<< DP-5010、CD750 交換用パーツ購入と、ある発見。 | main | KENWOOD DP-5010…パーツ交換&ノイズ消滅。 >>

投票日前の二題。

中村修二氏、特許法改正反対

 NHK《時論・公論》で、特許法の改訂で、社員の発明は、その権利が会社・企業に帰属する方向に改訂される、というトピックを扱っていた。
 折りしもノーベル賞受賞でスポットライトを浴びている青色LED開発者・中村修二さんが、発明の権利に関して所属していた企業と対立していたことが報じられている。

 政・財界からすれば、こういった‘過剰に権利を主張する(かに見える)’社内研究者は、厄介な存在であろう。
 この問題に関しては、いろいろな意見があると思われるが、法改正に踏み切ったところには、明らかに、現政権が財界の意思を尊重する、という姿勢であることを明示している。

 思うに、安倍政権はNHKに選挙直前にこういうトピックを扱ってほしくはなかっただろう、と推測(邪推)している。

 加えて、発明・特許の帰属がどうなるにせよ、弱い立場の個人が、企業との間で不利になる‥‥場合によっては、発明・開発に関する権利が認められないというだけではく、一端企業に利用された開発・発明にメリットがなかったとして民事あるいは刑事で告訴されたり、というような、結果的に個人が‘陥れられる’ような事例に関する注意も喚起されなければならないと思う ― ネット上で印象に残ったのは、こちらのブログ記事に見える、‘小保方さんではない事例’だ。

 昨今かまびすしい研究者の不正防止教育の重要性であるが、ここには、研究者個人が自らの権利をどう守るか、という「教育」もセットでなければならない。
 しかし、それは、「企業」社会=財界にとってはやってほしくないことであろうから、積極的にやっていることが知れた大学・大学院は就職面で差別されるということも危惧される。

吉野家、牛丼値上げ

 もうひとつ、安倍自民党が選挙直前にやってほしくなかったと推測できることこと‥‥は、吉野家の牛丼値上げ発表

 リンクした朝日の記事を見ると、じつは以前も牛丼が380円だった期間はかなりあるのである(松屋と違い、味噌汁は別売であることには注意)。
 ‘それでも払えない私’が言うのはおかしいが、一杯380円の牛丼というのは、そう高くない、どころか、非正規でガンガン働かざるをえないバイトさんたちのお蔭で、安い外食ではある。

 それでも、私個人はもう何ヶ月も外で牛丼・牛めしは食べていないし、80円の値上げで、弁当にシフトするサラリーマンはそこそこいるのでは、と思う。
 気になるのは、今後の‘空前の’円安潮流で、牛丼チェーンの値上げだけでも、これだけで終わりそうにないところだ。

スポンサーサイト

  • 2017.03.17 Friday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
優秀な科学者がどんどん海外に逃げていくような国にしてはだめですね。
元新潟のUさん、

おっしゃるとおり。
アベノミクスにはこういう面もありながら、あまり注目されません。
  • へうたむ
  • 2014/12/14 9:32 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 国内廃盤で高くなってきたので、仏盤をどうぞ。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM