<< 年末嗟嘆 2009 | main | まんが (^^) >>

Yahoo!フォトURLの勝手変更。

表示できません ここに書いたオーディオ系記事のいくつかには、画像にリンクを持たせ、別途《Yahoo!フォト》にアップしたサイズの大きい画像を表示できるようにしたものがある。
 今、そのひとつをクリックしたが、「Internet Explorer ではこのページは表示できません」画面になる。ま〜た IEのトラブルか、と Firefoxであけて、クリックしてみたがおんなじ。

 で、Yahoo!フォトにログインして自分のアルバムを開き、最も大きいサイズの画像(ここに使ってるやつ)のプロパティから、画像URLを見たら、違っている 画像URLが、ユーザーの知らない間に変更されていたのだ。
 下に例示してみたけれど、Yahoo!フォトの画像URLは、通常の「〜.jpg」「〜.gif」というような画像ファイル拡張子で終わらず、サーバー表示も「
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/〜」となるように、どうやら複雑なプロキシ・サーバー経由で、元画像がどこにあるかわからないようにされているらしい。この辺は、まったく素人なのでわからないのだが、その辺のサーバー構成を Yahoo!のほうで変えたので、画像URLが変わってしまったのだろうか。

 例を見てみる。「DAC基板キット 第2弾 ― 試聴記」の冒頭画像:
  ↓
DAC1794-1.5、外観
の大きいファイルだが、当初、Yahoo!フォト・サイトで取得し、当該エントリに貼り付けたURLは、下記:
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/495a4dee_3f22/bc/d888/__hr_/9e84.jpg?bcgvBALB5jEfz_1y
で、クリックすると表示されていたが、これが、下記:
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/495a4dee_3f22/bc/d888/__hr_/9e84.jpg?bcDlqjLBTsPlz_1y
に変わっていたのである! 赤字の部分が変更点。

 まったく、ユーザーを愚弄しきっている。アホ!!

 たぶん、仕様上&ビジネス上、こうするしかないんだろうし、Yahoo!ブログの利用者などには、一括しての自動URL書き換えなどをしてくれているのかもしれないが、ちょっとヒドいという感触を持つ。ITサービスの特徴ではあろう。ここに書いている人がいるし、去年の記事だから前からある仕様なのだろう。

 今夜は別の記事でもアップするか、早く寝るつもりだったのに、トンでもない災難だった。

スポンサーサイト

  • 2018.07.23 Monday
  • -
  • 03:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
へうたむさん、こんばんわ^^

ヤフーはアクセス負荷が高いので、プロクシは
当然使っていますし、1台ではなく、ロードバランスも
していると思います^^
設定変更でもやったのでしょうね^^;
私もこの業界の人なので、耳が痛いです><
コストの制約があって、ベストエフォートが
当然な業界で、そこそこのシステムになると、
どこかにしわ寄せが必ずあります^^;

今、ICアンプでD-112Eを鳴らしています^^
パワーON時のポップノイズはないのですが、
パワーOFF時604だと、ボンとすごい音が
するので、危なくてスパークキラー付けるまで繋げないです><
D-112Eだと、プッというくらいで全然大丈夫です^^*
しかし、D-112Eいい音しますよ(T_T)
やはり球アンプじゃ鳴らしきれるものじゃなかったんだorz
ONKYOのA-973より更にドライブ力があります^^
  • きゃーる
  • 2009/12/05 12:47 AM
きゃーるさん、こんばんは。

これには、メッチャ腹たちましたが、無料サービスの‘ベストエフォート’ですから、仕方ない部分も見ておかないと、ということは理解しているんです。しかし、Yahoo!フォトを使ったブログ、HPの画像URLをすべて書き換えるのは…^^;。あそこは1点の容量が大きい画像のアップを許可しているようなので、JUGEMですぐ満杯にならないように使っていたんですが。

>パワーOFF時604だと、ボンとすごい音が…
LM3886は、ON/OFF時のポップノイズがないことが自慢なんですが…オペアンプ回路に由来するのか、あるいは、DCカットのコンデンサーが入っていないからか…。不審な点があれば、リリース元に遠慮なく聞いてみられては?

私は今日は、ウーファーのコイルを、ベイサイドさんから届いた1.8mHの Jantzen P-コア入りコイルに交換していました。中低域のボワン感が減るかとやってみましたが、ほんのちょっと、でした。それでもバランスがよくなり、小さいのにエラくワイドレンジなスピーカーになりました…。
オーディオワークスさんのほうは、今日発送した、とメール^^。
  • へうたむ
  • 2009/12/05 1:43 AM
へうたむさん、こんばんわ^^/

今日は携帯で書いてるのでうちにくいです・・
ボン!の件はプリが原因でした(^^;
ヤレヤレ・・
で、先ほど記事をアップしました^^
なんかめちゃくちゃ音の良いアンプなんですが(^^;
D112とか水を得たように鳴ります!
へうたむさんのパーツも、そろそろ届く頃でしょうか^^
  • きゃーる
  • 2009/12/06 2:01 AM
きゃーるさん、どうもです。

ノイズの件、原因がわかってよかったですね。
私のほうは、今日届きました。オーディオワークスさんのは、小さな基板にLM3886とCR類(ケミコンはMUSE)、それにピン、と簡素なのにあの値段は高価です〜^^;。しかし、不要なオペアンプ回路がないこと、データシートにあるパーツはすべて実装できる穴があること、などでこれが私の需要にぴったし(だと思う)なのです^^。
  • へうたむ
  • 2009/12/06 2:39 AM
へうたむさん、こんばんわ^^

今日は少し組み立ててみたのでしょうか^^
完成が楽しみですね^^
LM3886アンプは音がフラットかなと
最初感じましたが、結構低域でてますね・・・
今日はプリなしで自分なりに比較してみたりしました^^
明日はDF変えて変化を楽しもうかと^^
では、おやすみなさい^^/
  • きゃーる
  • 2009/12/07 12:52 AM
>今日は少し組み立ててみたのでしょうか^^
まだですぅ〜^^;。もう少しパーツを買い足すつもりです。旧アンプの中を見てみて、その上でヒートシンクが使えるか、スペーサーの長さは、など検討する必要があります。

今日までのところは、スピーカーのウーファー側のコイル交換にすったもんだ^^。新記事、アップしました。
  • へうたむ
  • 2009/12/07 3:00 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM