<< PM6005の、デジタル入力時のノイズ。 | main | Sequel 2 インプレ、その2。 >>

Sequel 2、導入。

 ‥‥EMF Audio Sequel 2、来ました。
 ここまで散財の暴風雨となると、57%offの英国製アンプ、というのは、もうアクセサリーでも買うような気持ちで注文→送金した。
 で、来ました。

箱。

 Sequel 2の箱は、印刷はなく、ラベルを貼ってある。シリアル・ナンバーのラベルも貼ってある。
 大きさは、Marantz PM6005と比較するとサイズ差がわかる。実に小さい。

開梱。

 日本ブランドのAV機器の箱は、上側開封で、両サイドの翼を拡げる形にほぼ決まっている。
 Sequel 2は、この点で箱のスタイルが全く違う。前部を上に開き、そのまま上に、ケーキの箱を開けるように開く。
 テープがなくてもフタがしまる。梱包材は簡易だが十分だ。
 こういうところに、文化の中の「エコ」の感覚が、言葉とは違うレヴェルで現われるのかも。

 発売元・TSインターナショナルで作成した日本語の取説、加えて小さいサイズの見開きの英文取説が封入されている。
 このアンプが、どのような経緯でマイク・クリークに製作依頼されたのか、噂のような形でしかネット上にもない。

 発売元には失礼ながら、ギリギリのところまで、「これ、ほんとうにイギリスの、クリークのところで作ったの?」という疑念が残っていた。
 このパンフの、製造元は、あたりまえだが EMF Audioだが、記された住所のところ番地は、英国はヘメル・ヘムステッド Hemel Hempsteadの、Creek Audio Ltd.の所在地そのものだった。これは、当たり前かもしれないが、ちょっと感動^^。

紋所

 この紋所が目に入らぬか〜! 正札=75,000円でもこれをイギリスで組み立てることができたのか。
 「Marantz」が、ソウル・バーナード・マランツの名前だけを受け継いでいる ― その思想はとなると、いろいろ評価できる ― のに対し、こちらは Mike Creekの「作品」である、という宣言。

ラックに。

 すでに、eco人さんの紹介記事に、先行する紹介記事が列挙されているが、その中のこちらには、「まるでサードパーティー的な製品で残念ながらその質感からは所有する喜びは感じられません」とあるのだが、私には十分格調ある質感と感じられた。

 粗めのヘアライン仕上げは、そういうデザインだし、Rotelとはまた違った形で「異国のアンプ」の香りを持っている。
 ただ、パネルの固定などは最低限のようで、やや固めのヘッドフォンの抜き挿しの際、フロントパネルが前に浮くのはちょっと、でした。

 香りといえば、eco人さんが、タバコの臭いを挙げられていたが、私のところに来た機体にはなかった。が、ある種独特の、海外製品の匂いがしてはいた。
 とにかく小さい。国産ブランドのサイズが、「なんであんなに大きくなるの?」と思えてくる小ささ。

リアパネルの接続

 構造が、多くの日本設計のオーディオ機器とは逆に、右側に電源部があるので、端子の並びも逆になる。
 スピーカー端子は、さすがに金メッキのようで、Rotel RA-05SEと同じく、先バラを溝ではなく穴に入れるタイプ。RA-05SEより穴が若干太くて接続しやすい。
 RCAピンジャックは金メッキなどはされていない。機械式セレクターで、テープが優先のはずなのだが、とりあえず2台のCDプレーヤーを「1」、「2」につなぐ。

 電源ケーブルは、18AWG・3芯のものに、2ピン変換プラグが付属していた。18AWG≒0.75スケアはちょっと情けなく、今日、試聴途中でサンワサプライの2.0スケアのものに換えてみた。
 ACの極性を合わせたついでにDCオフセットも測ってみた(スピーカー接続で)ところ、左 +27mV、右 -28mVくらいだった。

 で! 音、出ました^^。

試聴ディスク
 モノ盤を聴くのはちょっとコワいのだけれど、レオポルト・ウラッハ+コンツェルトハウスQの、モーツァルト:五重奏曲(Westminster、MCAビクターのリマスター)を。
 あれれ、これはまた、Rotel RA-05SEの時とちょっと似て、倍音成分的なものが右に寄っているような‥‥こりゃまずいな〜。
 と思って聴いていると、時々刻々、左右に飛ぶ。

 たぶん、これは RA-05SEの時もそういうファクターが多かったのだろうが、倍音成分の出方によって、部屋と耳のキャラがその都度変わってくるのだろう。音源の左右アンバランスもあったかもしれない。
 第4楽章になると、かなり左に寄ってくる。

 この音源は、トーンコンを入れて、ちょっと高域を落とすと聴きやすくなった。1曲、聴き通した。

 ドン・フリードマン『サークル・ワルツ』(RIVERSIDE、ビクター20bit K2リマスター。あとあとの廉価盤もこのマスターのはず)は、右定位のパーカッション、ハイハットの「シャラシャラシャ〜ン」がかなり強調される。
 ピアノはそこそこリアルで、何よりベースの弾(はじ)き感が、このところ接したアンプでは最も実体感があって、ブンブン来る。が、ブーミーさは皆無。

 問題の、ロマン派シンフォニー。
 マーラー:交響曲第4番、アバド/ウィーン・フィル(DG)の、通常マスターとO.I.B.P.リマスター。

 ジャズのトリオやヴォーカルなどを小粋に聴かせる機器・システムでも、クラシックのロマン派オケ曲をぶっぱなすと、とたんに砂上築城、馬脚を現わすということがある

 Sequel 2、やはりロマン派の大編成管弦楽では、ヴァイオリンのユニゾンが、みごとに「お団子」と化した。
 ヴァイオリンの、高域端があるところですっぱり切れているような鳴り方が、多くの楽器が弾いているという‘ツブだち感’を表現しえていない憾みが残る。

 ただ、マスタリングの違いはよく出るとともに、私が手を入れたナカミチのように、リマスター盤で歪み感が気になるということはなかった。
 ではあるが、オーケストラ曲に関しては、編成が大きく、楽想が複雑になればなるほど、「大づかみにざっくりと表現する」ところが、私にとって最も困るところだった。

 ブラームスのピアノ四重奏曲は、オケ曲よりはずっとよい。やや渋めのチェロが落ち着いた雰囲気を醸し出し、ピアノもきらめき過ぎない。
 AKB48『桜の栞』は、子音が右に寄りすぎるようだった。収録自体によるのかもしれないが。

 いや〜、ほんっっとにベンキョーになりました、この4ヶ月間。

 Sequel 2に関しては、「もうあとがない」状況で購入したこともあり、期待が大きすぎたことはある。
 たたずまいは、PM6005の、「あたしってゴージャスよ〜♪」的面構えとは正反対の、最低限の美学である。

 PM6005は、スーパーの量産品ケーキではあるものの、洋酒がたっぷり、「お子様はお控えください」的な香りをプンプンさせている。
 対するに、Sequel 2は、「桜色」、「甘い」という表現がされていたかと思うが、音源によってはそういう言い方もできるいっぽう、「田舎の塩せんべい」みたいな、よくも悪くもぶっきらぼうな出音も聴かせる。

 もうこっちでいいじゃない、と自分に言い聞かせようとするのだが、もういっぺん PM6005もオーディションしてみても、という思いが湧いてくる。

 Sequel 2は、今アンプを置いている段の下のスペースに格納しておける薄さなので、どうだろう、しばらく2台とも置いておいては?
 ‥‥あっれま、トンデモナいところに来てしまいました。

 どうせどちらも、売るとなると2万円弱にしかならないのだし、生活費がギッリギリになった時にオクに出す、ということで、両機とも、もうちょっとブレークインさせてみるのは? ‥‥

スポンサーサイト

  • 2019.12.05 Thursday
  • -
  • 01:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
日光の手前でしたか?遠からずオク出しですね。エージングで改善することを祈ります。
元新潟のUさん、

このレヴェルの製品となると、どの製品でも何らか‘日光の手前’感は免れないんじゃないかとも思います。

今またマランツをつないでいます。
Sequel 2は、MOS-FETだからというわけではありませんが、まだ2時間ほどの動作で、このあとどうなるかわかりません。
いっぽう PM6005は、パーツ数がきわめて多いですし、思いっきしオデオ用を突っ込んでいますから、これも少しずつ化けるかも。

今のところどちらも‘日光の手前’なんですが、両機とも何か捨てがたいものも感じます。
PM6005は、日本の技術陣が欧米へのメッセージを込めて、めいっぱい設計したところが感じられますし、Sequel 2は、Mike Creekという個人の思想が、大げさでない形で結晶しています。

Sequel 2は、ポップスやジャズを、気軽に楽しむためには、マニアの方にもサブシステムにはお勧めだと思います。
このアンプ、敷居の高い老舗のホテルの食堂が「昔、お金のない学生さんのために200円で提供していたカレーライスを、期間限定で昔のお値段で復活させました!」的な製品のような気もします。
Sequel 2を聴き続けるかどうかとは別に、Mike Creek氏の閲歴はいちどアップしてみたい、と思っています。
  • へうたむ
  • 2016/04/19 2:04 PM
はじめまして。

Sequel2 を検索して辿り着き、ちょいちょい拝見しています。

実は、へうたむさんがポチったというのを見て、昨日私も注文したところでして、
感想を読むのを楽しみにしておりました。

なかなか厳しい印象ですが、私の聴くジャンルではそこそこ使えそうな気がしています。
根本的なところもあるでしょうが、いい感じで熟れてくれることを望んでおります。

これからもブログの更新を楽しみにしてます。

  • Krauder
  • 2016/04/19 10:20 PM
ううむ。。。
今回がっかりした以外に、内心快感をおぼえていなければ良いのですが・・・
因みに当方自虐的行為に快感を覚える部分がちょっぴりあります(^^;

>ジャズのトリオやヴォーカルなどを小粋に聴かせる機器・システムでも、クラシックの
>ロマン派オケ曲をぶっぱなすと、とたんに砂上築城、馬脚を現わすということがある。
>Sequel 2、やはりロマン派の大編成管弦楽では、ヴァイオリンのユニゾンが、
>みごとに「お団子」と化した。
これ、へうたむさん流のクラッシックは難しいんだぞうということなのでしょうが、ぶっちゃけフルレンジ+エレキットでも簡単に解像すると思いますよ。
スケール感に影響する音の中核を分離良くズズーンと出すのが難しいというのであればわかりますが。
  • きゃーる
  • 2016/04/19 11:26 PM
こんばんは。

ブログの中で記事の紹介ありがとうございます^^

> で! 音、出ました^^。
> マスタリングの違いはよく出る
レビューを楽しみにしていました♪

> クラシックのロマン派オケ曲をぶっぱなすと、
> とたんに砂上築城、馬脚を現わす
> ロマン派の大編成管弦楽では、
> ヴァイオリンのユニゾンが、みごとに「お団子」と化した。
へうたむさんの場合、Sequel 2では性能不足だったのですねorz

私の場合、クラシックは大編成管弦楽よりもピアノやバイオリン
のソロ曲を聴いているので、そんな風に感じていなかったです^^;

それでは。


Krauderさん、はじめまして。

ご購入でしたか^^。
お好みに合えば素晴らしいアンプだと思います。

私の場合、ロマン派の大編成楽曲が‘基本’なので、コスト的にはいちばんキツい音楽の好みかもしれません。
あれから、また少し聴きましたが、ラヴェルの『ダフニスとクロエ』の「夜明け」は、面白い実験でした。

とはいえ、まだ2〜4時間くらいで、今後どうなるかわかりません。
私の鑑賞の本流に合わないとしていも、じつに捨てがたいガジェット感を持っている製品です。
  • へうたむ
  • 2016/04/20 1:06 AM
きゃーるさん、

>内心快感をおぼえていなければ良いのですが・・・
お、覚えております(汗;;)。
ですが、逆の意味でです。
ちょい聴きには、Sequel 2は「失敗かな〜」なんですが、まだ化ける可能性がありますし、このアンプ、システムからはずしてラックから出すと、なんとも憎めない‘名品’のたたずまいがあるのです。

もうひとつの「快感」は、PM6005のほうも捨てたもんではない、ということに気づいたことです。
耳にまつわりつく響きは、部屋固有のものという感じが濃厚です。

>ぶっちゃけフルレンジ+エレキットでも簡単に解像すると思いますよ。
この「フルレンジ」の中身が問題‥‥そこそこよいものは、箱込みとなるとなおさら Mercury F1Cくらいのバジェットでは手に入りません。
PM6005+Mercury F1Cで、実費7万円未満、Sequel 2+Mercury F1Cだと6万未満です。
安くて小さくても超ワイドレンジだったのは SA/F80AMGですが、私はこれでオケ曲は、ムリです。

>音の中核を分離良くズズーンと出すのが難しい
もちろん、こういう部分もあり、最高域の繊細な、あるいは全帯域にわたっての微細な動きも、まあまあそれなりに、ということで、これはかなり難しいと思います。

しばらく二頭立てでいこうかな、とゼイタクな考えを‥‥。
  • へうたむ
  • 2016/04/20 1:21 AM
eco人さん、こんばんは。

これはほんとうに面白いオーディオ機器です。

大編成オーケストラ曲を、理想的になどとは申しません、そこそこ、まあまあそれらしく部屋で鳴らしてくれることが、私にオーディオ機器に対する要求です。

ただし、これはけっこう難しいことだと思います。
音楽をオーディオで楽しむことは、それぞれのファンの方の好きな音楽を聴かれればよいことですから、そのジャンルがうまく再生できればそれでよいわけです。

しかしオーディオ機器の設計や評価・評論となると、ロマン派のオケ曲抜きにはどうにもならないと思います。

この点で、神経質さに不満を感じながらも、13年間、多くのシンフォニーやオペラのディスクを聴くことができた A-UK3は、なかなか得がたい逸品だったと、今になって感じ入っています。

オケの弦のユニゾンが「お団子」になる‥‥反対に申しますと、「お団子にならずに鳴る」ことは、不可能に近い、とくにCDではほとんど不可能かもしれません。

Sequel 2は、ブレークイン=エージングで変わってきそうな感じもありますし、私の「好み」や「要求」とはちょっと違う方向であっても、何かすぐ手放すにしのびがたい、曰く言いがたい存在感のある製品です。

Mike Creek氏のことを調べ中ですが、Creek発足時、かの‘伝説のバジェット・プリメイン’NAD 3020:
https://en.wikipedia.org/wiki/NAD_3020
に攻勢をかけ、CAS 4040を99ポンドでリリース、などという記事:
http://www.creekaudio.com/blog/creeks-30th-year-2/
を読むと、クリークが発足当時はむしろバジェット・ブランドだったことも知りえて、クリークさん、もしかして若かった時のことを思い出して Sequel 2の低価格復刻を許諾したのかな、などと、いろんな想像が膨らみます。

Sequel 2の存在を教えていただけたことには、深く感謝しております。

‥‥それにしても、この4ヶ月間、英語圏のネットを中心に、A-9010、PM6005、Creek 4240などについて、い〜っろいろ調べることができました。
そっちのほうが、リアル・オデオより楽しかった‥‥というと言い過ぎですが、そういう面もあったりします^^。
  • へうたむ
  • 2016/04/20 1:51 AM
こんばんは。

> 音楽をオーディオで楽しむことは、
> それぞれのファンの方の好きな音楽を聴かれればよいことですから、
> そのジャンルがうまく再生できればそれでよいわけです。

まさしくその通りですね。
私の場合、女性ボーカルの楽曲が艶やかに再生してくれれば良いと
思っています。

> 13年間、
> 多くのシンフォニーやオペラのディスクを聴くことができた A-UK3は、
> なかなか得がたい逸品だった

A-UK3は、なかなか優秀なアンプだったのですね^^;
まだ手元にあるので、今でも音を比較することは可能ですが、ケーブルを
つなぎ直すのが面倒なので、やらないで終わりそうです…。

> 何かすぐ手放すにしのびがたい、曰く言いがたい存在感のある製品
> 英語圏のネットを中心に、
> A-9010、PM6005、Creek 4240などについて、
> い〜っろいろ調べることができました。
> そっちのほうが、リアル・オデオより楽しかった
> Sequel 2の存在を教えていただけたことには、深く感謝しております。

どういたしまして♪
へうたむさんのおかげで、私もNAD 3020を詳しく知ることができました^^

それでは。
eco人さん、

現時点で、手許の Sequel 2では、まだ女性ヴォーカルも艶やかという感じではないものもあるので、これから変わりそうな気もします。

NAD 3020のような‘安もの’が、オーディオ史に名を残しているような「文化」に敬意を表してしまいます。
NADの、現行の‘新時代ふう’アンプ、D 3020:
http://nadelectronics.com/products/digital-music/D-3020-Hybrid-Digital-Amplifier
の型番は、3020へのオマージュでしょう。

いっぽう、A-UK3は、もしかすると Mercury F1Cを鳴らしてみると、いいかもしれません。←この組み合わせでは鳴らしたことがありません。

個人的に、プリ部のないハイゲイン・パワーアンプであること、黒パネルであること、などにより、もう使いたくない面は大きいのですが。
A-9010のレビューでは、英国における‘イギリス志向の日本製アンプ’といえば、真っ先に A-400(=A-UK3の欧州版)が出てきていることに、驚くとともに納得もしました。日本ではマニアの話題にのぼる機種ではなくなっています。

この4ヶ月間、自分の物欲に振り回された(まだ「ている」進行形です^^)のですが、あえて言い訳をするなら、A-9010のリサーチ以来、「文化としてのバジェット・オーディオ」についてそうとう考えさせられた、またそれが収穫であったと感じています。
  • へうたむ
  • 2016/04/21 1:14 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM