パソコンのバッテリーを交換

 NECノートパソコンの、新しいバッテリー、届きました♪

代替バッテリー

 間違えないように白い付箋を貼っつけてあるのが旧品。
 シリアルが違う以外、全く同じ。
 ただし、装着時に右端がちょっとつかえる感じ。

バッテリーの通知

 旧品で、充電ランプが点いたままの状態だと「電源に接続:充電していません」だったのが、「84%が利用可能です (電源に接続:充電しています) 」と変化。
 もちろんこのあと、「100%」になり、充電ランプは消灯。

 こころなしか、パソコンの動作が軽快になったような‥‥のはプラシーボ効果でしょう。

 互換バッテリーだと4,000円くらい、純正品は15,000〜16,000円ほどにもなり、互換品でいいだろうとは思ったけれど、定格の電圧がいろいろ違ったり(純正品は11.1V、とある)、で探していたら、楽天内のこちらは、9,000円弱で売っていた。
 半額近いのは助かる、と思って、ポチり。

 パソコン自体が2012年5月製なので、オリジナルだとしたら6年めということになり、当初、業務用で使っていたとしたら、まあまあ寿命でしょうか、というところか。
 旧品は、ヨドバシで無料引取りしてくれた。

 やれやれ。火災警報機も交換、PCのバッテリーも交換…。

 で、さて‥‥例のブツ、注文しちゃいました;;。日曜夕刻の到着予定。

現用ブラウザ…。

 ウェブ・ブラウザは、Chromeベースの 《SRWare Iron》を、「規定のブラウザ」にしている。
 Chromeと違うところは、ユーザーの使用情報を開発元に送信しないことだ、とか言われていたので使っている。

 旧PCでは、メモリが極少だったこともあってか、《SeaMonkey》がベストだったが、現PCでは、IEでも Operaなどでもたぶんさくさく動くと思われる。
 Ironは、Chromeベースなので、常にその最新版が、Chromeより古いということになる。
 というわけで、Googleサイトでは、「古くなっているので更新しましょう」という警告が出る:

Googleの警告

 更新するというのは、つまり Chromeに乗り換えるということなので、これは無視するしかないわけである。
 あ、検索内容は気になさらないように‥‥(小笑)。

 それと、SRWare Ironの最新版(現在 67.0.3500.0)にしたところ、YouTube動画の左に黒いエリアができ、動画画面が右のサムネイルに被さるようにもなってきた:

YouTube

 もっとも、観たい動画はだいたい全画面で観るので、問題ないのだが‥‥ IEでは、以前同様、黒部分もなくサムネイルにもかからない。
 あ、動画内容はお気になさらず‥‥(中笑)。

PIXUS iP8730、到着。

 キヤノン PIXUS iP8730、来ましたぁ〜。

外箱

 思ったよりコンパクトな箱‥‥ではあるが、やはりデカい。
 この反対側は、プリントを排出している図。

テスト・プリント

 セッティング&初期化完了、テスト・プリントOK。これで、ドライバ、その他をインストールしたパソコンとつないで使用可。

 旧・BJ-S6300の時は、ブットいUSBケーブルを、印刷の都度、パソコンにつないで印刷する、という形を取っていた。
 じつは、ほんとうは、15年に転室した時に、フラットなUSBケーブルを仕入れて、居室とキッチンの間の敷居部分に通し、パソコンと常時つないでおける形にしたかったのだが、その作業がメンドウだと感じて、ケーブルをつけはずししていた。

 いちおう、ケーブルは調達してあった。

フラットUSBケーブル

 アクロス AEC-UF5である。
 フラットなタイプの、それも数mの長さのものは、店頭ではなかなか見かけない。
 ビックやヨドバシの店頭で、ネットの商品ページを刷って持っていって聞くと「あ〜、こういうキシメンみたいなタイプね、これはないですねえ」と言われた。そう、キシメン・タイプ。

 約3年放置してあったケーブルを、本箱や衣装ダンスのうしろを通す形で、本箱の転倒止めネジをはずしたりして、通してみた。

敷居のところ。

 若干戸ぶすまを閉じた時に隙間ができるが、これで風が入るということはないだろうと思うし、強風日にすーすーするなら、スキマテープを張りませう。
 また、戸の開け閉めの衝撃で、ケーブルの中の線が断線する可能性もゼロではないが、そうなればまた考えよう。

 iP8730は無線LANが可能なのだが、パソコンに無線LAN機能はない。
 CATVモデムとは有線LAN接続だが、CATVモデムに無線LAN機能がある(現在、無効化中)ので、パソコン ―[有線LAN]→ CATVモデム(=アクセスポイントとして使う) ―[無線LAN]→ iP8730 という経路は‥‥可能なんだろうか、無線LANの知識がないので、今は不明;;。

 さて、当方のぱひょこん内の画像を‥‥刷れました^^;;。
 電源タップは、先日買った、パナソニック WHA2524WKPに換えた。元のものもナショナルで、タップ部分は全体がモールドで、しっかりした1,500W用だった。

プリント・アウト

 元画像が粗いので、粗〜い絵。ま、こんなのばっかり刷ってるわけでも‥‥なくはない、か^^;;。

 印刷時の機械音が大きいというレビューもあるが、前任機:BJ-S6300の時とほぼ変わらないので、問題なし。
 この機種と酷似した、ビジネス用機で、iX6830というのがあり、比較記事もある。
 ほ〜んの少し iX6830のほうが幅が狭く、実勢価も2,000円ほど安いのだが、iX6830のほうのレビュー(Amazonと価格.com)に、初期不良・初期故障が多い、という理由で、iP8730を選んだ。
 iP8730は写真好きへのアピールも大きく、ボタンなどのデザインは PIXUS Proシリーズに似せてある。グッドデザイン賞受賞作でもある。

 この機会‥‥ナンの機会? 散財の機会!! に、ドライバが使えなくなっているスキャナ:キヤノスキャン D1250U2に代わって、安価品の定番らしい、エプソン GT-S650もネット注文した。

 D1250U2は、まだ動作すると思うが、汎用スキャナ・ドライバ VueScanは、けっこう高いし、そっちを買ってスキャナが壊れたら、けっきょく買い換えである。
 GT-S650は、CISになるので、CCD撮像の D1250U2にもうしろ髪を引かれないでもないが、GT-S650はUSBバスパワー利用というメリットもあり、軽くて小さいスキャナでヤフオク出品しやすくするというのも、ありだ。

 D1250U2も、2001年11月購入。この月には、生まれて初めてのパソコン、富士通BIBLOノートが157,290円、プリンタ:BJ-S6300が43,470円(5年延長保証)、スキャナ:D1250U2が13,971円(5年保証加入。ただし利用せず)‥‥約22万円がすっ飛んだ。
 今回は、パソコン(これは一昨年)が中古ではあるが高性能で、36,000円。プリンタ:24,800円(5年延長保証、送料税込み)、スキャナ:8,631円(延長保証なし)、計約7万円。1/3である。

 そうだったから、というわけではないが、年末に買ったコーヒーメーカー:カリタ ET-102で淹れるコーヒーが、あまりに香りがないので、書いていたように、象印 EC-TC40も注文した。

 そ〜れにしても BJ-S6300、約15年間、途中2回、延長保証修理をはさんで、よくまあもってくれたし、教材用プリントも、や〜っまのように刷ってくれた。これはもう感謝。
 パソコン、プリンタ、スキャナの3点セットで15年持たせるというのは、まことに貧窮のなせる業/技でありま〜す;;。あ、DSLモデムは13年、か。

プリンタ、壊れました〜;;。

 プリンタ、壊れましたぁ〜;;。
 電源スイッチ兼パイロットランプが、緑と橙に交互に点滅を始め、これは要修理状態ということで、いよいよ交換(訂正:電源ボタンとランプは別でした;;)。
 先代ノートパソコンと同じく、2001年11月、秋葉原ツクモで買っている。

 キヤノンのA3ノビまで対応のインクジェット:BJ-S6300。
 43,470円也。5年延長保証を付けてのお値段のはず。この延長保証は、当時仕事で使うかなりの量のカラー印刷、それもB4判をよく刷っていたので、途中、2度利用することができて、実に助かった。

BJ-S6300

 6階に転室してから、色ズレがひどくなり、調整しても改善されず、だましだまし外出先の地図・案内などを刷りつつ、ついに寿命とあいなったようだ。
 幅50cmを超えるので、市の基準では有料の粗大ゴミになる。500円であるが、まあしょうがないでしょう。
 満17年間、よく動いてくれたものだと思う。

 で、新機種導入で、とりあえず入院などの出費はなく、予算はあるっちゃあるので、ま〜たまた朝までネット漁りである。

 キヤノンはぼちぼち卒業して‥‥エプソンあたりに、となると、複合機しかない。
 EP-979A3。

EP-979A3


 A3印刷可の機種としては小型で、何やらえっらく多機能だ。
 これはこれで、ドライバが Windows 7では使えない キヤノスキャン D1250U2の代替の役も果たすし、と調べつつ、A3(ということはB4も)の背面手差しが、1枚ずつ機器の準備ができたときでないと取り込まないのが不便、というレビューが多く、躊躇する。

 で、探していたら、EP-979A3の、イメージ上、ワンランク上の機種という、EP-10VAというのがあった。

EP-10VA

 こちらには「エプソン究極の1台」とあり、こちらには、「カラリオシリーズのフラッグシップモデル」とある。

 フラッグシップモデル!! 40万円ではない、4万円ちょっとで、「フラッグシップモデル」が買える! 「フラッグシップモデル」なんて、オデオの世界では触れたこともない。
 写真印刷のクオリティ+コスト低減にとくに注力した、写真家のセンセイ方も絶賛のモデルらしい。

 が! やめましょ‥‥。幅はすさまじくコンパクトだが、奥行きがちょっとキツい。とくに、背面の給紙サポートや、全面の排紙トレイを展開した状態で、最大76cmくらいになるので、ちょっと今の激-狭キッチンではうっとうしい。
 それに、私は写真・画像を、とくに印刷して楽しむ人間ではなく、そういった機能が活きるような人間関係もない。

 ということになると、BJ-S6300を、そのまま継承したような、キヤノン PIXUS iP8730に落ち着く。
 なんでA3対応機を探すかというと、もう仕事でB4の教材プリントを刷ることは一生ないとは思うが、オーディオ機器のサービスマニュアルの、回路図を刷りたい時があるかもしれないから、なのです。

iP8730

 6300よりさらに若干幅が大きくなるが、テレビ台に乗りそうだし、背面給紙サポートを展開 ― 少し壁に当たる部分は立てておいてよいはず ― しても何とか使えそうである。
 当然、スキャン機能はないけれど、こちらは、エプソン GT-S650を買うことにしませう。
 17年前にプリンタとスキャナで57,000円の買物だったものが、3万円ちょいで買える。

 ‥‥エプソンの複合機は無線LANが使えるので、ではCATVモデムをアクセスポイントにできるのかな? ‥‥とか考えているうち、CATVモデムの常時通電を考えてもいいな、ということになり、電源タップ利用はやめて、ELPAの雷ガード付きプラグ(1口)だけを介して壁コンに常時挿しておこう、という形にしてみた。

ELPA雷ガード・プラグ

 雷ガードが破損していないうちはLEDが点灯している。幅も少し広いので、下のコンセントに刺してあるトラスコの2.0sq延長コードのプラグと、オーディオテクニカのタップのプラグ、両方とも埃がかかりにくくなってよいかな、というところ。

 この前の経験で、壁コンにタップをたくさんつなぐのが、どうもあまりよくないような印象を受けたので、こうしてみた。
 CATVモデムは、ブラウザのマネジメント画面から、LEDを消灯した(電源パイロットのLEDだけ点灯)。
 ずっと通電していると、そこそこ暖かくなっている。

雷ガード、使用


 キヤノスキャン D1250U2は、本体はまだ動くと思われるが、Win7上で使う時のための、汎用スキャナドライバ VueScan(Hamrick Software社)はけっこうお高いので購入せず、もう手放しましょう‥‥こっちは無料の「小型家電」で捨てられる。

 で、先日のパナソニックのタップを、台所に置くプリンタ用に使う、ということで。
 コーヒーメーカーも、ど〜っにもマズいカリタから、象印に替えてみよっかな〜、という気持ちに。

 とはいえ、買物は「現用品が使えなくなって、しようがなくて買う」が基本。○○ノミクスなんて無縁も無縁、いいところである。

 そうだ、明日はオンキヨー C-7030をサポートに発送しなきゃ。← 着払いでいいとのこと。これは親切〜。
 それに、粗大ゴミ依頼も〜;;。

昼間にメンテ、でした。

 お昼に、いただいたコメントにリコメしようとしたら、メンテ中、で、コメントを入れられない。

JUGEM、サーバー移設

 サーバー移設とのこと。
 メンテというと、深夜時間帯が多いが、珍しく真っ昼間、それも、最初の予定を変えたと見え、取り消し線で消して日程を書き直している。

 サーバー移設ということで、ハードウェア関連の大がかりな作業になるので、これはしようがないだろう。
 新サーバーに移動して動作が快適になれば、さらにいうことはない。

 駅のトイレ掃除やエスカレーターのメンテなど、電車の運行終了後にやってもらえたらこの上なくありがたいが、それは、働く人の労働環境のますますの悪化に直結することでもある。

 そんなことを考えていたら、こんな記事を見つけた。

 書いている方は、この、「さくら」の管理を、むしろブラック企業に対する「ホワイト企業」的なもの、として、自身の仕事に関しては被害をこうむったものの、どちらかというと、あるべき姿と捉えている…ようである。
 従業者が、現場でできるだけ無理をせずに作業をすませられたらそれに越したことはない、そのための若干の不便はお互い少しずつがまんするのがいいだろう。

ネット不通と、モデム交換、など…。

 4月末に、インターネット(J:COM)接続不良が発生し、来てもらい、宅内外・全コネクター類の交換となり、改善された。
 先月末に、深夜から2時間ほど、つながらないことがあり、サポートに電話すると、その時間帯、設備に不具合が発生し、一帯の J:COMネットが障害を発生していたとのことで、これは来てもらっても仕方がないので、そのままにしていたら、今月になってまた30分〜2時間くらい接続しない状況が発生し、ケーブル・モデムの交換とあいなった。

 今までのは、ブロードネットマックス社の BN-MUX BCW710J2というもの、交換後の機種は、HUMAX HG100R-02JGというもの↓。

ケーブルモデム

 同棟内の他のユーザーは、だいたいモデムは常時通電しているということで、使用終了ごとに電源プラグを抜いて電源を落としている拙宅の場合、接続の正常・異常の判別の資料になる接続時間が少なくて、長時間を通しての接続状況診断がしにくいという感じだった。

 ADSLの時は、クリエイティブのモデムの消費電力は極めて少なく、ほとんど熱を持たなかったが、ケーブルに変えてから、BN-MUXのものでも、ACアダプター、本体ともまあまあ暖かくなるので、消費電力=電気代を気にして、すぐ電源を落としていた。

 BN-MUXのモデムは、電源プラグを差し込む際に、かなりの火花が出ることが多く、起動時の突入電流(ラッシュカレント)がそうとうあることを示した。もっともこれは、ACアダプターの設計かもしれないが。
 こんどの HUMAXのは、ACプラグ差込み時の火花はなく、他方、LEDの輝度が高く、まぶしい(画像は、GIMPでちょっといじってます…)。

 旧モデムに不調が発生していたとすると、電源の頻繁なオン/オフが影響していたのか?
 BN-MUXの取説には、消費電力は15W以下、とある。
 HUMAXのほうは、「かんたん! セットアップガイド」しか、J:COMのサービスマン氏は置いていかなかったが、これにも、ネット上にある設定マニュアルにも、消費電力の記載が見当たらない。

 HUMAXのモデムは、縦置きにすると、私の居る側にLEDが向き、見やすいけれど、常時通電にすると、寝る時などウザッタい。
 さて、どうすべいか。

 常時通電する場合、モデムの設定(ブラウザから)で、LEDを電源ランプ以外、消すことができるので、そうするか…。
 とりあえず、設定画面から、ワイヤレスとUPnPだけ「無効」に切り換え、常時通電にする場合は、LEDも消灯しましょう‥‥。

ワイヤーストリッパーと刷毛

 ワイヤーストリッパー、ベッセル No.3500E-1、買いました〜。

 それから、スピーカーのダイヤフラムを、傷めないように軽くお掃除するために、カメラのレンズ用ブラシを購入。
 ネット上の検索では、エツミ E-147というのがよさそうだったが、店頭で手に取って見ると、ひとまわりサイズの小さい、リップスティック・タイプのE-146のほうが使いやすそうだったので、こちらを。

 2つで約2,000円の出費。
 このところは、週1日の休みの日曜は、疲れてはいるし、ネット不通対策とかなんとかで、以前からの環境で音楽を聴くことしかできてません。
 ま、それでもなかなかいい音なんですがねえ。音源も、それはそれは世界遺産級が目白押しのライブラリーが目の前にあって‥‥。

 スピーカーケーブル交換は、まだちょっと先? ‥‥

PV、また急上昇! …しかし。

 拙ブログへのアクセス=PVを、けっこう気にしつつ見ているのだが、このところまた異様に増えている。

PV急増

 今週の月、火は、2,000を超えるという、これもう異常。

 で‥‥何かあるのか? と探ってみる‥‥無料サービスだと使えるツールが限られるが、とりあえず「リンク元」を見てみる。と…

リンク元

 検索サイトも多いけれど、拙ブログの http://bluegourd.jugem.jp/?eid=729 が圧倒的な上位を占める。
 ふむ〜‥‥NHKか…。

 しかし、そんなにNHKの請求のことを検索する人が多いのだろうか?
 たしかに、Googleで、「NHK 返送 封筒」で 検索すると、拙ブログの当該記事が上位に出てくる‥‥のではあるが…。

 いやはや…;;。

 当該記事では、そして私のNHK受信料に対するスタンスは、「受信料を払わない視聴」には反対なので、受信料支払いの反対派 or 不要派とは相容れない。
 加えて、番組のクオリティ面でも、最近、よそ様のブログから得る情報では、《NHKスペシャル》などで、秀作が制作・放映されているようで、NHKの番組作りには賛意を感じるものなのである。

 それでも、視聴している人を含む多くの人が、やはり受信料を払いたくないというのが事実なのかもしれない。

 ともあれ、拙記事を閲覧される方それぞれの意図・意思は異なるだろうし、せいぜい「へぇ〜、NHKの営業の姿勢に疑問を感じている人は多いんだな」と思うのみである。

 『朝日新聞』について、「インテリが作ってヤクザが売る新聞」という言い方を聞いたことがある。
 NHKにもそういう、制作サイドと「売る現場」との齟齬が素地となって定着しているのかもしれない。

 ※今、この記事をアップするためにブログにログインして、13日(水)のPVを見たら、2,275でした^^。
  私の書いたものが見たい、読みたいというPV増ではなく、NHKという大きな存在ゆえだとわかると、あんまり嬉しくないねぇ〜。

また Ironで Amazonが見られなく…。

 SRWare Ironから、またも Amazon.co.jpが見られなくなった。

保護されません

 「この接続ではプライバシーが保護されません」という警告ページが出て、表示されない。

 この事象についてはネット上に解決策がいろいろ掲出されているが、全然効果なし。

 この前、Amazon(各国サイトだったと思う)の表示が崩れたときと同じく、けっきょく Ironをアンインストール → 最新版をダウンロード → インストールで解決。
 この Windows 7上の Iron(=Chrome)は、そんなに不安定なのかな〜。

 ブックマークはエクスポートしておいて、インストール、起動後にインポート。
 加えて、拡張機能の「Tabs to the Front」と「New Tab Redirect」をインストール/設定しないといけないのがめんどう。

 そうすると、Amazon、見られました^^。

Amazon、表示


 Ironの最新版は、現時点で 55.0.2900.0 Stable for Windows となっており、リリースは「Fri Dec 09, 2016 11:23 am」、つまり12月9日…3日前である。それで、「古くなった」ので警告が出たのかな?

 インストールしたバージョンでは、HTTPS接続の場合は、アドレスバーに、「保護された通信 l https://www… 」(← 忠実に色を付けたつもり^^)と頭に日本語で表示が出る。

保護された通信

 前はどうだったか、はっきり覚えていないが、なかったと思う。
 Ironは自動更新や更新通知がないので、こまめに見ないといけないのかな。ネットで調べて、Ironを起動して[F1]キーを押すと SRWare.netのページがすぐ開くのを知った。

 しかし SeaMonkeyも軽々にはアンインストールできませんねえ。

 ついでに(今までもそうだったのだが)気づいたのは‥‥ Ironをいちどアンインストールして再インストールしても、ブックマークは消えるけれど、覚えさせたパスワードはそのまま出ること。
 今回は ¥C¥Program Files 上の SRwareもいったん削除してから再インストールしたのに、どこに記録されていたのやら。
 これでは、OSをリカバリもせずにPCを譲渡した場合、同じブラウザをインストールされるとすべてわかってしまうのでは?

パソコン、良品帰還。

 重要キーが効かなくなった、8月末に16年ぶりに新調した中古ノートパソコン。

本体交換品

 先週月曜にショップに連絡&発送(この日は仕事休み)、水曜の休日をはさむから、ご帰還は早くとも12月にはなるな、と思っていたら、金曜の夜に帰宅するとショップから留守電が入っており、「キーボードは正常です。タッチパッド動作状態で、カーソルが飛んだり未確定文字が確定したり…は確認できませんでした。不安だと思いますので、本体を交換し、HDDを換装しました」ということで、すでに発送したとのこと。

 配達日時指定をしたかったので、発送前に連絡をくれるよう言ったつもりだったが、発送後だった。
 これは、再配達指定でとりあえず問題はないけれど ― 土曜は出かける前には配達されず、日曜に(今日)受け取った。

 しかし、速い! これは恐縮するくらい早かった。
 「キーボードは動作している」というのは、送った機体のキーボードの動作に問題はない、という意味か、本体交換後、問題なく動作している、という意味か、どうやら前者のように聞こえた。
 だとすると、梱包・開梱したり輸送したりの揺れだけでいわゆる‘接触が悪くなったり回復したりする’くらいの現象だったかもしれないが、ケーブル、コネクタの接続に問題があったことは想像でき、本体交換してもらうと安心である。

 ハードディスクを、返送したものに付け替えてくれたということで、設定やドキュメント(← いちおう削除して送ったけれど;;)には変更がない。

 変更があるのは、ハードディスクに依らない、BIOSの設定で、これはタッチパッドがオンの状態で来た。
 このまま文字入力・変換時にカーソルが飛んだり、勝手に確定したりしなければ動作させたままでもいいな、と思い、だいたい問題がなかったけれど、ヤフオクの検索で入力してみたとき、「なかむらひろこ」と入力中に、「なかむらh」のところで確定する現象が生じた(繰り返しては生じない)ので、「やっぱりアカンかぁ〜」と、BIOSから停止した。

 もう1点、Windowsのプロダクトキーが、本体貼付のショップのものでは、当初の機体のものとは違っているので、この辺はどうなっているのだろう、とちょっと不安で、メールしておいた。

 プロダクトキーを見ることができるソフトはあるのだが、それはそれでヘタに置いておくと、プロダクトキーを盗み見されるツールにもなるので、う〜ん、どうなのかな、である。
 ネット上には、プロダクトキーを、控えたり、そういったソフトで読んだりして、オンライン・ストレージに保存しておくとよい、という提案もあるが、プロダクトキーを‘盗難’される危険性は?

 ショップは、Microsoft Authorized Refurbisher なので、サービスは信頼してよいと思う。
 ということは、HDDを乗せ換えても、つまり CPUはじめマザボのデバイス類が異なるものになっても HDDにインストールした Windowsが認証されていれば、それでいい、ということなのか‥‥。

 購入当初、プロダクトキーを間違いなく入力するために、貼付されたシールをデジカメで撮影して、大きめにプリントアウトしたものは保管してあるのだけれど。

 いちおう1年間の延長保証を入れているが、さてどのくらい使えますやら?
 こういうことがあると、旧PCに Kona Linuxでも早く入れておかなきゃ、と思うのですが‥‥。

[付記 2016.12.4]
 プロダクトキーは、機体貼付のシール記載のナンバーだった。本来そういうものなのだった(よく知らなかった)。
 プロダクトキーを見ることのできるソフトがあるので、インストールして見てみた。
 こういうソフトは、プロダクトキーを盗み出すソフトとしても使われかねない面があるので、すぐ削除した。

フィッシング・メール、い〜っぱい^^。

 参りますね〜、このフィッシング・メールの山。

フィッシング

 9件全部同じ、PayPalを装おう‥‥というより、バレバレで、ロゴの画像さえ欠けている。

 こんなのでひっかかる人、いるの? な感じだが、来る。
 主メルアドなので、変えると、各ショップから、メールアドレスをIDとするところもそうでないところも、ログインして変更すべきところが山ほど。

 つくづく、アドレス管理のずさんなガイジンさんに、主アドレスでメールを出すべきではないな〜、と思う次第。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM