<< 体調、ちょっと回復? | main | セットものCDの買い換え。 >>

食欲がもどると‥‥食べ過ぎ^^ ;;。

 ‥‥先週は、かなり食欲がもどったという感じだったけれど、それでまた食べ過ぎて胃が重い‥‥。

 根が、‘食い意地が張っている’‥‥のは人さまと同じなのかもしれないが、基本、身体のキャパが、そんなに食べられない and 食べなくてよい、小さいものなので、ちょっと食べると食べ過ぎになる。それが、加齢で上限が低くなって、よけい負担になっているようだ。

 で‥‥CD購入のほうも「食い意地が張っている」。

CDの風袋

 上は、ここ数ヶ月で、ネットで買ったCDが送られてきた、その封筒の山。
 大きな紙袋 ― ELECTRONIC PARTSとあるので、数十年前に真空管アンプキットを秋葉で買ったときのだろうか? ― にも突っ込んでおり、溢れたものは上に重ねている。

 エアキャップを内側に貼りつけた封筒は、安全だし、再利用できるが、棄てるとなると可燃や資源ごみにはそのまま入れられないのが厄介だ。

 それにしても買った。その上、まだ毎晩ネット上を漁っている。
 「食」も「音楽」も、「足るを知る」が大事なんですがねえ‥‥。

 今日、日曜の夕は、溜まっているハイドンの交響曲を少し。
 アバド/ヨーロッパ室内管の4枚組みは、さすがに全曲しょっちゅうは聴かないだろうけれど、『時計』と『奇跡』は快活で、聴いて気持ちのよい演奏なので、第93番と『時計』、『奇跡』の3曲を詰め込んだ ― オリジナル・カップリングではない ― 「New Best Plus 50」の国内盤を買っている。

 今は『軍隊』、『時計』、『奇跡』の有名3曲を詰め込んだアルバムが出ていて、それの古いジャケの盤が立川のユニオンに、未開封で700円ほどで出ていたので、そっちがお買い得だったのだろうが、『軍隊』はホグウッドの超のつく名演があれば十分なので、第93番の入ったものを求めた。

アバドのハイドン、国内盤

 左は、同じシリーズにあるレヴァイン/ウィーン・フィルのモーツァルト、交響曲第25番、第29番、第31番『パリ』の、これも有名曲3曲のお買い得盤。
 ワルターの6枚セットの音が金属的で、買い換えると25、29番などがなくなるので、確保。

 アバドのハイドン、国内盤は欧盤に比べて、高域のエッジが幽かに荒れているように感じ、音源によっては高域が艶やかすぎる欧(独)プレス ― かつての PMDCプレス以来 ― より、弦にコクが出てよいものもないことはない。
 バーンスタインのベートーヴェンがそうだったが、アバドのハイドンは一長一短かも。

 このディスクから『奇跡』を聴き、そのあとクイケン盤で同曲を聴いた。
 クイケンは、ほんとうに神経の行き届いた、美しい、磨き上げられた演奏で、第一級としかいいようがないけれど‥‥疲れます ;;。

 3曲めは、クレンペラーのセットから、第104番『ロンドン』を全部聴いた。
 予想どおり、世評どおりの‘立派’な演奏で、かつ弦の音色がきわめて美しい。しかしこれも‥‥疲れます ;;。

 ‘パパ・ハイドン’を鑑賞して、こ〜んなに疲れるのは‥‥ ^^;;。

[追記]最近のメイン・ブラウザは SRWare Ironなのだが、さっき、突然 Amazon各サイト(jp、uk、comとも)のレイアウトが崩れ、画像が表示されなくなった。ネット上に解決策としてよく見られる、キャッシュの削除をしても改善なし。
 というわけで、アンインストール → 再インストールすると直った。文字表示も大きくなった気がするので、旧インストール状態に不具合があったのだろうか。

スポンサーサイト

  • 2017.08.15 Tuesday
  • -
  • 03:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM