<< ハイドンの交響曲で、2セット! | main | 体調、ちょっと回復? >>

体調が〜 ~~; ‥‥その他^^。

 ‥‥胃腸の具合が悪い〜 ~~;;。

 先々週の土曜からお腹をこわし、先週中ごろから、ひどく食欲がなくなり、胃が痛くなることが出始めた。

 脱力感にひたされ、このまえ風呂から上がって素っ裸で体重を測ったら、なんと、44kgまで減っていた!
 これはちょっとヤバい。

 このところ、食欲が減り気味なのにもかかわらず、トンカツ系の食事を重ねたり、大盛りにしたりして、胃腸を傷めつけていた自覚はあるので、自動ブレーキがかかったふうだ。

 へっろへろながら、仕事には行けるし、生徒にはベラベラしゃべれるし、で、そのまま過ごして ― 家ではフトンの中で、胃や腸に‘愉気’することが多いけれど ― おります…。
 ま、倒れたらそこまで、という感じです ;;。

 食欲が少ないので、米のご飯はここ数日口にしていない。
 百均のザルうどんを、おつゆに水を足してかけうどんにした ― ワカメとマイタケをたっぷり追加 ― もの一杯と、あとはパンと紅茶くらいで夕食は満腹。

 それで、いつもはほとんど買わないようなお高めのパン屋さんの、売れ残りパックを買って食べたら、これが何というか、ぱくっとかじったとたん、あごからのどから胃のあたりまで、ほんわかと暖かいオーラに包まれたような感じがして、「あ〜、うまいパンだ〜」と感じ入った次第。

 このお店です。

パン

 もっとも、こういうおいしいパンを食べても体調が回復するやはわからず‥‥が、夕べ風呂から上がって体重を測ると、45kgにはなっていました^^。
 胃〜十二指腸が軽い潰瘍状態になっているとは想像でき‥‥。

 やれやれ。去年春、引っ越しを控えて、生活費もキュウキュウだった時は、驚くほど食欲もあり、体重も48kgくらいまで増えていたのに、引っ越しして家賃は安くなり、CDを買う余裕も出てきた方向なのに、引っ越し後は胃腸の具合は前よりよくなく、食欲も減退。

 人間、「○○をしなきゃ〜」という状態のほうが元気が出るのかもしれず、いっぽうで、引っ越しも終え、落ち着いて、引っ越しを頂点としてここ数年間青息吐息だった暮らし向きのストレスが、どわ〜っと出てきたようにも感じられ‥‥。

 こんな今のオーディオ・トピックは‥‥ヘッドフォン、ゼンハイザー HD414のイヤーパッドがまた劣化してきて、交換。
 前回の交換が2010年10月だったので、ちょうど6年でアウトということになる。

HD414と交換用イヤーパッド

 前回はビックカメラだったが、今回はヨドバシもウェブに出していたので、ウェブショップで注文して店舗で受け取った。便利。
 価格は、前回が840円だったので、本体価格は800円、今回は977円だったので、本体価格は905円というわけで、6年で13%値上がりしたことになる。

 次ぎ、パソコンねたでは、新PCのUSB端子は、左サイドのUSB3.0のは、2つ並ぶ間隔が狭く、片方の端子にマウスをつないだ状態では、今まで使っていた百均のSDカードリーダーがささらない。

ささらないUSB-SDカードリーダー

 右サイドの2つは、これは電源コードのジャックが近接して、2つとも使えない。というわけで、リアの1ヶに挿すことにしていたけれど、これが面倒くさい。

スリムなカードリーダー

 というわけで、ナカバヤシ(Digio)というメーカーの、お値段7倍の、スリムで、SDカード横挿しタイプのものを買い増しした。
 これは、マイクロSDカード端子もついていて、そのために、パソコンにつなぐと「リムーバブル ディスク(:E)」と「リムーバブル ディスク(:F)」の二つが認識される。SDカードはドライブレターが (:F)のほうでした。

 さて‥‥CDのほうは、ワルターの新しい欧Sonyの24ビット・リマスターのモーツァルト 6枚組が、高域が異様に強調気味なので、国内盤をゲットしてみたり、同じ Sony 24ビット・セットの、コリン・デイヴィス/ドレスデンによるシューベルト交響曲全集も、以前の記事で書いているが、高域強調が気になっていて、同記事で触れた旧セットを入手した。

 結果は、新しく入手したもののほうがベターのようで、ま〜たまた買い換えの嵐、でした(詳細は別記事で)。
 う〜ん、体調、よくならんかな〜。

スポンサーサイト

  • 2017.03.17 Friday
  • -
  • 00:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
へうたむさん、大丈夫ですか?

食事は、三食、摂ってますか?

>へっろへろながら、仕事には行けるし、生徒にはベラベラしゃべれるし

ということは、精神疾患(うつ病)ではないようですが、もし、精神疾患(うつ病)であった場合、私は、もしかして、へうたむさんにとって「頼りになれる人間」かも知れません。なにしろ、

私の入院歴(入院実績):

平成09年(1997年)07月16日から平成09年10月31日まで 108日(アル中)
平成10年(1998年)04月06日から平成10年04月26日まで 21日(うつ病)
平成13年(2001年)01月30日から平成13年02月13日まで 15日(うつ病)
平成13年(2001年)06月26日から平成14年05月16日まで 325日(うつ病)
平成14年(2002年)07月29日から平成14年11月11日まで 106日(うつ病)
合計575日

↑これだけ、入院実績があれば、わたくし、精神疾患(うつ病)について学習したことは、普通の人より少なくない(!)
  • KM
  • 2016/10/31 2:36 AM
KMさん、

ありがとうございます ;;。
率直に書けばご心配をおかけすることになり、で、困りものです…。

> 食事は、三食、摂ってますか?
あ、ワタクシ、きちんと「一日に三食摂る」ということはしたことがほとんどない、と思います。

基本、超-夜型であるに加え、仕事の中心が午後6〜9時過ぎなので、いわゆる‘朝昼兼用’的ブランチが、一般の方の朝食です。
きちんと食べると、すぐ腸が蠕動してくるタイプなので、仕事前に、つまりふつうの方の「ランチ」をちゃんと摂ることはできません。
仕事先で時間が長い場合などは、休憩時間は菓子類か、おにぎり1ヶ。

で、仕事が終わったあと一日のメインの夕食を、けっこうガッツリ、という生活でした。
明け方、寝る前に寝酒と酒肴、で一日の食生活が終わります‥‥今はこれはちょっと控えめ or なしにしていますが。

この、夕食時も、ここ数週間、あまり食欲がなくなっています。
今、今日の夕飯をいただきました。百均のインスタントもりそばのつゆを増やして味を調え、ワカメとマイタケを入れたかけそばが主食。
胃の腑に沁み込むようにおいしかった〜。そのあと、ミルクティーを淹れて、例のパン。今の胃の状態にはちょっと食べ過ぎたかも。

> ということは、精神疾患(うつ病)ではないようですが、
精神的原因があるとしても、うつ病ではないでしょう。

身体そのものから発せられている、ひとつの信号のように感じています。
30年目の引っ越し、その後還暦越え、と、節目ではあると思いますが。
  • へうたむ
  • 2016/10/31 3:15 AM
へうたむさん

勿論、私は、専門家ではないので、正確な所見(!)は言えませんし、何の責任もとれません。それを前提に:

若干、ですが、へうたむさんの症状は、うつ病に似ています。

(以下、ほとんどのうつ病患者の症状)

内科的原因がまったくないのに、食欲不振(たとえば、固形物を摂れないなど)。

うつ病の場合、すべての内科的検査(胃カメラなど)検査をしても「原因不明です」と、医師に告げられる。あっちこっちの病院(内科、胃腸科などの色々な「科」)をたらい回しにされても、やっぱり「異常なし」。

そして、行き着くところは、精神科。←そこで(精神科の病院で)「あなたはうつ病です」となります。「うつ病」に似ている病気で「適応障害」という病名もあります。←皇太子妃雅子様の病名です。

え〜っと、「うつ病」の場合、症状が、少しずつ異化・転化(?)します。最初は、食欲不振、微熱を伴う頭痛など。→そして、精神科につながるとほぼ同時に「抑うつ」。

「うつ病」の原因は、様々でしょうが、ほとんどは、ストレスであり、そのストレスが消えれば、うつ病も消える場合が、少なくない。←私のうつ病の場合も、原因が消えたら「寛解」しました。

あと「心因反応」という病名もありますが、これは「奇行」などを伴うことが多いんじゃないかな。以上、あくまで、ご参考までに。

そして、お大事に!

追伸1)早く原因が見つかると良いですね。

追伸2)

>身体そのものから発せられている、ひとつの信号のように感じています。
>30年目の引っ越し、その後還暦越え、と、節目ではあると思いますが。

←失礼ながら、こういうことは、はっきり言った方がいいと思うので、はっきり言いますが、もしかしたら、老衰(?)。←「老衰」というものも、ある種の病的症状だと仮定した場合・・・。
  • KM
  • 2016/10/31 4:14 AM
KMさん、

まずは‥‥
> そして、お大事に!
ありがとうございます。

> 若干、ですが、へうたむさんの症状は、うつ病に似ています。
なるほど、それはあるでしょう。
ウェブ上の、うつの判定をするアンケート・サイトで、「専門家の診断を受けたほうがよい」という回答が出たことがあります。
小さいころから、神経症とはいえる状態でした。

KMさんが、こうお考えになるのは、ご自身がうつ病経験者、加療経験者だからだと思います。
別の、たとえば不安神経症の経験者なら、そちらの指摘をくださるでしょう。

> 追伸1)早く原因が見つかると良いですね。
ありがとうございます。
しかし、原因はべつに見つからなくてもいいのです^^。
身体の要求にしたがって「運んで」いければ、それでいいのです。

> 老衰(?)。←「老衰」というものも、ある種の病的症状だと仮定した場合・・・。
大いにありうるでしょうね。
加齢を考えずに、大メシを食らっていたのが間違いなのです。
人間はふつう加齢・老衰してゆくものです‥‥でなきゃ undeadです^^。
身体の流れにしたがって、スムーズに老衰してゆくのが「生」の道すじです。

そういうことは若いころから考えてきて、ユングやミンデルに触れたりしてきたのも、その辺の意識ですが、実際に顕著に老化に遭遇する場面では、うろたえます。
健康観・身体観の基本(としたいところ)は、野口晴哉先生なんですが‥‥全然未熟ですねえ。
  • へうたむ
  • 2016/10/31 6:08 AM
その後、体調はいかが?
随分と寒くなりました。季節の変わり目は身体に堪えますね。
胃腸症状、まずは受診されるべき、と存じます。
お大事に。
  • 七味とうがらし
  • 2016/11/03 11:49 AM
七味とうがらしさん、

まずはお心遣い、洵にありがたく拝します。

体調は依然として、ですが、変わらず働いており、どう推移するか、というところです。

> まずは受診されるべき、と存じます。
これには、率直に申しますと却ってご心配を増すようなことになり、こういう記事は書かないほうがいいとも思っております。
お言葉、ありがたく拝受いたします。

現今の生活状況は、「ちょっと体調が悪いので、療養させてくれ」云々は言えない非正規雇用で、もし受診の結果、しかるべき加療を、となっても、治療費もその間の生活費も工面できません。

という現実があるいっぽう、個人的に、他の記事やいただいたコメントへのリコメにも書いていますように、個人的に野口晴哉先生の整体の考えに私淑しており、一般の身体観・疾病観とはかなり異なる考えを、生活の基本にしようと ― なかなかできませんが ― 思っている者です。

こういった:
http://ameblo.jp/bu-chan1960/entry-11992801431.html
http://seikiin.com/blog/category/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E6%99%B4%E5%93%89%E3%83%BB%E8%91%97%E6%9B%B8/
考え方を参考にしたい、と思っております‥‥医療を無視する者ではありませんけれど。
  • へうたむ
  • 2016/11/04 2:50 AM
KMです

私自身の精神病院入院実績、合計575日の体験に照らし合わせてみれば、
川島氏の言ってることは、よく分かります。
具体的なことを書くのは省きますが、川島氏の言ってることは、私の575日間の入院時、私がやっていた療法とよく似てます。

>クスリや病院に依存する「他力本願」から、自分で身体を調整する「自力本願」にシフトしてみては如何ですか?
←これも、言いたいことはよく分かります。

ただし「他力本願」という語、よく間違いを指摘される使われ方をされてますネ。

【参考】
たりきほんがん【他力本願】
(1が本義)
1(仏)弥陀の本願の力に頼って成仏すること。
2(本来的な意味からはまちがった用法)他人の力に頼って事をなすこと。(大辞林より)

==

>「その前」に必ず何か調子を乱すショックがあったのだ。それが身体を緊張させて病気の必要性を生んだ。病気のほとんどはそうした未消化のショックやストレス体験を処理するための弛み現象である。病気そのものが治る働きといわれる所以だ。

>そもそも風邪だって黴菌が入ったからそれをやっつけるために熱が出るのだから。でもその一方で、「解熱剤」という薬があることを考えると、薬は黴菌に加勢していることになる。そうすると「薬」というのは「毒」ではないか。

←上記2つも、精神科の療法に似ていると思います。

==

>胃〜十二指腸が軽い潰瘍状態になっているとは想像でき‥‥。

う〜む・・・

色々ご事情があると思いますので・・・これ以上書くのは控えます。
  • KM
  • 2016/11/04 4:11 AM
KMさん、

> 川島氏の言ってることは、よく分かります。
あ、こちらのほうのリンクは、「川島氏」の見解はあまり興味なく、野口先生のことばの引用だけ示したいのでリンクしました。

「他力本願」の誤用を指摘するのは、ここでは意味がないと思います。
「オレ、あの動画見て爆笑してたよ」の「爆笑」の用法が誤用であることは、調べればすぐにわかりますが、よくやることです。

> 川島氏の言ってることは、私の575日間の入院時、私がやっていた療法とよく似てます。
> ←上記2つも、精神科の療法に似ていると思います。
なるほど。「病い」とは何か、というのは難しいものです。
それだけに、‘身体感覚の最も深く、澄んだところ’を生きる根っこにしたいと思っているのですが…。

> 色々ご事情があると思いますので・・・
はい。あります^^;。この「事情」込みでひとつの生命体、というわけですねえ。
  • へうたむ
  • 2016/11/04 5:17 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 国内廃盤で高くなってきたので、仏盤をどうぞ。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM