<< DP-1001、ま〜た手入れ! | main | 都議選雑感。 >>

メーカー製が欲しい。(勝手も〜ん w )

 2台のCDプレーヤーのチューニングも追い込めるところまで追い込み、あと DP-1001に少し手を入れてみたいと思うだけになった。

 この時点で、またもや、手を入れた機器への愛着が霧消し、メーカー製品現行品の情報を漁っているありさま。
 では、手許のシステムが聴けないほどの音かというと、今までと違って、CD 1枚かけるにつけ「お〜、ええ音やん^^!」と感心する状態なのである。

 加えて、財政状態はもう生活ができるかできないかのカツカツ状態。
 この時点でメーカー製云々と言っていること自体、オカシイ。狂っている。

 が、それでも「もし予算があったら…」という機器の情報をググり続けている。
 食指が動くのは、ヨーロッパ・ベースの設計の機種である。日本人が、できるだけ噛んでいないものがいい。

 こんなふうに考えるのは、現用のタンノイ Mercury F1Cが、まったく手を入れていないのに、ここ数年ほんとうに不満を感じさせず、いろいろな音源、機器の音を素直に聴かせてくれているからなのであるが。

 この前、ユニットをちょっとはずしてネットワークを見てみたのだが、やはり電解コンデンサーを使用していた。しかしそういうことが全く気にならず、ネットワーク・パーツの交換をしようという気など全然起きないほど、よいバランスで鳴っている。

 で、それ以外の機器 ─
 以前にも衝動的に欲しくなったことを書いたのだが、ローテル Rotelの薄型プリメインアンプ。
 RA-02から、現在 RA-10までになっており、日本版が求められるのは、このうち RA-05(と RA-05SE)だけのよう。

RA-05SE

Rotel RA-05SE

 いつ見てもカッコいい^^。トロイダルトランス搭載で重量5.9kg。
 平滑コンデンサーは、現用のナカミチ IA-4s(改)の15,000μF×2よりはプアそうである^^。
 それでも、いちどこんなアンプで聴いてみたい。

 CDプレーヤーは、ケンブリッジオーディオの Azur 651Cがよさそうだが、安価な 351Cでもいいかも。

Azur 651C

Cambridge Audio Azur 651C


Azur 351C

Cambridge Audio Azur 351C

 写真はひっくり返っても同じ^^。全く同外観、同サイズ、重量まで同じ(公称4.8kg)。
 651Cは、ウォルフソンのフラッグシップのDAC、WM8742をチャンネルあたり1基使い、可変デジタルフィルター機能を持たせている。
 351Cは、同社の普及型(?)WM8728を1基でステレオ使いにしている。

 両機種とも、ケンブリッジ独自のトランスポートとサーボを売り物にしている。351Cもトロイダルトランス搭載だが、キャビネット全体の中身はスカスカ。
 スカスカなのに重さが同じというのは、かえっていいのか?

 英『WHAT HIFI』ウェブ版では、351Cが五つ星、651Cは四つ星である(反論もある)。

CD6004

Marantz CD6004

 『WHAT HIFI』でイチオシのCDプレーヤーは、マランツ CD6004
 日本でもこの機種の評価は高いが、ヘッドフォン出力が特にいい、というものが多い。

 かつて CD5003でいい印象を持たず、シーラスロジックのDACにも好印象がないのだが、『WHAT HIFI』の持ち上げ方は並でない。
 これに、「なんで『WHAT HIFI』はマランツばかり持ち上げるの?」みたいな意見もBBSにあった。
 我が国の『ステレオ』がデンオンばかり持ち上げるのと似た側面があるのなら、ちょっと要注意。

 ─ ではあるのだが、このモデル、中国製でなく、福島白河工場での製造らしい。同社スタッフと思しい人のツイッターでこの件が流れ、コピーされている。
 「「頑張れ福島モデル」と言うことで宜しくお願い申し上げます」なんて言われると、よけい買いたくなるじゃないですか^^。

 さ〜てさて。夢のまた夢はこの辺で。
 手を入れてきた機器類は、なかなか得難いほどのクオリティを感じさせはする。が、先日、DP-1001の拙記事に、いささか不愉快なコメントを頂戴したのだが、そのコメントは、DP-1001はオペアンプの電源電圧が低くてよい音がするはずはないから、改造などやめておけ、というものだった。

 ご自分の考えを押しつけるコメントに辟易し、慇懃に対話をお断りしたけれど、オペアンプの電源に関しては、その方の意見に首肯できるところが確かにあるのである。

 国産中級機以下のCDPでは、オペアンプの電源電圧がなべて低い。トランスを安く上げるという営業面の方策なのだろうか。
 海外製は反対で、先日衝動買いしてすぐ手放した PHILIPSの安価機でも、回路図を見た記憶では±15Vだったと思う。

 ±5Vくらいまで下げても測定上の歪みなどには影響しない、というところから、ぎりぎりまで下げた電源に設計するようだが、そんなところが見えてくると、いかにしっかりした設計と Made in Japanの組み立てでも、使う気がしなくなる(Azur 351Cも低いかもしれないのだけれど)。

 なお、ローテルの製品を扱うショップが増えているようなのだが、同社には国内ホームページがなかったと記憶するが、起ち上がっている:http://www.rotel.co.jp/

ローテル ホームページ

 海外サイトはこちら:http://www.rotel.com/

Rotel.com

 デザイン、ぜ〜んぜん違います^^。

 国内向けの新しいプリメインとして、RA-1520というのが出ていて、逸品館に内容紹介と音質レヴューがある。

 基板の拡大写真(下↓ いただき画像)もある。
RA-1520 基板

 なんと! スチコンを多用している。1本だけ赤い抵抗器は PRPなのか?
 リードをのばして実装したスチコン、1本だけの PRP抵抗。これ、見ていたら、自分で手を入れたアンプみたいな感じがしてきた^^;;。やっだぁ〜、こんなの買うの
 いや、アンプとしてはよさそうなのですよ^^。

 ─ ふっむ〜‥‥これなら、手を入れた IA-4sを“オレ風なんちゃって英国風アンプ”として聴き続けるのもまんざらではないのかな〜。

[後記](6.29)
 ちょっと恥ずかしい記事、書きましたかね〜。消そっかな〜 …。


 ・・・

スポンサーサイト

  • 2018.02.18 Sunday
  • -
  • 03:07
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
オペアンプの電源電圧は高い方がいいんですか。
余裕があった方がいいということですね。
元新潟のUさん、こんばんは。

たいていの音響用オペアンプは±15Vを標準・推奨としているようです。
  • へうたむ
  • 2013/06/29 11:08 PM
おひさしぶりです^^ノ

> が、それでも「もし予算があったら…」という機器の情報をググり続けている。
お! コレ、時刻表読みながらニタニタしてる私みたいですね^^;
結構楽しいです^^;
ローテル!
ローテル、モーテル、カーテル・・・
ゴキブリローテルなんてものも・・・><
いいパーツ使ってC/P高いメーカーなんでしょうか^^
さて今週は1W関東出張><
でも出張中のほうが出張先の仕事以外基本できないので
楽なんですよね^^;
  • きゃーる
  • 2013/07/01 12:03 AM
きゃーるさん、こんばんは。お久しぶりです〜 ^^ノ。

> コレ、時刻表読みながらニタニタしてる私みたいですね^^;
はい^^。楽しいですね〜。

> ゴキブリローテルなんてものも・・・><
はいはい、何だか「ローテル」からゴキブリ関係のグッズを思い浮かべたんですが‥‥フマキラーのですね。
ありました^^:
blogs.yahoo.co.jp/ebisu_store/archive/2012/10/6

いやぁ、これとのバッティングのせいで日本でオーディオの「ローテル」は伸びなかったんでしょうか^^;。
高価品はけっこう大きなアンプが多いのですが、薄型のプリメインが気になります。

> 出張中のほうが出張先の仕事以外基本できないので
なるほど。お暇があればAKBなど^^。
  • へうたむ
  • 2013/07/01 3:23 AM
こんにちは。

>手を入れた機器への愛着が霧消し
近々出品されるのでしょうか、その時は
私も狙いたいと思います。
  • ウッド
  • 2013/07/01 5:15 PM
ウッドさん、こんばんは。

> 近々出品されるのでしょうか、
えぇ〜っっ!? (((;゚Д゚)))
そ、そんなことしたら音楽を聴く道具がなくなります^^;;;。

この記事に書いたような機器は、一切買えない財政事情です (T_T)。

チューンがある種‘完了’して気が抜けてしまったような‥‥
しかし、今までと違うのは、今までは音そのものに嫌気がさしていたのですが、今回は音はものすごくいいんです^^。

それでも、自分が必死で追い込んだのではない機器で音楽を聴きたいな〜、という気持ちが起こります。
そんなことが、こんな記事を書かせたのです。それで、「消そっかな〜」などと付記しております。

今の改造CDP、アンプにはしばらくお付き合いするしかないようです。
スチコンのお蔭もありまして、音そのものはほんとうに今まで聴いたことのないレヴェルに達しています。
  • へうたむ
  • 2013/07/02 12:37 AM
へうたむさん、こんにちは。

それは失礼いたしました、そうですよねかなり追い込んだ機種ですから、
普通は情が移り簡単に手放さないです。

私も気に成るんですが、最新のローコストCD+SACDプレーヤーが2万円程度で
あります、1度聞いてみたいのですが、どうせ後悔するだろうと、踏み切れず
中古の5000円程度の物ばかり見ています。
  • ウッド
  • 2013/07/02 12:25 PM
ウッドさん、こんにちは。

> 追い込んだ機種ですから、普通は情が移り簡単に手放さないです。
ここが面白いところで、「追い込み」がある地点に到達すると、こんどは「移った情」がむしろイヤになって手放したくなるんです。

今まで、fujiwaraさんのDAC、麻布オーディオのスピーカーキットなど、そうとう鬼気迫る音になったものは、そこで音まで嫌になったのでした。
今残っているナカミチのアンプと2台のCDPは、音そのものはとても快適に聴ける音なんです。これは助かります。

> 最新のローコストCD+SACDプレーヤーが2万円程度であります、
SACDプレーヤーは、まだちょっとローコストでは不安が残るところですね。

ですが、kapellさんがオンキヨーの製品に、そこそこの評価をしておられます:
http://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/45463943.html

私はCDだけでいいので、もう少し選択の範囲はありますが、予算がゼロです (T_T)。
ケンブリッジオーディオは、超低ジッターを売りにしてるようです。
大勢のリスナーが、ディスクを捨ててPCオーディオに行くようになり、危機感を持っているのかも。
  • へうたむ
  • 2013/07/02 4:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM