<< いろいろ…。 | main | またコンデンサー交換…その他。 >>

ゴッサム再導入。

 う〜ん.... 月末の給料日まであと3万ほどで暮らさないと‥‥という時期に、さらにスピーカー・コードを。

 チャイナアンプのパーツを追い込んだあと、カナレ 4S8が予想外によかったので、「とすると…」と煩悩が再燃、ゴッサムのSPK2シリーズもいけるのでは、となり、SPK2×1.5m屐680円/m)はとても8m買えないので、1.0スケアの SPK2×1.0m屐覆世い燭400円/m)を注文してしまった。
 送料込み3,600円強。

SPK2x1.0 カタログ

 1.0m屬150WのアンプまでOK、という触れ込み。「オーディオケーブル市場」以外は、これしか扱っていないようだ。
 京都の、ゴッサムいちおしのショップ(今回の購入はここではない)に聞いてみた時、1.0m屬1.5m屬癲10m以内では違いはない、というお返事だった。

SPK2x1.0と4S8
左がゴッサム SPK2×1.0m屐右がカナレ 4S8。

 ゴッサム SPK2×1.0は 4S8と並べるとずいぶん貧相だが、スピーカーがそもそも Mercury F1Cなので、4S8は立派すぎる^^。
 被覆剥きはこの前の 4S8の時と同じくホットナイフで剥いたが、いちばん外側の黒い被覆にホットナイフを当てると、芯線の被覆までズブ〜ッと切ってしまうことになるので、外側はカッターで切れ目を入れて剥かないといけない。芯線はΦ0.15×56本。

 やはり、細いので「低音でないだろなー、買わなきゃよかったと思うかも…」とよくない予想をしながら、エルガー『愛の挨拶』(EMI外盤)を鳴らすと、低音、出る〜。
 この時、プリ→パワー間はいつものカナレ GS-6から L-4E6Sのピンコードに換えていた。

 以下、試聴ディスク印象雑記。CDP→プリ間はすべてモガミ 2534。

SPK2x1.0 試聴ディスク

 まず、4S8の時の印象との比較で、1)。バレンボイム/イギリス室内管弦楽団の弾き振りで、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番(EMI、1967年録音。海外リマスターの国内盤)。
 バレンボイムのモーツァルト:ピアノ協奏曲全集は、カートン入り外盤セットで安価に出たが、リマスターはされていないはず。このディスクは海外EMIの最廉価企画‘RED LINE’で、数枚のみこのシリーズでリマスター(ART)して出された。海外盤のRED LINEは録音データがないけれど、国内盤は解説シートに記載してある。

 このディスクは、改修後のチャイナアンプ+4S8では、弦、とくにヴァイオリンが押し付けてくる感じが強く、耳に圧迫感を感じていた。
 これが、ゴッサムで一聴改善、ずいぶん爽やかですっきり伸びた高弦になった。
 低音も出ている。この低音は、大栄電線50芯/1.25スケアとも比べものにならない。Belden 8470が1.3スケアほどであんなに低音が出た、というのに似た驚き。

 4S8との印象差をはっきり書けるのは今のところこのディスクだけだが、これだけで、ゴッサム再導入はほぼ成功という感じである。あとはSPK2×1.0に固定し、プリ−パワー間のライン・ケーブルを換えてみての印象記。

 3)は、兵庫のオヤジ殿も購入されている、バーンスタイン/ベルリン・フィルの伝説的ライヴ、マーラー:交響曲第9番(DG ORIGINALS)。
 プリ−パワー間をモガミ 2534にして終楽章を通して聴いた。もうアットウ的な音楽・音楽・音楽!
 聴いているほうにも言いがたいエモーションの奔流が湧き起こる。音楽というもので、これだけのものが表現できるのだ、という一つの極限だ。
 2534では低音不足では、と GS-6に換えて冒頭を鳴らしてみたが、GS-6は低音感が豊かながら、ほんとうのところは 2534がワイドのようだ。GS-6は、余韻というより音がにじむ感じがあり、それが短所にも好感にもなる。

 こんどは GS-6のまま、今までもほんとうによく聴いた、2)EMIのフォーレ:ピアノ四重奏曲第1番第3楽章の、夢のような音楽。
 東芝EMIの独自リマスターが、随所で聴きづらい部分も曝しているが、開始部分のチェロなんかは、とても美しい。メーカー品のアンプ、スピーカーで聴いていた時の不快な部分が、ずいぶん緩和されていて、1楽章聴くうちに深ぶかとした叙情にひたれる。

 4)は、モントゥー/ロンドン交響楽団によるチャイコフスキーの『眠れる森の美女』抜粋(Decca、1957年録音。ポリドール国内盤)で、音源の劣化がかなり進行していて、倍音がシャアシャアするのが耳障りだ。
 けれど、好きな音源なので、少しでも気持ちよく鳴らしたい。これは、2534だと情報が忠実に出てくる分、聴きづらい。これは意外に L-4E6Sがいい。

 5)の、バーンスタイン/ウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集(DG国内盤)から、第5番冒頭の「ジャジャジャ、ジャーン」。
 だいたいの音源で低音感の豊かな GS-6が、ここでは低域が薄く、全体に軽い。これも、意外に L-4E6Sが、低音感、音場感ともによく、当分これにしておこうかなと思った次第。フォーレの室内楽も、いける。

 というわけでして、これはなんかいいことあるかもしれんというくらいの快調ぶりでした^^。

 品種は書いていないが、ゴッサムのスピーカー・ケーブルへの讃辞を、また見つけた

 曰く、「They most definitely need burn in time on them. When I first put them together and fired them up they were harsh and shallow. Those bad qualities left pretty quick and the wires are sounding pretty darned good the more hours on them they get.」
(明らかにバーンインが必要だ。初めてつないだ時、キツくて薄っぺらい音だったので、はずしてしまった。その辺の欠点はけっこうすぐに消えて、時間が経てばかなりいい音になってくる。)
だとさ v(^_-)。

 こういうのにすぐ影響されるボクちゃんでした。

[追記−5.26未明]
 プリ−パワー間は L-4E6Sで、オーディオ的にベストな感触なのだが、ピアノの音が粉っぽく響くところ ― これは倍音が忠実に出ているものかとも思われるが、ちょっとナマナマし過ぎて、聴き疲れのする音ではないのだけれど、煩わしく感じる。

 オーケストラは 4E6Sが、彫りが深く、滑らかな低域もいいのだが、GS-6では若干ツルんとするのだが、ピアノだと GS-6で、心持ち余韻が付いたようなマイルドな艶やかさが出て、聴きやすくなる。
 GS-6でのオケや室内楽がダメというわけではないので、とりあえず GS-6に。

スポンサーサイト

  • 2018.09.24 Monday
  • -
  • 02:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんばんは。

ゴッサムまた入手されたんですね、以前の物はきゃーるさん宅ですか、オク行きですか。
でもかなり成功の様で良かったですね確かゴッサムの情報は私の所に訪問される「cd_sp78」
さんが使われていた記憶が。
購入はギャレットですか、ここが一番安いのですかね、
>細いので「低音でないだろなー」
私の印象でははかなり細い単線でも低音の量感に不足を感じた事が無いので
太い線は低音がだぶついて(多分歪)好きでは有りません。
へうたむさんが最近は落ち着かれて音楽に浸っている雰囲気が伝わってきます。
  • ウッド
  • 2011/05/24 4:10 AM
ウッドさん、こんばんは。

いや〜、いつもながらすごい時間にコメントいただきます〜^^。ウッドさんは昼夜逆転 or 超-朝型タイプなんでしょうか。
私もスゴい時間にリコメしておりますが^^;。

>以前の物はきゃーるさん宅ですか、オク行きですか。
オクに出し、ブログで存じている方でない方に落札されました。その方、「ブログ見てますよお〜」とのことだったので、知っているどなたかなのかもしれません。

>「cd_sp78」さんが使われていた記憶が。
はい。その記事を拜読したのも、再導入のきっかけです^^。
ギャレットさんは、399円/mと、1円安いだけですが、ポイントが使えたもので…^^;。

>私の印象でははかなり細い単線でも低音の量感に不足を感じた事が無いので…
なるほど〜。私の経験では、通常の細いケーブルはやはり低音不足気味な印象です。しかしゴッサムやベルデンはその限りにあらず、不思議です。
太くて低域が出るものは、おっしゃるようにだぶつく/締まらない感じがし、その部分は中域まで影響を与えるような感じもしますね。

お蔭さまで、そこそこいい線までいけたようです。最初、チャイナアンプは発振対策以外、いじる気持ちはなかったんですが、ウッドさんや音巴さんにそそのか…もとい^^、勧められて徹底的に追い込んで、ほんとうによくなったと実感し、感謝しています m(^_^;)m。

今後は音楽、ディスク中心の記事にシフトしようかと思ったり、です。
  • へうたむ
  • 2011/05/24 4:48 AM
こんばんは、私もSPケーブルを物色していました。
ゴッサムは気になっていたので…参考になりました。
私もあまり細い線は好きじゃぁないです。
WEの単線ってやつで、やっぱり低音でなかったし。
そもそも、そんなにWEの線が未だにあるのが不思議で…。
ゴッサムトライしてみましょうか。
ありがとうございました。
  • Nally
  • 2011/05/24 11:11 PM
へうたむさん、こんばんわ^^ノ

むむむ、@3万ですか。。。
日割りだと。。。

細いけど低域モリモリでましたか^^*
なんかムツカシそうなクラシックの
アルバムが並びましたね^^
マーラーの交響曲9番??
この中で、きゃーるのような初心者に
最適なものはどれでしょうか??

きゃーるはアナログカートリッジを
いっちょ狙っております^^
DL-301か中古のMC20あたりかなあ。。。
トランスもちょっとよさげな中古を
漁りたい気分です。。。
  • きゃーる
  • 2011/05/24 11:55 PM
Nallyさん、こんばんは。

ゴッサムは1回、カナレは2回失敗してます^^;;。
今回、やはりチャイナアンプにそうとう手を入れたことが功を奏しているのは間違いありません。

当初、デフォルトのチャイナアンプでは低域は出ず、高域は抜けはよくないのにきたない部分も耳について、スピーカー・ケーブルのよさを活かせなかったようです。
言い換えれば、どんなスピーカー・ケーブルも、なかなかよくアンプ以前の機器の素性を露わにしてくれるわけで、コワいものでもあります。

>WEの単線ってやつで、やっぱり低音でなかったし。
こういったことはほんとうにやってみられた方のシステム・嗜好・部屋などすべてが絡むようで、単線オンリーの方も多いのは承知していますが、“やっぱり”な面も否めないようですねー^^;。

今回のゴッサムの1.0スケアも危惧はしましたが、Belden 8470の時と同じく、不思議に低域が豊か(といっても Mercuryの限界がありますが)でした。
ゴッサムも1.5スケア(SPK2×1.5mm)が360円/mくらいなら注文していたでしょうが、680円/mですからねえ…。

SPK2×1.0mmなら、ケーブル市場さんでも400円/mなので、ディナール紙幣よりはず〜っと安全な投資かと存じますです^^。
プリ−パワー間を L-4E6Sとして、なかなかディープな世界が拡がっております。
  • へうたむ
  • 2011/05/25 12:51 AM
きゃーるさん、こんばんは。

>日割りだと。。。
急な出費があるとたいへんです;;。日割りだと1日4千円くらいになりますが、もちろんそんなには使いません^^;!

今日は、仕事先が震災を口実に講師控室のお茶ペットボトルを置かなくなった対策(最近、復活の気配^^)で、スーパーで78円のお茶、仕事場間の移動は60円安い経路で浮かし(ないしょ^^)、夜の仕事前にはファミマの100円セール中のおにぎり1ヶ、仕事がはけての夕飯は富士そばで550円のカツカレー。帰宅の途中にローソン100ストアで105円のホットケーキを買ってデザート(もちろん半分。残りは明日の朝食)♪ 計833円が今日のお小遣いでした v(^^)♪

ただ…明日は出勤用の回数券2セット、計3,600円が飛びます(T_T)。

クラシック、合わない方に無理にとは申しません。きゃーるさんは、カラヤン/ベルリン・フィルの「高い城」、「モルダウ」、「ハンガリー狂詩曲第2番」のアルバムなんか、システム調整にもいいんじゃないかと思います。

バーンスタインのマーラー:9番、終楽章のいちばんおいしいところは、ここ:http://www.youtube.com/watch?v=7r6DbdeorgE で聴けます。
ほんとうに、もう暮らしていけるのか、オレの人生ってナンなんだ、そしてこの東日本に今いるっていうことは‥‥等々の、捌け口もない思いを受け止めてくれる、そんな音楽、といったらいいでしょうか…。

>トランスもちょっとよさげな中古を漁りたい気分です。。。
アナログ‥‥夢の尽きない世界です〜。トランスもいいですが、こんなの:http://kandr.biz/product/audio/mc_headamp_type1.html はいかがでしょう? ここはエフェクターのキットが主流ですが、ローノイズ電源キットなども面白そうで‥‥宝くじ当たったら1台作って きゃーるさんに送りますが…。

そうそう、(もし^^;;)余裕ができたら、ラステーム RSDA202のキット(www.comfadio.com/SHOP/CF0010-0012S.html )なんかも興味あったり‥‥ゴッサム SPK2×1.0mmは、1.0スケアなので、RSDA202のプアなバネ端子でも入りそう、とか…(^^;;)。
そ、それから、ゴッサムのラインケーブル:GAC-2 PURとかも、アンフェノールのプラグで…。 夢のまた… (^m^;)
  • へうたむ
  • 2011/05/25 1:27 AM
へうたむさん、こんばんわ^^ノ

>単線オンリーの方も多いのは承知していますが、“やっぱり”な
>面も否めないようですねー^^;。
あんですってー!!
メインSPの後ろに入るのは難易度高いので、
一度つけたケーブルをずっと使っているというのも
ありますが、単線もいいですよお!!

今までお茶のペットボトルの支給がありましたか!
ウチは給湯器があるだけですよ!
そうそう、最近××食堂といった名前(××はその地域の名前)の
フランチャイズ方式の定食屋さんがありますよね?
そこのとんかつ定食はお値打ちですよ^^
あげたてのとんかつと味噌汁とご飯とキャベツ盛で490円^^
ボリュームもあって中々おいしいです^^

>クラシック、合わない方に無理にとは申しません。きゃーるさんは、
>カラヤン/ベルリン・フィルの「高い城」、「モルダウ」、
>「ハンガリー狂詩曲第2番」のアルバムなんか、システム調整にも
>いいんじゃないかと思います。
猫:小判=きゃーる:クラシック
ということですね!
ということは、
小判×きゃーる=猫×クラシック
というわけのわからない展開になります!
おお、マーラー試聴できますか^^
今寝床の中でごそごそノーパソ打ってるので
明日聴きます^^

これはオペアンプをつかったヘッドアンプでしょうか??
FETだと選別とかあって面倒ですよね^^
色付けのない音いいですねえ^^
イコライザの個性を楽しみたいのでヘッドアンプは
味付けがないほうが私はいいですね^^
宝くじ!
10枚通しで買えば1枚はアタリます!
ラステーム!
じゅてーむ!みたいでムズムズしますが、
面白そうなアンプですね^^
あう、もう寝る時間です(T_T)ノ
  • きゃーる
  • 2011/05/26 1:49 AM
きゃーるさん、こんばんは^^。

単線の件、やっぱり Nallyさんに同感っぽいです;;。

>今までお茶のペットボトルの支給がありましたか!
予備校でも、あまりそういうところはないようなので、その面はよかったほうかも。まあ手取り時給1,700円〜の採点指導講師が集まるところなので、ペットボトルくらいあってもバチは当たらないんじゃないでしょうか^^。

今日は帰ってご飯を炊き、残りのおかずで夕飯食べました^^。買物はおつまみ(クラッツ)108円と、ヤマザキのホットケーキ補充はセールで78円、計186円也♪

>猫:小判=きゃーる:クラシック
?? あ、クラシックのわかる猫ちんが基準ですね^^。「高い城」、いい曲でしょ〜う! 私も好きです。「ハンガリー狂詩曲」冒頭のブ厚〜い弦合奏、オーディオのテスト用としてもなかなかだと思いますけど。決してビギナー向けというわけではないと思います。私だったらドイツ盤が欲しくなりますが^^;。

ヘッドアンプ・キットは内容がいまいちわかりませんが、ローノイズ・オペアンプみたいです。

RSDA202は、ブラインド・テストでアキュの300万ペアよりいい評価を得たこともあること(http://www.medianetjapan.com/2/20/music_audio/blind/amp_blind_test.html )で知られています。

― 今日は、4E6Sだとちょっと‘見えすぎる’感じがわずらわしくなり、GS-6にもどしました。あ、私も風呂入って寝なきゃ^^。
  • へうたむ
  • 2011/05/26 2:30 AM
へうたむさん、こんばんわ^^ノ

今日も華さん食堂で、とんかつ定食を食べました^^;
これが490円で安くておいしいです^^
カツもあげたて^^
ttp://alike.jp/restaurant/photo_item.html?tenant_id=1092852&tenant_photo_id=54102

単線ねえ。。。
特に拘っているわけではないのですが、
あまりとっかえひっかえするのは面倒なので。。。
WEワイヤーは日本で重宝がられているだけかもです^^;
275の内部配線もWEのワイヤー結構使われていますね^^

>クラシックのわかる猫ちんが基準ですね^^。「
あ! 苦しいフォローですね!
>ドイツ盤が欲しくなりますが^^;。
録音が良いのでしょうか?^^
結構プレミア価格の悪寒。。。

ヘッドアンプキットもよさそうですが、
実は週末DENONの昇圧トランスをオクで
ぽちってしまいました^^;
これですおーん^^*
ttp://audio-heritage.jp/DENON/etc/au-340.html
日曜日に届く予定です^^
DL-103Rフッカツなるか><
現在ウチではMMのV15type3がメインカートリッジの座に
居座ってます^^;
今更ながらV15素晴らしいカートリッジですね^^
単にジャズ向きといったカートリッジじゃないです。

>ブラインド・テストでアキュの300万ペアよりいい評価を得たこともあること
これ2chのコピペで有名なやつですね^^*
だからオデオは面白いと思いますし、9800円のアンプにも夢があります^^
  • きゃーる
  • 2011/05/29 2:25 AM
きゃーるさん、こんにちは。

いや〜、今日も4時近くまで寝ました〜‥‥が疲れ取れません><;。

華さん食堂! おいしそ^^。でも休日にこの夕食はちょっとカロリー多いかも、とか。私もカロリーは取りすぎなんですが…。
華さん食堂ってHPはないんですね。あ! 小郡店はモーツァルトの流れるお店! とか。→ ttp://saganono.sagafan.jp/e60530.html

東京圏でいちばん安いメニューだと、Sガスト^^。→ ttp://www.skylark.co.jp/s_gusto/menu/index.html
金、土はここでした^^。

ケーブルは、私もその品種が評価を受けているから、という理由が大きいかもです。
ゴッサムは、あの創業者のイメージが強烈なのもあり‥‥でも、いい音出てますよ〜。

>>ドイツ盤が欲しくなりますが^^;。
> 録音が良いのでしょうか?^^
いえいえ、「録音」は、同じです。ドイツグラモフォンに関しては、一時期以降、メタル原盤のカッティングもドイツで行なっているはずなんですが、ドイツ・プレスのほうが音が落ち着き、フラットで品位が高く感じました。
カッティングも日本で行なっていた(と思われる)国内盤(キングの LONDON、東芝の EMI、等々…)は、確実に元レーベルの外盤のほうがよかったです。

昔も高いカートリッジは使えず、メーカー製プリアンプも持ったことはありませんが、アナログ・ディスクに関してはちょっとウルサいんです^^。
それゆえ、資力の完全になくなった現在、むしろCDオンリーでそこそこの音が聴ければ、と思う次第です。

立派なアナログ・プレーヤー、カートリッジ、プリアンプなどを揃えながら、盤のカッティング(CDのマスタリングに相当し、きわめて重要)にあまり関心を持たず、国内盤をありがたく聴いておられるマニアを拝見すると、大‘?’です^^。あ、また言い過ぎちゃった^^;。
ただ、邦楽ポップスは「国内盤」しかありませんし、高級なカートリッジやプリアンプで音作りすれば、いい音にもなり、それはそれでやりがいのあるオデオでもあることは認めます^^。

>これですおーん^^*
お〜^^/ 行きましたね〜!!
これで103系(電車みたい^^)と V15系が両方活躍^^♪

9,800円デジアン、おサイフに余裕ができたら、ですが、まあムリでしょう(最近、小指に下にちょっと線が ― 財運線かな、とか妄想^^)。
とりあえず、チャイナアンプ(改)+ゴッサムでそこそこ鳴っているのでこれで。Mercury F1Cも当初の期待以上に鳴ってくれていると思います。
  • へうたむ
  • 2011/05/29 5:27 PM
へうたむさん、こんばんわ^^ノ

夕方4時まで寝ましたか!
華さん食堂は関東にはないのかな??
こちらでは結構あちこちにあります^^
リンクで貼ったお店は私の住んでいるところから
全然遠いところです(爆)
100k以上はなれているかも。。。
Sガスト!
これ中々オトク感がありますね^^
ハンバーグ&海老フライ定食おいしそう*^^*
でも福岡にはないのかな(T_T)
ケーブルもはやりブランド品みたいな感じで
なにかでいきおいが付くとお高くなりますね^^*
きゃーるとしては、グラムいくらで商売して欲しいです(汗)
ふむふむ、海外プレスのほうが音がいいんですね^^
ヤフオクで狙ってみようかしら^^*
アナログはまだ入り口でウロウロしている
だけなのであまり良く分かりませんが、
録音のいいのとか結構高値で取引されていますね^^
安くてお手ごろなのがあったらひとついってみたいと
思います^^
MCトランスゲットで103Rもフッカツできそうです^^
V15はかなりシビアなカートリッジなので、
103Rのほうが鳴らしやすくていいですね^^
うちのタンテでもどっしりとした音するし^^*
ラステーム見送りですか(T_T)
ラステームっていうのは名前の響きがイマイチですね。。。
ジュテームとか(汗)
なんかムズムズする語感です。。。
車ではイプサムとかフーガといった名前が苦手。。
フーガは恋のフーガを連想してしまう><
  • きゃーる
  • 2011/05/31 1:31 AM
きゃーるさん、こんばんは。

>Sガスト!
>これ中々オトク感がありますね^^
オトク感あるんですが、胃にもたれるメニューだったりも^^;。店舗によってご飯大盛り無料のところがあり、仕事がすんでお腹すいてたときなんか助かります^^。「マヨガリ竜田丼」とか。

>アナログはまだ入り口でウロウロしているだけ…
C22、GT-750、V15まで行ってる人が「入り口でウロウロ」はないですぞ〜 (`m´+)/~ ‥‥もう十分奥の院ですよ!

>ふむふむ、海外プレスのほうが音がいいんですね^^
そのレーベルの地元、つまりそのメーカーで作ったものがいちばんです。アナログですから、他国の契約会社に出したマスターは、ダビング回数の多いテープになるはずですし、元レーベルのポリシーも伝わりにくいはず。
ドイツ・グラモフォンやPHILIPSのフランス盤は、音よさそうで高値も付けやすそうですが、「フランス国内盤」に過ぎず、避けたほうが‥‥というようなナンチャラカンチャラは、いろいろございます^^。
これでも、かつては内外取り混ぜて千枚近くは音を吟味した人間ですから、クラシックには一家言ありますよ〜‥‥なんちって^^;ゞ。

ラステーム‥‥けっこういい響きだと思いますが。ムズムズしますかぁ〜~~;。

>フーガは恋のフーガを連想してしまう><
フーガは、元は「逃げる」の意味のラテンかららしいです。「遁走曲」と訳します。「逃げる」から「追いかける」のか…。
バッハの大傑作『フーガの技法』などいかが?

‥‥当方は、ゴッサムで低音が出すぎっぽく、チャイナアンプの負帰還接地コンデンサーを、100μF(エルナー RBD)から、また MUSE ESの47μFに、さっき交換したところです。
  • へうたむ
  • 2011/05/31 3:34 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM