<< CDP-XE700、再来。 | main | ちょっと試聴…。 >>

CDP-XE700、再来−続報。

 到着した SONY CDP-XE700は快調に動いてくれている。
 今日も夜のわずかな仕事に出る前、C-7030と聴き比べていた。

 女性ヴォーカルやピアノを聴く限り、「あ〜、6月のあの音が戻ってきた〜」と胸をなでおろしたのだったが、マーラーの交響曲第4番(アバド/ウィーン・フィル)の第2楽章を聴き始めるや否や「あ! 違う、高域のラインがキツめだ」と、ひと目ならぬひと耳で気づいた。

 前記事には、「この機種には、オペアンプがアナログ デバイセズ AD712を搭載したモデルもあるそうで、そちらは高域のエッジがやや立つとのことだが、今回の機体は前回同様マイルドなので、NJM2114D搭載と思われる」と書いたけれど、これはもしかすると AD712バージョンではないか? と思った。

 天板をあけてみると、みごとに AD712が載っていた
 ソニーはこのオペアンプが好きなようで、フラッグシップ的位置にあるCDプレーヤーやBDプレーヤーによく使っているようなのだ。
 しかし、CDP-XE700のようなシンプルな構成のコンポーネントだからだろうか、高域のエッジが明るく立ち過ぎ、聴き疲れのする音になるのである。

 うっひゃぁ〜‥‥もうぼちぼち、オデオのことを云々せずに音楽をゆっくり聴かせてほしいという思い切なるものがあるところに、オデオの神様は「いや、もうちょっと悩みなさい^^」と言っているかのごときめぐり合わせ。

 簡単な交換なので、時期を見て NJM2114D(DDよりDのほうがかえって音にまとまりがあってよい、という記事あり)を調達して挿し換えてみますかねえ。
 AD712は、単体で400〜800円くらいもする、NJM2114よりはずっと高価なオペアンプである。

 ネット上で流布しているサービスマニュアルでは、UK版のオペアンプがこの AD712だ。
 海外では、SL-PS700と対照的に、CDP-XE700の賛嘆レビューは、一切見当たらない。
 思うに、これは AD712を出力バッファーとした音質があまり評価されなかったのではないだろうか。

 日本でも AD712を搭載したのは、これも想像をめぐらすに、NJM2114Dの音ではロックやJ-POPのリスナーを中心とする層に対して店頭デモのアピールが弱い、とみて換えたのでは? ‥‥というのは妄想だけれど、これは NJM2114Dのほうが圧倒的にいい。


 ‥‥‥‥そして、もうひとつ、あるじなき Panasonic SL-PS700のリモコンと取説。どうしたもんかな〜^^;;。
 もうこの機種の音を聴こうとすることは、やめておいたほうがいいのか。
 これを入手すると、Onkyo C-7030を置くスペースはなくなり、新品で買ってすぐオク出しするというモッタイナいことになるし…。

スポンサーサイト

  • 2017.12.11 Monday
  • -
  • 02:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おや、前回とはオペアンプが違うバージョンでしたか。でもオペアンプの交換くらいなら簡単ですね。
元新潟のUさん、

基板は全てプラグイン式コネクターでケーブルと接続されていますから、簡単に取り出せますし、DIP8ピン・オペアンプですから簡単に交換できます。
超-ヒマになりそうな今月後半にやってみようかな、と思っています。

ソニーの設計陣は AD712がお好きのようで、この音もじっくり聴いてはみようかと思うのですが、リンクした紹介記事のみならず、ヘッドフォンアンプ自作ブログなどでも AD712は輪郭が明瞭すぎ、という評が多いです。

それもさることながら、そのまま残った SL-PS700のリモコン+取説を、ど〜したものか、と^^;;。
  • へうたむ
  • 2015/12/06 2:59 PM
オペアンプの違い見やぶりましたか^ ^
当方今羽田で、週末流れそうなマイル消費で上京しておりました^^;
ジャズ喫茶巡りと革製品漁りが目的です。
今年仕事であと最低三往復しますが…
  • きゃーる
  • 2015/12/06 6:25 PM
きゃーるさん、

>週末流れそうなマイル消費で上京しておりました^^;
押し詰まっての出張、お疲れさまです m(_ _)m。

当方は12月後半はガッラガラです (T_T;)。

>オペアンプの違い見やぶりましたか^ ^
これは、聴き比べればだれでもわかるでしょう。
リンクしたブロガーさんも、2機めを入手して聴いて、「あれ?」と気づいて中を見たらオペアンプが違ったということみたいです。

基本のところはこのCDP、やはりよいようです。
今、『ホテル・カリフォルニア』の冒頭のギターを聴いたら、AD712のエッジ感が効いていましたが、クラシックやヴォーカルにはちょっと…。

あと、‘主なき’SL-PS700のリモコン‥‥。
  • へうたむ
  • 2015/12/06 8:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM