<< 体調が〜 ~~; ‥‥その他^^。 | main | 食欲がもどると‥‥食べ過ぎ^^ ;;。 >>

体調、ちょっと回復?

 ‥‥なんだか少し体調が戻ってきたような?

 まだ脱力感はあるし、胃が痛む感じもあるし、食欲は戻りつつあるが、今までよりは少ない。
 野口整体の教えに聞くまでもなく、今ごろ、初冬の時期は体が乾燥するので、汁ものがおいしくなる。

 というのにかこつけて、近所の、‘日高屋の390円の中華そば’よりはちょっとお高めのラーメンを。
 土曜日は、駅の北側の、最低ライン 650円の店、今夜は駅の南口にある、最低ライン 700円の店で、もちろん最低ラインのお品を^^。

 どちらもさすがに 390円の日高屋の中華そばよりは丁寧に作っているけれど、それでも「650円出してこのくらいの味?」、「これで700円、う〜ん…」というような感触が残る。ラーメンって、そんなにコストかかる‥‥んだろうな〜。

 というわけで、前記事のパン屋さんのパンのような「お〜っ、これはウマい!! 」という域には達しない。
 言い換えると、日高屋の390円ラーメンのコストパーフォーマンスが、けっこういいことに気づく。

 そして、例のおいしいパン屋さんのパンは、数日、封印^^。
 というのも、食欲は落ちているものの、あのパン屋さんのパンはおいしいので、食べ過ぎてしまうのである。

 ‥‥食欲は落ちているけれど、味覚はむしろおいしいものを求め、おいしいものはおいしく感じるようになってきている。

 このところの身体が弱った感じ、この調子で帰宅時など街を歩くとき、感覚がとても透明になったような、体の中がスゥーッとした感じがして、身体の深部が何かちょっと変化しているようにも感じる。

 まだCDを漁ったり、買ったCDの処分を考えたり。
 こちらで触れている、買ったばかりのハイドンの交響曲、2セット、はやくも鬱陶しくなってきている。

 クレンペラーのも、クイケンのも、とても素晴らしい演奏なのだけれど、「う〜ん、これを聴くのに数時間‥‥を費やすか?」という疑念が。

 さて、あと約2週間働いたら、5日ほどお休み。
 CDP-XE700のオペアンプ交換、それに、Gotham GAC-2111と、Belden 1506Aのケーブルも未製作だし。

 機器類はもう出入りは考えられないので‥‥ USB DACとか???
 だとすると、PCMで48kHzまでだけれど自作キットの NFJにいくか、完成品で、5.6MHz DSDまでいけるこういうやつにするか?
 いや、USBから聴きたい音源って、とくにないんですけど〜^^;;。 

 (画像なし、でした.)

スポンサーサイト

  • 2017.06.26 Monday
  • -
  • 00:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
まずは、体調の回復、何よりですね。
>買ったばかりのハイドンの交響曲、2セット、はやくも鬱陶しくなってきている。
早いなー(笑)
  • 七味とうがらし
  • 2016/11/08 8:18 PM
七味とうがらしさん、

ありがとうございます。
お蔭さまで回復傾向なのですが、どう推移しますやら。
まあこれが生きているということなのかな、と‥‥。

> 早いなー(笑)
早いですね〜(笑)。
オーディオ機器も、こういうのは極めて早いのです。

歳をとって、部屋も激-狭になり、「欲しいものを置いておく」のではなく、「手許にあると心地よいものだけを残す」という状況です。
  • へうたむ
  • 2016/11/08 11:04 PM
>‥‥食欲は落ちているけれど、味覚はむしろおいしいものを求め、おいしいものはおいしく感じるようになってきている。

味覚と美味。

それでもまだ、油断できないということでしょうか?
  • KM
  • 2016/11/10 12:54 AM
KMさん、

> それでもまだ、油断できないということでしょうか?
そうですねえ‥‥「油断」というと、疾病のほうが、何か「攻撃してくる」ものと捉える見方になるので、そういう気持ちになることもありますが、野口整体の考えでいけば、そうは捉えるべきでないのです。

他方、体調がよくなったからといって鈍感になるのは最悪です‥‥実際はなるんですけれどねえ^^。お酒は飲むし…。
  • へうたむ
  • 2016/11/10 2:04 AM
KMです

また、愚痴らせて下さい。11月6日、彼女が家出しました(泣

11月5日(彼女が私の家に身を寄せて13泊目)私と彼女は大喧嘩をしました(原因は、私のDVです。その点において私は有罪です)。その翌日(11月6日)彼女は家出しました。

その日から、私は体調を崩しました。たったいま、ハルシオン 0.25mg×2錠と、ロヒプノール 2mg×1錠を飲むと胃痛が消えました(薬依存)。

・問題1 私はオーバードーズであり、薬に依存していること。

・問題2 「コレはある種の共依存です!」 つまり、いままで、私は彼女に頼られていることに依存していた。そして、彼女が居なくなったことにより、私は、いま、その「依存(彼女に頼られることによる私の依存)」を、出来なくなって「禁断症状」に陥っている。あ〜苦しい。

・参考

「人を世話・介護することへの依存」「愛情という名の支配」である[3]。共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平安を保とうとする[4][2]。(ウィキペディア、共依存のページより)」

・まとめ

肉体的不調・精神的不調・あるいはその両方・・・という点で、へうたむさんと私は苦しんでいます・・・その「苦」において、二人は共通してますよね。

あの〜、この問い合わせは、間違いなく的外れな問い合わせでしょうが:

『野口整体』には、私の共依存のような病(アディクション)を癒す精神病理学的アプローチ、乃至、ヒントみたいなものは、ないですか? もし、あれば、ヒント下さい。

追伸)

>>彼女が私の家に身を寄せて13日泊

←13泊。←これは、そろそろ長過ぎると私は思ってました。←すなわち、私は彼女を私以外の家なりホテルなりに、一時的に泊まらせようと思っていた矢先に、大喧嘩発生! 失敗した〜
  • KM
  • 2016/11/11 2:52 AM
KMさん、

よろず、お気の毒としか申せません‥‥御大切に。

> へうたむさんと私は苦しんでいます・・・その「苦」において、二人は共通してますよね。
そうとも言えますし、全く異なるとも言えましょう。

> 『野口整体』には、私の共依存のような病(アディクション)を癒す
> 精神病理学的アプローチ、乃至、ヒントみたいなものは、ないですか?
野口整体は「精神病理学」ではないので、ダイレクトに利用できるアプローチがあるかと問われたら、「ない」とお答えするしかありません。

野口晴哉の方法=思想は、それ自体がひとつのもので、切り売りできるものではないので、最低でも、野口先生の著書『整体入門』
https://www.amazon.co.jp/dp/4480037063/
と、永沢 哲『野生の哲学』:
https://www.amazon.co.jp/dp/4480424326/
くらいをお読みになって、納得なさってから、ということになるのではないでしょうか。
  • へうたむ
  • 2016/11/11 4:36 AM
このエントリーの2016/11/11 2:52 AMのコメントの続き。

KM@今度は深刻な話(私生活のお話で恐縮ですが)

私は、彼女(M子)に、DVをふるってしまい、その結果、M子から「別れる」と、宣告されたのですが、これが苦しい。なにしろ『M子宅(宿泊)』という『パラダイス』あるいは『天国』を失ったことによる禁断症状が猛烈に私に襲いかかって、いまも苦しいです。

家庭裁判所に「(M子との)調停」「和解」をたくらんでいましたが、M子が、調停で「KMさんは(暴力ふるうから)怖いから別れます」と言われれば、この調停で私は負けますネ(つまり、和解不成立。M子と別離)。

私も、40代まで、彼女いない歴、40数年であり、孤独(孤高)には慣れていたつもりでしたが、いまは状況が違います。
普通、「孤独」=「まったき自由」ですが、私の場合、87才の父親を抱えての「孤独」=「完全に不自由な孤独・自由を奪われた孤独」なのです。これは辛い。きつい。オーバードーズを続ければ、いずれ、ヤクは切れます。ヤクが足らない。

そこで、孤独体験においては大先生である、へうたむさんに、ご教授頂きたい。「孤独」の乗り越え方を! ←ただし、87才の父親を抱えての「孤独」(泣

もう一度参考までに

>・参考

>「人を世話・介護することへの依存」「愛情という名の支配」である[3]。共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平安を保とうとする[4][2]。(ウィキペディア、共依存のページより)」
(中略)

>アルコール依存以外への概念の広がり
>これはアルコール依存症だけではなく、ギャンブル依存症の家族、ドメスティックバイオレンス(DV虐待)などにも見られる現象であると言われている[2][1][7]。

追伸)あ〜、この文章を書いたら、少し楽になった。今後とも宜しく!
  • KM
  • 2016/11/18 2:41 AM
KMさん、

> そこで、孤独体験においては大先生である、
> 私の場合、87才の父親を抱えての「孤独」=「完全に不自由な孤独・自由を奪われた孤独」なのです。
とお書きのとおり、私の「孤独体験」は KMさんそれと比べると、「まったき自由」の要素の多いものです ― ほんとうのところは、生計に追われるという拘束がありますが ― から、アドヴァイスなどありえない、と思います。

依存・共依存‥‥私の最近(までずっと?)の生活は、オーディオと、CD漁りに「依存」しているように思います。
オデオのほうは今はひとつ「触れない=バランスを崩せない」ことでストップしていますが、帰宅すると、明け方までオクと AmazonでCDを探し、めぼしいものがあれば、他サイトも含めてレビューを見まくり、「どうしたもんかな〜」。

Sexuality(お〜っと、書かない書かない ;;;)は、それこそ「仮想」部分でだけ、YouTubeですませていますかねえ…。

ただし、これもまた「依存」による紛らわしなので、このところの私のプロセスがそうであるように、次々とディスクを入手しては不満や、次への欲望に駆られている、という循環を脱しえません。

それを超えたところにあるもの、ということで、昨年はエックハルト・トールの言説に惹かれ、今また野口先生のことばを読み返そうとはしていますが、現実はあまり変わらず‥‥。

> あ〜、この文章を書いたら、少し楽になった。
あ〜、それはよかった〜 (^o^)。

> 今後とも宜しく!
え゛〜〜っっ!?



 (*^_^*) ノ~
  • へうたむ
  • 2016/11/18 3:35 AM
>依存・共依存‥‥私の最近(までずっと?)の生活は、オーディオと、CD漁りに「依存」しているように思います。
(中略)
>ただし、これもまた「依存」による紛らわしなので、このところの私のプロセスがそうであるように、次々とディスクを入手しては不満や、次への欲望に駆られている、という循環を脱しえません。

>それを超えたところにあるもの、ということで、昨年はエックハルト・トールの言説に惹かれ・・・

←←←これこそ「束縛された孤独」を、どう乗り越えるかのヒントなんですよ(!)

やっぱり、人間、何かに依存しなければ生きていけないのか。

ちなみに、CD漁りって、毎日やってて、飽きませんか? もっとも私と違って、へうたむさんは、お仕事の合間に、それをやっているので、二人の間の条件が違いますが・・・。

>> 今後とも宜しく!
>え゛〜〜っっ!?

やっぱり、今後とも、宜しく!
  • KM
  • 2016/11/18 1:04 PM
【正誤表】

誤)酒を飲まずに異常に仕事(自営業の人が多い)をする

正)酒を飲まずに猛烈に仕事(自営業の人が多い)をする

↑こっちの方が分かりやすい。
  • KM
  • 2016/11/19 12:28 AM
KMさん、

> ←←←これこそ「束縛された孤独」を、どう乗り越えるかのヒントなんですよ(!)
それはもう、KMさんご自身で発見されるしかありません。

> CD漁りって、毎日やってて、飽きませんか?
あまりに長時間やっていると、「もう飽きているのにまだ続けている」自分に気づきつつ、それでもまだやっていることがあります。
これこそが「依存」でしょう。

  ふひ〜、改行は「スクリーン キーボード」でやっております‥‥メンドくさ〜。
  • へうたむ
  • 2016/11/19 2:08 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM