<< 困りました〜。 | main | 困りました〜。-2 >>

バター問題。

バター

 アベノミクスや安保法制や、あるいはTPPや、いろいろ言われる中で、気になるのだが、別個に報道されるだけで、有機的にからんでこないハナシ ‥‥ バターのハナシ である。

 店頭でのバター不足が言われ、実際にもスーパー店頭でバターが品薄 or 常時品切れ状態にある。
 その埋め合わせに、おもにトーストに付けるための、マーガリン系の「ファットスプレッド」の類いが多品種、積み上がっている。

 ここで気になるのは、マーガリンは健康に有害性があるといわれるトランス脂肪酸を、バターの2〜8倍くらい含んでいるらしいこと。

 マーガリン系のものは、商品によって含有量/率が違うので、一律にいえないが、これほどバターが不足して、その反面でマーガリン系の商品がスーパーに山積みになっていて、それが問題にされない(されているのかもしれないけれど)のは、オカシい。

 バター不足は、よく知られる『BLOGOS』内のこちらの記事では、高い関税で国内の零細酪農業者を保護してきたことに原因があり、競争力を弱めてきているのだから、TPPにも参加して、競争力を高めなくてはならない、としている(ように読める)。
 東大の農学系の研究者の執筆なので、評論家の恣意的な言とは違うのだろうが、BLOGOS記事に時折り感じる違和感を感じる。

 こちらの記事は、『長周新聞』という、ある種の信条に基く(人によっては「イデオロギー」に見えるかもしれない。私には BLOGOSより好感を持てそうだ^^)サイトの1ページなのだが、国内の酪農業者‘潰し’の政策が、今日のバター不足につながっていて、こういう流れは国民の食料供給全体に危機をもたらしかねない、と言う。

 上の記事はTPPには反対の立場なのだが、北海道で乳牛の獣医をしているという人のブログ記事では、アメリカのトランス脂肪酸規制は、バターの日本への売込みを狙うものとも言え、かつアメリカの牛乳は、品質的に「汚い」と言っている。
 もちろんTPPにも反対の立場だ。

 この人の立場の利害、というものも読み取れるけれど、牛肉におけるBSE管理のみならず、アメリカ産の食品の安全クオリティを考えると、単純に輸入を増やせばいい、ということでもないのである。

 こちらは、バター輸入を「農畜産業振興機構」が独占していることを非難し、輸入を自由化するとともに、国内業者の保護も付記している。

 この問題は、農協や農畜産業振興機構といった組織の利権がからんでいる、ということも無視できない。

 こういった問題は、プラカードを掲げてデモ、という話題ではないだけに、あまり考える対象にならない ― 単に「バター、売ってないね」とか「トランス脂肪酸、コワいみたいね」なら話題になるが ― けれど、こういう部分に、国内政治・国際政治と、「国民の生命の安全」の関わりがあるはずだ。

 個人的には、今はパンにバターを付けて食べたい嗜好はあるので、手に入る時にバターを買っている。
 マーガリン系のスプレッドは一切買わないけれど、コンビニやスーパーの「厚切りバウムクーヘン」などを常備して、デザートにパクついている小生は、すでに相当量のトランス脂肪酸を含む脂肪分を日々摂っているはずだから、これ以上の油脂分はで〜っきるだけ控えたほうがいいのである;;。

スポンサーサイト

  • 2017.03.17 Friday
  • -
  • 21:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
バターとマーガリンについては昔と常識がひっくり返りましたね。私も食べるプラスチックはなるべく摂らないようにしています。加工食品にはショートニングなどが使われていますから、自分で選べる時はバターを選んでいます。
元新潟のUさん、

>常識がひっくり返りましたね。
ひっくり返りました。
こんなこともけっこう起こりますから、テレビの健康 or 科学バラエティ番組で、専門家? の‘先生’からことごとしく教示される‘最新の成果’も、軽々に絶対視できません。

>自分で選べる時はバターを選んでいます。
そのバターが、入荷していない場合がかなりあります。
かつての厚生行政と薬害の関係ほど、当面深刻な話ではないということでしょうけれど、国民の健康と、国全体の医療費の問題として考えると、もっと議論されていい問題かと思います。
  • へうたむ
  • 2016/03/17 3:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 国内廃盤で高くなってきたので、仏盤をどうぞ。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM