<< 大物セットCD、到着…。 | main | 初雪 & 失踪文庫本出現…。 >>

熱が、出た…。

 いや〜‥‥熱が出た。風邪である。
 27日の晩は異常に寒く、帰宅してからからだがゾクゾクしてくるのを覚え、夜間に体温を計ると37.8度前後。
 28日は何とか仕事をこなしたが、夜になってからも熱が退かず、明け方、午前とずっと38度オーダーを保っている。計測した最高は38.8度。

 出勤して、半分だけで早退させてもらえないかというと、スタッフから「生徒への感染の問題もあるので、今日は全コマ退いてほしい」と言われ、そのまま帰宅した。5,000円弱の減収になるが、正味、こっちもシンドかったので、帰った。

 29日は夕刻からずっと寝ているが、30日を回った今も、まだ38度前後を推移しているみたいだ。
 久しぶりの高熱持続である。

 身体が発熱するのは、その必然性があるからで、人為的に下げないほうがいい、というのは、野口整体の考えであるとともに、もはや現代医学の常識でもある。
 つまり発熱は、身体のメンテナンス・モードなのである。

 が、もうあしかけ三日も38度台が続いているのは、いったい何をメンテしてくれているんだろう、と、不審でもあるが、うまく経過(野口整体では、風邪などの疾病が「治る」といわず「経過する/させる」という)したら何かいいことでも、などと期待したり^^…。
 30日も欠勤すると都合2万円以上の減収になるが、からだが第一、ではある。

・もう一点…
 このところ、怒涛の勢いでCDを買っているが、持っている曲の、異なる演奏への買い替えが多い。
Spivakovsky
 チャイコフスキーとシベリウスのヴァイオリン協奏曲では、トッシー・スピヴァコフスキー Tossy Spivakovskyなるヴァイオリニストのディスク(Everest)を持っている。

 スピヴァコフスキーは、ネット上で検索するといろいろ情報が出てき、愛聴している人も多い、そして若干ディスクの稀少度も高いヴァイオリニストである。

Spivakovsky
 が、この人、すごい美音ですいすい弾き進んでいくのだが、ちょっとすいすい行きすぎている感があって、評論家、リスナーの評価で常にベストの位置にある、ハイフェッツ盤に買い替えようと思い、ちょうど、グラズーノフの協奏曲なども入って2枚で945円と安い、“Heifetz Supreme”(RCA)というアルバムをAmazon.co.jpで注文した。

 すぐに到着して開封してみたが、なんと!! ブックレットの表紙・裏表紙・中央部分は当該盤のものなのだが、表紙の裏と裏表紙の裏は、Boz Scaggsなのである! 別ディスクの広告ではない、ディスクのトラック紹介部分である。
 Amazonに連絡し、すぐに代替品が送られてきた。が、もしかすると同社の持っている全ての在庫が同一ロットで、同じミスプリがある可能性もあるなあ、と思って、期待せずにあけると、やっぱり同じ~~。

 けっきょく、ハイフェッツには今回は縁がなかった、ということなのだろうか。
 米Amazon.comの同商品サイトには、20本のレヴューが入っているが、ブックレットがオカシいという記述は見あたらいない。

 どうも、自分に合わない演奏家のディスクを求めようとすると、何かトラブルに見舞われるという経験がある。
 トスカニーニの場合がそうだった。フィルハーモニアを振ったブラームスの交響曲全集(英Testament)は、買って数ヶ月して、3枚のうちの1箇処に大きな異物がプレスされているのに気づいた。

 じつは、ハイフェッツも、トスカニーニと同じく、その芸風は私にはちょっとハード過ぎるように感じる演奏家なのである。
 それでも、すでに歴史的評価の高い演奏なので、いちどきちんと聴いておく必要があるかな、と注文した結果がこれ。

 さて‥‥う〜ん、まだゾクゾクしてますな。

[追記]
 30日、31日も欠勤を申請した。都合4万円の減収 (T_T)。
 この仕事先で欠勤するのは初めてだ。

 で、体調はというと、30日午後も寝ていたが、フトンの中で体温を計るとやはり38度台まで行っている。
 体がホテり、その熱いままにうなされながら横になっていた。

 午後7時に近くなり、さらに体がアツ〜くなる。体温はこの時点で39.0度の大台に乗った。
 ここへ来て起き出したくなり、起きてCDを聴く。ワルター/コロンビア響でベートーヴェンの『田園』全曲♪
 何しろこの演奏は、レコード史上でも最大の癒し系なのである。その他、モーツァルト、ショパンもちょっと。

 このあと、野口整体で、高熱が出たときの処置として勧められる、後頭部に熱湯で熱したタオルを当てる方法をやってみる。
 終わって、ここで体温を計ると…37.0度! 目の前もうって変わってすっきりした感じに変わった。

 野口晴哉『風邪の効用』(ちくま文庫)から引用すると、
 「…熱が出たら後頭部を四十分温める。熱が出切っていなければ一旦上がって下がるし、出切っていれば、サッと下がってしまう。」(188〜9頁)
 エラいもんである。これはゆうべやっておきゃよかったかな。

 軽く食事をしてから、また音楽が聴きたくなり、今度はちょっとヤヤコシい楽曲…マルティヌーの交響曲第3番、他。
 さて、あまり無理もできないので、肘湯をして寝ませう。
 ‥‥熱の影響は体の動作のどのあたりに出てきたか、というと、キーボードの押し間違いが超-激増というところに。そのまま打ってゼンゼン文になりません><;。

 …にしても、これだけ長期間高熱が続いたのも珍しい。何か大きなメンテをしてくれていたんでしょう。

スポンサーサイト

  • 2017.08.15 Tuesday
  • -
  • 00:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんばんは。

インフルエンザではないんですか?
解熱剤は必要ないかも知れませんが、
3日も発熱が続くのは良くありませんね。
医者に行って薬をもらったほうがいいのでは。
  • ウッド
  • 2012/12/30 6:30 AM
減収は痛いですが、身体が一番大切ですよね。
余り熱が続くようなら医者に行かれることをお勧めします。
お大事に!
ウッドさん、元新潟のUさん、ありがとうございます。

最近は、むやみに解熱することは却って免疫作用を弱め、よくないと医師も判断するので、病院でも意外に薬を処方しません。
風邪の熱は、記事にも書きましたように、身体の必要で出ている、と考える者ですので、うちにおります。

けっきょく今日(30日)も欠勤を申し出ました。
今日は37度台で推移していますが、3日間‘熱が出ている’状態が続くのは、私には珍しいです。
こういう時、野口整体の考えでは「何か悪い病気が起こっている」と考えるのではなく、「大きなメンテをしてくれている」と捉えます。
なので、常識では‘気○い部落’と言われたようです^^。
http://www.ne.jp/asahi/ki/shizenkh/nanika2.html
こういう考え方に、のちに医学のほうが近づいてきたのは面白いことです。

今日は音楽を聴いたり寝たりしてすごします。そして、Amazonに返品請求もしなきゃ。
  • へうたむ
  • 2012/12/30 1:06 PM
こんにちわ^^

風邪をひきましたか(T_T)
熱は下げないほうがいいですか・・・
まあ人体の限界を超えない範囲でということでしょうね。。。
40度とかだと逝きますから・・・
当方は元々超薄着なのでめったに風邪をひきません^^
帰ったら手洗いとうがいですね^^
あと通勤が電車ではないのがいいのかもしれません^^
熱も長くつづいているようなので病院にいったほうがいいですよ!
当方40度でしばらく放置していて、近くのスーパーで
倒れて、病院にいったら「死にますよ!」といわれたことがあります(T_T)
色んな情報が耳に入ってくるとは思いますが素人判断せず
専門家にみてもらうのが一番でしょう。
点滴ききまっせー!^^
でわ良いお年を^^
  • きゃーる
  • 2012/12/31 1:12 PM
きゃーるさん、こんにちは。

>熱は下げないほうがいいですか・・・
現代医学でも、免疫の観点から性急な解熱は危険、というのは常識になっています:
http://www2.nsknet.or.jp/~s-yoshi/netu.htm (上の2つの段落)

整体では、単なる免疫を超えて、もっと複雑な修復を行なっているのだろう、という見方をします。
最近テレビで言っている、42℃のお湯でシワ予防ができる、というのなども体温上昇と修復との関係を示すのではないかと思っています。
http://sengoshi.blog.so-net.ne.jp/2012-12-17

40度で即逝く、ということはないのではないでしょうか。
ただ、発熱の動機が問題で、熱射病のような場合や、脳卒中などで脳がコントロールを失っている場合の発熱は、緊急の人為的解熱が必要でしょう。

>素人判断せず専門家にみてもらうのが一番でしょう。
素人判断は危険ですが、専門家もそうあてにはなりません。
上に見た、性急な解熱を戒める考えも、専門の医学がやっと最近になって到達してきた観点です。
野口整体は、数十年前からこの考えです。むしろ、「合理性」はどちらにあるか、明晰判明だと思いますが。

>点滴ききまっせー!^^
あは〜^^‥‥ご勘弁を〜。

ではでは、よいお年を!!
  • へうたむ
  • 2012/12/31 4:45 PM
へうたむさん、明けましておめでとうございますm(_ _)m
今年もまたよろしくお願いします。

高熱が出たのですねOTZ38度というのは結構きついですね。
そういう時は絶対安静にしておかないとだめなのでは^^;
自分はかなり具合悪いと全て嫌になってしまいますね。
そういう時はしっかり寝るようにしています。

熱に関しては、子供の頃に40度行ったことがありますがぐにゃりでしたね。
大人の場合もっときついようです。お気を付けください。

自分はもう個人院は信用できないですね。
一度酷い目に合うとそこには行きたくないですね^^;
  • 人修羅666
  • 2013/01/01 6:11 AM
人修羅666さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

いや、正直、キツいです^^。今日もまだ37度前後ありますので、回復とは行ってません。
常温が35.8度くらいなので、37度以上が5日以上続く今回の風邪は、ちょっと私の人生でも初めてクラスです。

記事やリコメに、もうシツコいくらいリンクしていますが、健康・身体に関しては、野口晴哉先生の考えに沿っていきたいと思っている者ですので、それだけの発熱の理由=必然性があるのだ、と思います。
熱が高い時は、必ずしも絶対安静というわけではないと思います。ただ、シンドくて何もできませんけど^^;。

>お気を付けください。
ありがとうございます。十分気をつけて、体調・体感に合わせてやっていきます。

医院・病院に関して、たしかに一度受診して悪印象だったところにはかかりませんね^^。
今回、私が病院へ行かない、というのは、病院へ行けば、何がしか、抗生剤など、症状を消す薬を注射・処方してくれるしかないわけで、それだと野口整体の「身体は必要性があって熱を出している」ということを無視してしまうことになるからです。
  • へうたむ
  • 2013/01/01 5:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM