<< CDP-XE700‥‥コンデンサー交換、見直し? | main | どうしよっかな〜…。 >>

オンキヨー A-9010

ONKYO A-9010の英批評から、オーディオ文化を考える…

 少し前に、eco人さんから、オンキヨーの新しいプリメイン・アンプ A-9010が、英国で音決めをしていて面白いのではないか、というコメントをいただいた。

 調べてみると、ついこの間までオンキヨーの最安価帯のアナログ・アンプであった A-9050と全く同デザインで、出力・重量・平滑コンデンサー容量が減り、A-9050に付属するDACが省かれた、完全なコストダウン・バージョンのように見えて、食指をそそられることがなかったのだが、このアンプについてネット上を調べてゆくと、なかなか面白い情報が出てきた。


オンキヨー A-9010

 Eco人さんのコメントでは、英誌《What HiFi?》で五つ星をゲットしていることの指摘があった。
 これに加えて、英オーディオ・ジャーナリズムの有名ライター(らしい人)たちの、かなり‘熱い’レビューが、数本ネット上で読める。

 まず、こちら。《Topreview.com》というサイトだが、これは《Hi-Fi Choice》誌に掲載されたもののコピーらしく、執筆者・デイヴィッド・プライス David Price氏は、同誌の編集長だった人らしい。

 そして、わが国でも有名な英《Gramophone》誌の、アンドルー・エヴァラード Andrew Everard氏によるレヴュー

 ご両人とも、日本のオーディオ・シーンには怠りなく目配りしている。
 プライス氏は、「When I lived in Japan in the nineties, I was struck by how different the houses and apartments were – many use tatami mats …」と、'90年代に日本にいたことがあり、畳の住環境がアクースティック的にイギリスのそれと大きく異なる、云々と言っている。

 そして、「… we suddenly saw a procession of Japanese-made budget amplifiers which were “tuned for British ears”. It was all the Pioneer A-400’s fault as I remember(… 日本製のロープライス・アンプが“イギリスで音作りしました”というのが目につきだしたのは、なべてパイオニアの A-400のせいである)」と、かのパイオニア A-UK3のオリジナル・A-400を挙げている。

 面白いのは、グラモフォン誌のエヴァラード氏のレビューでも、「… I was amazed to find a display of the Pioneer A-400 at the Tokyo Audio Fair (of blessed memory), bedecked with British flags and pictures of the likes of The Beatles, London taxis and the Mini Cooper(… 東京のオーディオフェアで、パイオニア A-400が、英国旗や、ビートルズ、ロンドン・タクシー、ミニクーパーの写真などといっしょに飾られているのを見たのは楽しかった)」と、やはり A-400が引き合いに出されていることだ。

 両人とも、日本のメーカーが連発する、‘イギリスでチューニング’、‘イギリス人の耳に合わせて’云々のコピーには、ちょっと苦笑ないし冷笑気味な論調でもある。
 が、音質の評価は、かなりしっかりとリスニングされた上で、高い。

 あともうひとつ、《Trusted Reviews》というサイトの、ダニー・フィリップス Danny Phillips氏によるレビュー がかなり長文だ。
 ダニー・フィリップス氏は、見た目ちょいワルなおにいさんだが、この人もむこうのAV評論界では知られている人らしい。

 とにかく、これほどのバジェットプライス・アンプが、こんなに、ある意味大げさに取り上げられるなど、日本ではありえない。
 わが国での税込実勢価格は、28,000〜30,000円で、古い上級機の A-9050のほうが安く手に入る(欧米では販売終了のもよう)のだが、いずれにせよ、こんな‘安もの’に熱いレビューなど、プロのライターでも素人のマニアでも、考えられない。

 面白いことは続いて、A-9010のサービスマニュアルがタダで手に入ってしまった。
 これを見ると、A-9010は、機械的なパーツ、つまりボリューム(=VR、可変抵抗器)や切換えセレクターを一切使用せず、すべて新日本無線の電子セレクターICと電子ボリュームIC(トーンコンも)で、マイコンから操作する。

 出力のリレーさえ省き(基板パターンは設けているよう)、トランジスターのミューティングで処理する。究極の接点追放設計なのである
 いっぽう、出力のアイソレーター・コイルは実装しているようで、これは最近の流れには逆行する。
 メーカーのアピールでは、カップリングにニチコン FineGoldを使っているということだが、回路図ではさらに、パワーアンプの段間デカップリングとNFB回路の接地部には、エルナーの音響用・RA3が指定されている。

 このアンプ、どんなパーフォーマンスを聴かせてくれるのだろう?

 プライス氏にレビューの終わりのほうに、「… the Onkyo’s combination of bargain basement price and unalloyed sonic charm reminds me of the classic NAD 3020 of the late seventies(このオンキヨーの、ローコストの基礎と混じり気のない音の魅力の両立は、'70年代後半のクラシックだった NAD 3020を思い出させてくれる)」」とある。


NAD 3020

 ここで言及されている NAD 3020は、わが国ではブランドごと撤退してしまった NADの、画期的かつ伝説的ロープライス・プリメインアンプのことで、Wikipediaにもアップされている
 こちらには、スコットランドの音楽ファンの、NAD 3020にまつわる‘青春の思い出’と、現在も愛用していることが綴られている。

 日本では、DENONの初代 PMA-390が若干これに近い足跡を残している感があるともいえるけれど、3020のようなローコスト・プリメインが、そもそも‘ちゃんとした’音楽ファンやオーディオ・ファンに見向きされることすら、ほぼないだろう。

 ― この辺、‘彼我’のオーディオ文化の差を考える、いいトピックだった。

 A-9010についてご教示くださった eco人さんは、A-9010ではなく、EMF Audio Sequel 2を選ばれた


EMF Audio Sequel 2

 Eco人さんは、A-UK3を長く愛用しつつも、音質の線の細さにガマンできなくなって買い替えを思い立ったとのこと。
 じつは私も A-UK3には全く同じ不満を感じていて、手放したのだった。

 過剰なまでにワイドレンジ(実際のf特が)を企図し、スピーカー出力から高周波スプラッターを撒き散らす A-UK3は、そのあたりを欧州のEMI(電磁波障害)規制ゆえに抑制しているはず(アイソレーター・コイルも入っているはず)の欧州版 A-400のほうが、落ち着いた音がしているような想像をする。YouTubeにアップされた A-400のギターの再生音は、とても美しい。

 EMF Audio Sequel 2も興味ぶかいアンプで、マイク・クリーク設計のかつての名機・Creek 4240を、TSインターナショナル社長・延沢正幸氏が、マイク・クリーク氏に、4240の復刻を依嘱して実現したというものだが、4240より2万円以上も安いプリメインや、その開発エピソードに反応するオーディオ・ジャーナリズムなんか、この国にはない。

 「EMF Audio」は、Creekの別ブランドという形になっているが、とくにカンパニーがあるわけではなさそうだ。
 「Creek」は総代理店がハイ・ファイ・ジャパンなので、契約上 Creekが使えないので EMFを使用した、というところだろう。

 残念ながら、Creek製品より仕上げはやはり落ちるようで、eco人さんのブログでは、新品を開梱したらタバコの臭いがした、というあたり、どうしても購買欲は削がれる…。

 さて、NADとならんで日本に全く紹介されていないオーディオ・ブランドに、米ミュージックホール Music Hallというのがある。
 普通名詞の「ミュージックホール」からブランド名を取ったと思っていたけれど、創設者・ロイ・ホール Roy Hall氏の名前に普通名詞を引っかけたものだ。

 このメーカーのアンプもシンプルなデザインだ。Music Hallは英Creekの米国代理店もしているようだが、このブランド自体に、マイク・クリークが関わっていたことがあり、ホール氏とクリーク氏は昵懇の仲のようだ。

スポンサーサイト

  • 2018.09.24 Monday
  • -
  • 04:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
出力のアイソレーター・コイル自体存じませんでしたが、最近は入れないのがはやりなんですね。それを敢えて入れているんですか。理論より音質なのかもしれません。
元新潟のUさん、

>最近は入れないのがはやりなんですね。
これは、アンプの回路形式によるようで、パイオニアやマランツは電流帰還を採用しているので、位相回転が少なく、スピーカーケーブルが長くなっても安定しているのでコイルを入れる必要がなく、かつ試聴で決めて入れなくなったようです。

一般的な電圧帰還オンリーのアンプでも、スピーカーコードがそう長くなければ、コイルは不要だそうで、かの中国製の安い LM3886アンプには入っていません。ですが、LM3886のようなアンプには、基本的には入れるべきかと思います ― 私は、自分で巻いて入れ、オクでそれを売りました^^。

>理論より音質なのかもしれません。
音質からしても、コイルは明らかに音を劣化させる、という見方がわが国では主流です。
しかし、ラボで日本人技術者が一聴して「いい!」という音が、リスナーの部屋で長くいろいろな音楽を味わっていく中で、かえってその場だけの「いい!」に過ぎなかった、ということがあまりに多いように思います。

欧米ではEMI規制が厳しいので、アンプ自体が高周波ノイズをバラ撒かないためにもコイルがある面義務づけられている感がありますが、長く聴くと、そのほうが音質的にも刺激が少ないような気がします。
  • へうたむ
  • 2015/10/06 3:11 PM
お久しぶりです。

へうたむさんがA-UK3を手放された理由が私と同じだったので驚きました。

部品数が少ない分、A-9010はそれぞれのパーツに良品が使われているのですね。

本体内の空間に余裕ができてエアフローが良くなり、発熱が抑えられるので、
製品自体の寿命も長くなって、長期にわたって愛用できそうです。

ふと、FSP AU-400(電源ユニット)のことを思い出しました。
A-9010と同じように、ICチップの多機能化によって使う部品数を減らしています。

日本のオーディオ文化は、音よりも見た目(スペック)重視の傾向ですからね…。
eco人さん、コメントありがとうございます。

>A-UK3を手放された理由が私と同じだったので驚きました。
導入した直後は、繊細さがよく、かつ『無線と実験』の記事で設計者の、回路への思い入れが熱く、その影響が大きかったのです。
ですが、だんだん神経質さ、音の薄さが気になりだしました。

>本体内の空間に余裕ができてエアフローが良くなり、‥‥
放熱の問題は、出力段のアイドリング電流(=歪みを減らすために流しっぱなしにする直流)の電流量(たいていのアンプで調整可)と、ヒートシンクの容量で決まってきます。
A-9010の大きすぎる筐体は、A-9050の金型などを可能な限りそのまま使おうとしただけのように思えます‥‥パーツの寿命は、A級動作アンプの場合に限っては発熱でダメージを被りますが。

>FSP AU-400‥‥
パソコンの電源ですね。この分野は、ほんとうに知らないのです^^;。
パソコンの電源やチップは、大電流が流れて発熱が大きいですから、放熱設計は大切ですね。
ここ15年くらいで、105℃対応の電解コンデンサーが増えました。PCの普及のためですね。

>日本のオーディオ文化は、音よりも見た目(スペック)重視の傾向ですからね…。
この辺が日本のオーディオ文化そのものの未成熟さに帰結している、と思います。
「家庭で、エレクトロニクスでいい音楽を聴く」という文化成熟がなされないうちに携帯プレーヤーと‘サブカル’に流れてしまいました。

また、わが国では一定以上の‘価格’の世界しか、オーディオの世界とみなされないということがあります。
イギリスで、普及価格帯では常に顔を出す NADブランドが日本に根づかなかったのもその象徴のごとくです。
  • へうたむ
  • 2015/10/11 2:56 AM
こんばんは。

> だんだん神経質さ、音の薄さが気になりだしました。

今振り返ると、音の薄さをカバーするために、van den Hulのような厚みがある
音を引き出すオーディオケーブルを買っていたのかもしれません。

現在のオーディオ環境であれば、以前は薄く感じたZonotoneでも良さげです。
ただ、今は同じ英国のChord Crimsonで十分満足しています。


> A-9050の金型などを可能な限りそのまま使おうとしただけ

ローコストモデルのPioneer A-10やYamaha A-S301が上位モデルと同じ金型を
使っていると考えますと、その可能性が高いですね。


> 携帯プレーヤーと‘サブカル’に流れてしまいました。

高価格帯のヘッドホンやイヤホン、カスタムIEMに流れましたね。
個人的に、beyerdynamic DT990 PROは、音楽を聴いていて楽しいですが…。


> 一定以上の‘価格’の世界しか、オーディオの世界とみなされない

安い製品を認めないK氏など、オーディオ評論家の悪影響もありますね。
最近のピュアオーディオ界隈は、趣味への支出をいとわない、アニメソングの
ユーザー層を取り込もうと必死であることが記事や宣伝から伝わってきます。
eco人さん、

>音の薄さをカバーするために、van den Hulのような厚みがある音を引き出すオーディオケーブルを買っていたのかもしれません。
A-UK3は、中域から下の音の薄さが致命的でしたが、それは言い換えると高域〜可聴帯域外超高域に伸ばし過ぎていたからのような気がします。
海外版・A-400のように:
http://oi47.tinypic.com/2ia4wlv.jpg
(↑中央右寄りに八の字状に実装されたコイルが見えます。A-UK3はこれを実装しておらず、それが‘売り’でした。)
アイソレーター・コイルを入れ、ふつうの帯域設計にしておれば、もっと落ち着いた音になっていたのではないかと思います。

>安い製品を認めないK氏など、
おっと、これは録音技師として優秀であった、「S氏」では? まあ置いときましょう^^。

評論家だけでなく、キャリアのあるオーディオ好きの人たち、大半はいわゆる「団塊の世代」ですが、こういった人たちも元の定価がウン十万円の機器からしか‘オーディオ’と認めないのが主流です。

>最近のピュアオーディオ界隈は、趣味への支出をいとわない、アニメソングの
>ユーザー層を取り込もうと必死であることが記事や宣伝から伝わってきます。
あ〜、やっぱりそうなんですか。
アニソン中心の音源だと、オーディオのいちばん深い部分のクオリティには触れてこないように思います。
私は、我田引水ですが、ロマン派のオケ曲と室内楽が、オーディオの良否の判定、ひいてはオーディオ文化の成熟には不可欠だと思っています。
  • へうたむ
  • 2015/10/11 10:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM