサイズの平凡社版に買い換え。

スポンサーサイト

  • 2017.05.22 Monday
  • -
  • 02:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
これは正解、ですね。
ソニークラシカルに限らず、最近のリマスター盤は高域強調されているものが多いようです。それほど気にはなりませんが。
ワルターは現行のソニークラシカルよりCBSソニーのファーストかセカンドがマスターテープに近い音、と言われていますがどうでしょう?結構、低音モリモリ?
高域強調は最近のオーディオの音の傾向にマッチしているのでしょうね。
  • 七味とうがらし
  • 2016/11/18 11:22 PM
七味とうがらしさん、

リマスターは、高域強調型が多いですが、このところは顕著なものは少なくなっていると思っていたのですが、欧Sonyのものはちょっとやりすぎの感がありました。

> CBSソニーのファーストかセカンドがマスターテープに近い音、と言われていますが
> どうでしょう?結構、低音モリモリ?
低音は、モリモリという感じではないと思います。
国内盤は、帯域バランスと、音場感がいいように感じます。

> 高域強調は最近のオーディオの音の傾向にマッチしているのでしょうね。
だとすると、最近のオーディオはハイ落ち型ということでしょうか‥‥。
  • へうたむ
  • 2016/11/19 2:23 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 国内廃盤で高くなってきたので、仏盤をどうぞ。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM