<< こんどは食器類の廃棄。 | main | 引っ越しの準備…遅々として進まず…。 >>

ヤマト運輸、メール便を廃止。

 ネットオークションなんか、もうやっている場合ではないのだが ― ブログを書いている場合でもない!;; ― オデオ関係の書籍3点が落札され、先ほど発送した。
 ややこしいので「送料無料」にしている(そうしておいてよかった。1点はクロネコメール便で厚さ1cm以下だったので、164円請求していたら気まずいことになった)が、そうすると ゆうメールなんかだと落札額の2割以上持っていかれることも多い。

 1点だけで薄いものの場合、クロネコメール便が重宝するのだが‥‥

クロネコメール便廃止

 そのクロネコメール便が、周知のように3月末で廃止になる。

 同社として、「お客さまがクロネコメール便で信書に該当する文書を送った結果、郵便法違反容疑により、当社だけでなくお客さままでもが警察に取り調べを受けたり、書類送検されたりするケースが発生して」おり、「法違反の認識がないお客さまが罪に問われるリスクを放置することはできないため」メール便を廃止する、ということだ。

 気になるのは、
(1) 送り手が「書類送検」された例が出ている、ということだが、この情報に、具体性がない。
 まず、どうして「発覚」したのだろうか。そのあと、警察のどのような捜査が行なわれたのか。その辺の取材をしたジャーナリストは、いないようだ。
(2) 日本郵便のサービスでも、「ゆうパック」や「ゆうメール」では、信書を同封してはいけない。
 が、実際には、親が子どもに送る「ゆうパック」=‘小包’に、「ちゃんとごはん食べているかい?」みたいな手紙を同梱することは起こっているのではないだろうか。
 ― だが、こちらはあまり問題にならないようだ。なぜなら、郵便法は、サービスに関してではなく、「日本郵便以外の事業者が信書を扱うこと」を禁じているからである。

 日本郵便以外に信書移送を委託した場合の、その罰則の整合性というのは、どういうところにあるのだろうか?
 犯罪を構成するという場合、そこには「被害者」がいる、ということがまず思い浮かぶ。

 郵便法にいう、「日本郵便以外の者に信書の輸送を委託した」場合の「被害者」とは?
 抽象的に考えると、「郵便や信書の発送・配達はユニバーサルサービス(=日本国中どこででも同じく受けられるサービス)でなくてはならない」という理念が、郵便法の根柢にあるとして、そのユニバーサル性を、日本郵便以外に信書を託することが「侵害してしまう」ということなのだろう(そうなのか?)。

 メール便で「書類送検の例まで出ている」のなら、‘宅急便’への信書同梱の例もありえ、そうなると、「日本郵便以外の事業者は個人宅配便を扱うことは危険」とまでなりかねないはずだ。

 立法府は、いうまでもなく国会議員で構成される国会である。
 歳費2,200万円(総収入は当然それ以上)の国会議員には、各法の整合性について、考察の怠慢がないのかどうか、選挙民はいまいちど考えてみてもいいのではないだろうか。

 ヤマト運輸としては、4月以降、メール便に相当するサービスとして、「ネコポス」というサービスを提示している(「宅急便コンパクト」は、運賃が高価過ぎて問題にならない。こちらはむしろ、従来の宅急便の廉価版として利用するべき)が、「※但し、23cm×11.5cm以内を除きます」としていて、カセットテープ1ヶを小さな封筒で送るような場合は使えないことになる。


 CD1枚なら、1辺は必ず「11.5cm」を超えるから、大丈夫なのか…。

 加えて、個人の利用状況・条件で運賃が変わるそうで、明記されていない。

 ということで、クロネコメール便は、ほぼそっくりそのまま日本郵便の「クリックポスト」に取って替わられる情勢であるわけだ。
 この「クリックポスト」、Yahoo!ウォレットからのクレジットカード引落し以外、決済できない。

 また、1件の発送につき、A4 1枚の伝票をプリントアウトする必要があり、貼付部分はその左上1/4だけ、という逆-エコ志向
 伝票の入力・印刷そのものが「発送サービスの購入」=決済になるので、プリントアウトしたあとで「あ、住所1字間違えちゃった」というような場合の訂正法は、ネット上でもよくわからないという指摘がある。

 かつて、小泉政権の時、‘郵政民営化’は選挙をあげての大号令となり、国民の大多数は大共鳴したわけだが、「郵便法」のこの一端に関しては、どうなのだろう?

 個人的には、同じ宅配サービスを利用するなら、全体に安価で、十分安全でもある日本郵便「ゆうパック」を利用しようと思っているユーザーであり、日本郵便の職員さんには常々感謝している者なのだが、‘郵政民営化’以降、どうも彼らがますます労働強化されるいっぽうで、窓口では待たされるし‥‥‥日本郵便が株式上場する、という時期でもあり、なんなんだろうなあ、という感じだ。

スポンサーサイト

  • 2017.06.26 Monday
  • -
  • 20:10
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
郵便事業への参入はハードルが高く、事実上日本郵政しか扱えません。既得権益を守る郵政族の陰謀か?時代錯誤な決まりですね。
元新潟のUさん、いつもながらお早いお越しです〜。

超-朝型でいらっしゃるようで‥‥私と真逆で‥‥汗;;

>既得権益を守る郵政族の陰謀か?
郵政族は小泉サンに徹底的にツブされたはずなのですが‥‥みごとな‘偽装自由化’だったわけで。

>時代錯誤な決まりですね。
この時代錯誤な決まりを、高額の歳費をもらって放置している我らが「立法府」って何ぞや?

話題変わって、北陸新幹線開通のお祝いの裏で、在来線が第3セクター化でますます貧窮化の見通し。
3社くらいにまたがるようですが、3社通して優等列車(指定席のライナーみたいな)を走らせればどうか‥‥という意見がネット上にあります。

「規制緩和」とならんで「地方創生」が某党のキャッチですが、これも実態は大ウソっぽいところあり、です。
  • へうたむ
  • 2015/03/17 6:14 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM