<< 狂気? CDプレーヤー落札…。 | main | わけありCDプレーヤーばかり、2台…。 >>

「アベノミクス」という「語」

Prime Minister!

 解散総選挙。得意満面欣喜雀躍の安倍総裁率いる自由民主党である。
 完々璧々の一強多弱状態で、自分たちの政策がどうの、は一切おかまいなく、一斉攻撃、機銃掃射、敵全員抹殺‥‥とうまくいくのか? これが行きそうなのである。

 GDP対前期成長率年率換算 −1.6%で“民意を問う”。
 GDPのマイナス成長については、世の‘エコノミスト’という業種の人たちは、個人消費の落ち込みはあまり言いたくなく、もっぱら「誤算」の主因を、企業の在庫減に求めている、とか。

 経済は全くわからない私には、判断できかねるが、そもそも「エコノミスト」というような職種の人間には、日々の生活が困窮している層はもちろん、低所得層全般の生活感覚なんかわかるはずもないのである。

 それでも、今度の選挙、連立与党以外に「マトモ」な選択肢はありえないと大多数の国民が判断するように思う。
 民主党は、いちど現実に政権担当した時の、あまりの無惨さを忘れている人はいまいから、積極的支持はまずありえない。
 「みんな…」を標榜した野党は、人望のないリーダーの気合いだけを戴いて、解散と同時にみごとに空中分解した。

 ‘社・共’は、単純にカウンターバランスになりうるだけであり、現実の政治運営に携われば民主党よりひどい混乱を引き起こすこと請け合い‥‥こういう言い方はしたくないけれど、「政治」の世界で高額の収入を得ている人びとは、その感覚を脱することは不可能なのである。

 これは、分野が異なるが、かの「朝日新聞」現象に否みようもなく顕著に現われてしまった。
 あの「朝日新聞」の所業で、わが国の「リベラル」がどれだけ傷ついたか知れない。大新聞の上層部という形で「生活している」と、自分たちの「メシの食い方」で、人びとのそれまでの努力をどれほど毀損しようと、遠慮や反省というものは生じようもないのである。

 ‥‥てな議論をしてもあまり果実はない。
 本エントリでは、「アベノミクス」という単語について考えてみたい。

 「アベノミクス」は、安倍晋三の「Abe」と「economics」を合体させた、“安倍晋三の経済政策”という形で発案された造語、ということになっている。
 元来、「economy=経済」という英語(欧語)は、ギリシア語で家庭を意味し、ひいては「家計」につながるオイコス oikosと、秩序・法律を意味するノモス nomosが合体してできた単語である。
 しかしてエコノミー(≒エコノミクス)は、「家計のマネジメント法」というような形で、経済の学というように訳される。

 で‥‥この語源から、こんどは「アベノミクス」という語の意味を考えた場合、「安倍晋三の‘経済’政策」であるというよりも、「Abe+nomos」、すなわち、
 「私、安倍晋三が法・秩序である」
 という宣言だと、まさに読めるのである

 安倍首相の改憲をゴールとした、モノスゴい Führer(=指導者)ぶりには、全く尋常でない空気を感じる。が、これこそが「アベノミクス」なのだ!

 新憲法草案には、障害を持った人びとや、環境への言及などがあるにはある。
 安倍氏のサイトの改憲見解のページには、現憲法に対して、「当時は想定できなかった環境権、個人のプライバシー保護の観点から生まれてきた権利などが盛り込まれていません」という批判を記している。

 「環境権」! これを大切にし、実現に努めるような政党が永く政権の座にあった国なら、水俣病・米水爆実験被曝・ハンセン病・アスベストといった悲劇的な問題が、これほど長きにわたって解決を妨げられ続けるということが、ありえただろうか?

 いや、こんな議論もまた果実をもたらすまい。完全無欠の「一強多弱」である。

スポンサーサイト

  • 2017.05.22 Monday
  • -
  • 03:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>、一斉攻撃、機銃掃射、敵全員抹殺‥‥とうまくいくのか? これが行きそうなのである。

昔うちの息子が大学生の頃、日本の大半の人は虫、バッタの大群のようだと言ったのですが、本当に、大衆は思考停止の虫の大群だと思わされることが多く悲しいです。
気づいた時にはお鍋の中でゆであがっているでしょう。
考えない人たちと一緒にゆでられることになるのは悔しいです。
  • よんばば
  • 2014/11/22 8:07 PM
よんばばさん、たいへんな時に、コメントまことに恐縮です。

よんばばさん、そしてご子息がおっしゃるとおり、まことに虫の大群のごとく画一的、同方向にみんな邁進します。
「教育」は戦前から行き届いているのですが、‘考える’ことを学ばせる教育ではないのです。

‘保守’、‘タカ派’だけでなく、‘リベラル’のほうにも、自らの立場で甘い汁は吸えるだけ吸ってやる、という醜態も見えます。『朝日新聞』はみごとにそれを実証してくれました…。
  • へうたむ
  • 2014/11/23 5:13 AM
>「私、安倍晋三が法・秩序である」
 という宣言だと、まさに読めるのである。

「美しい国」を「憎いし苦痛」と読むのと同程度の言葉遊び。
語源はまずレーガノミクスでしょう。
安倍氏がお嫌いなのであれば、五島勉ごっこより政策批判でもした方がまだ賛同者なりなんなりの果実が得られると思いますが。


>「環境権」! これを大切にし、実現に努めるような政党が永く政権の座にあった国なら

環境権の提唱は褒められるべき事でしょう。皮肉を述べる対象には当たらない。あなたはもう批判の為の批判をしている。
  • 釣本直紀
  • 2014/11/27 8:08 PM
釣本直紀さん、

>「美しい国」を「憎いし苦痛」と読むのと同程度の言葉遊び。
>五島勉ごっこ
>あなたはもう批判の為の批判をしている。
そうお思いですか。それなら仕方ありませんね。
  • へうたむ
  • 2014/11/28 2:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 国内廃盤で高くなってきたので、仏盤をどうぞ。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM