ポイントカードを落としたり;;。

 今日(19日)はあったかかった〜♪ 今日は珍しく仕事がないので、夕方に皮膚科に行って軟膏などを処方してもらったり。

 帰途、オリンピックで買物をしたあと、帰ったら同店のポイントカードがない。電話すると「はい、保管してますのでどうぞ」とのこと。
 レジで、ジャンパーの左ポケットにしまったあと、同じポケットからレジ袋を取り出したとき、くっついて落ちたようだ。

 カードケース(=定期入れ)に入れている各ショップ、モールのポイントカード、全6枚。

ポイントカード

 この中で、最も“使い出(つかいで)”というか、利便感が大きいのは、なんといってもヨドバシのポイントカードだ。
 買うものの額が比較的大きいし、付くポイントが基本10%なので、大きい。言い換えると、ヨドバシの場合は、ポイント付与分をかさ上げして値付けをしているともいえ、ポイントカードなしだとこのショップを使う気がしない。

 それ以外は、本体価格100円の買物で1ポイント、つまり6万円くらい買物をしてやっと500ポイント貯まって、お買物券1枚、というていどだ。
 各社・各グループで発行しているので、それぞれを持って処理しないといけないし、買物ごとにレジ係さんの手間になる。
 この、ポイントカードの処理というムダな時間を、1店舗の1日の全レジ係の作業述べ時間数で算出したら、どのくらいになるのだろう? 統計のキライなわが国民のこと、経営者も同じくそんなことは考えていないだろう。

 キャッシュカードやクレジットカードは、さすがに使用後すぐにカードケースの所定の位置に戻すけれど、ポイントカードは、いちいちレジ前で戻していたら時間がかかり、レジ係りにも次の客にも迷惑なので、手近なポケットに戻す。それゆえ落とすことや、次に出かけた時にカードケース内にない事態が出来する。

 いっぽう、ポイントカード・システムのポリシー自体に不愉快な要素があるものがある。Tポイントカードがそれ。
 Tポイントカードを運営する CCC、カルチュア・コンビニエンス・クラブ社が、Tポイントカードのユーザー情報を警察に、裁判所の令状なしに提供していた、という件。

 Tポイントカードは、ファミマなどでは税別200円、つまり216円の買物で1ポイントが付く、つまりポイントの魅力がきわめて低く、たまに特定ショップのクーポンが、しかし期限限定で付くのが、ものによっては使える(私の場合は、青山でズボンを…)というていど。

 写真のは私のものだが、麗々しくブックオフのロゴが見えるのは、ここで作ったからだが、ブックオフは早々にTポイントから撤退している。
 そして、最近、ドトールコーヒーがTポイント終了を発表したほか、どうも大手参加企業がTポイントからの脱退を見据えているらしい、という記事に逢着したりする。

 ポンタカードは、クレジット機能は持たせていないが、なんと、セキュリティコード、それもクレジットカードの3桁ではなく7桁のものが設定されていて、立派すぎるくらいなのだが、ローソンストア100では、やはり216円の買物で1ポイント。貯めにためて、HMVでCDを買う時に、端数を飛ばすのに利用…というだけなのもちょっと情けない。

 ディスクユニオンのは、ポイントカードではなく、メンバーズカードで、とりあえずディスクや機器の処分などの際に、登録情報をすぐ照会してもらえるので、手間が省けるので、これはしようがない。

 「ASTA(アスタ)カード」というのは、最寄りの、西友(=LIVIN)の同ビル内のテナント、アスタのポイントカード。
 時折り増ポイント(3倍とか5倍とか)セールもしているが、基本、税込み(記憶で;;)100円で1ポイントであり、今年度などそうとう買った感触なのだけれど、やっと500ポイント超えというくらいだ。
 500ポイント未満の端数ポイントは、年度末(3月末日)に失効するシステムなので、500ポイントを超えた時点で購買意欲が減殺するやり方だと思うのだが、一向に改めない。

 とりあえず、Tポイントカードはやめましょうか‥‥といって、この種の登録を「解約」するのって、えっらくたいへんなのである。
 紐づけしてある Yahoo! ジャパンIDから解約 → 情報抹消‥‥できるのだろうか?

 さてさて ― 話題は変わるが、Yahoo!ジオシティーズ・サービス終了ということで、ホームページをどこかに引っ越さないといけない、ということになっていた。

 先ほど、登録・開設した FC2に、移転‥‥じゃないな、PCから《FFFTP》で、再アップロードしました:《Bluegourd’s Castle》
 アップ後、小さいほうの[Bluegourd’s Castle]のタイトル画像が表示されず、あれれ、となった。う〜ん、Yahoo!のほうの URLの入った画像はないはずなんだけど、と思ってPC内のフォルダを確認したら、この画像だけ拡張子が「.JPG」、つまり大文字になっていた。それで表示されないのかな、と考えて、ネット上のご教示どおり、いったんPC内の[images]フォルダ内に「.bat」ファイルを作成し、拡張子を小文字に変換してから、サイト内の「.JPG」ファイルを削除し、「.jpg」ファイルを FFFTPでアップしたら表示されました^^;;。

 《FFFTP》は、新PC(現用機)には初めてインストールしたのだが、10年前(→ と index.html に書いていました ;;)に使ったあと、すっかりご無沙汰でだいぶん迷ったが、FTPサイトに接続するとサクサクとアップや削除ができて、快適でありました。
 Yahoo!ジオシティーズの場合は、IDのパスワードと FTPの接続のパスワードは同じだったけれど、 FC2は、FTPパスワードが別にあるので、ちょっとやっかい。しかしこのほうが安全かも。

 ジオシティーズのほうは転送設定したので、旧 index.html はもう表示されず、転送画面になるので、index.html も削除、無事 Yahoo!ジオシティーズから完全撤退いたしましたぁ〜。やれやれ。
 ホームページのほうは、更新もしておらず、古い記述と画像が残存するが、いずれおいおい、ということで。
 おっと、当ブログのプロフィール・ページや、リコメンド商品の説明なども、リンクの URLを書き換えないといけないが、それも、おいおい^^;;。

 Mogami 3103は、い〜いです〜。が、当分あんまりゆっくり聴ける時間がなく‥‥。

FODMAP、あれれ? &食品復活^^;。

 あったかくなってきましたが、ここ数日はまだ寒い〜;;。
 今日は買物に出て歩いていると、ちょっとお腹が痛くなって‥‥きたような感じだったが、まだなんともない(笑)。

 ここまた3週間ぐらい、お蔭さまで比較的“快腸”であります…。
 キムチ納豆は、自分には“FODMAP例外”だったようなので、できるだけ食べるようにしているのだが、ラーメンを食べても、うどん(← よくいっていた、「はなまるうどん」)を食べても、あれれ? ナンともない。

 どうもやはり、去年ひどく、年明けまで尾を引いた腸の不具合は、何か「この食品(群)」というものによるよりは、自分自身の体調、加えて、100日近く摂取した抗生物質の影響が大きそうだ。

 では、と、しばらく控えていた食品を、少しずつ食卓に復帰させてみては、ということに。

買ってきた食品

 ハチミツ(もちろん、最安価の中国産のボトル品)は FODMAP禁忌に当たるので、しばらく砂糖に変えていた。砂糖は、イオンで買ったナチュラル・シュガー‥‥何がナチュラルなのかいまいち不鮮明‥‥がなくなり、凍結していた‥‥文字どおり冬季の低い室温で凝固していた残り分を、湯煎してもすぐには溶けてくれず、チンしてコーヒーとイチゴに。

 加えて、自然食品店で『洗双糖』というのを買ってみた。種子島産で、生成していないのでミネラル分が多いと書いてある。「せんそうとう」と読むのかな。

 同じ店で買った国内産小麦使用のフルーツ・クッキー。これだけで400円である。こんな高いクッキーを自分用に買うことなんかまずない。
 小麦は、ラーメンとうどんで、禁止ではないな、と思ったので、クッキーも買ってみたのだが、一日の一回めの食事の米粉パンは、しばらく続けましょう。

 こういうところに書いてある内容は、十分吟味して読む必要があるが、どうも、「小麦アレルギー」が拡大し、「グルテンフリー」食生活が宣揚される事態になってきたのは、小麦の品種改良が、重ねに重ねてこられた結果だ、という感触は、否めない。

 アグリ・ビジネスの旗頭、モンサント社が、発芽しない(=自殺する)種子を販売し、継続的に種子を購入しなければならないシステムをビジネス化していることはよく知られていて、こういう巨大資本が改良・加工を重ねた農産物しか口にできない時代というのは、ナンだかなあ、という気がする。
 これは、たとえてみればコピーコントロール・ディスクのようなもので、コピー=次代に発芽されないための手段であり、コピーコントロール・シードというわけである。

 折りしも、わが政権は、種子法廃止を決定したわけだが‥‥。

 右のチョコ‥‥チョコレートは FODMAPでうるさく言わないこともあり、ずっと食べているが、近所の百均で見つけた50%カカオのチョコ。これは珍しい。高カカオのチョコレートは、だいたい70%以上を謳っていて、ニガいのである。
 これは、大一製菓(第一製菓、ではなく)というメーカーの製品で、どの百均でも売っているというものではない。

 マイタケも、久しぶりに復活。ど〜かな〜^^;;。

 さて ― Mogami 3103、快調でありま〜す♪ 高精細な音ではあるが、なにかこう、ずーっとステレオを聴いていられるという音です。個々のインプレなどはまた。

 世は、《Yahoo! ブログ》終了で大わらわの模様。ここ、JUGEMはまだもうちょっとやっていそうなので、安心‥‥ではなく、《Yahoo! ジオシティーズ》のホムペが月末には終了で、見えなくなる。
 HTML+テクスト、画像は、全部PC上にあるので、FC2あたりに場を設けて(ユーザー登録だけしました、さっき^^)アップしなおせばいいので、テキトーにします。
 これも1本、記事に、と考えてもいるのだが、Yahoo! ブログの画面は、広告がかなり厚かましい。あのデザインは、今の時代にはダサ過ぎる。
 加えて、あれだけ厚かましく広告を表示してなお儲けが少ない、というのは、営業力やビジネス感覚も危殆に瀕しているのでは、などと思ったり。
 Yahoo! ユーザーのみなさん、すみません m(_ _;)m。

最近の夕飯とか、その他。

 ‥‥毎日“朝までナマ”‥‥じゃなく(テレビはないので、そういうのはもう4年ほど見ていない)、朝までネットでオデオ買物情報漁りまくりの日々‥‥自分でハンダごてを持つ時間は、もうずっと取れそうになく、短時間ながら週6日、延々出勤する日々とあいなりました(これはこれでありがたいですが)。

 で、オデオの新顔に、ちょっと珍しい逸品などが来てもいて、さすがの高品位な音を聴かせてくれるのだが、これ、難しいのは、感覚的な好みと合うかどうか‥‥まぁ、ちょっと置いといて、まとまったら。


 土曜に、また2週間ぶりくらいかでお腹をコワし、しかしその期間に、FODMAPでは禁忌となるキムチ&納豆=キムチ納豆はさんざん食べているので、これはメニューにできるだけ入れようと思う次第。

最近の夕飯

 最近の自炊夕食の一例です。
 キムチ納豆のキムチは、2ヶ1セットのパッケージの「こくうま」というもの。税込み191円と、そう安くもないお値段。納豆は3ヶパックで80円以下のだけど。
 切り干し大根の煮物は、180円の50円引きのを、テナントの総菜屋さんで。3回に分けて食べられる。

 あとは、ゆがいて常備しているブロッコリーとニンジンのサラダ。トマトケチャップやたまねぎドレッシングは FODMAP禁忌品(たまねぎ含有)だけれど、加熱しているのと少量なので影響があまりなさそう。
 お味噌汁は、マイタケが FODMAP禁忌なのでしばらくやめているので、ワカメとニンジン、それに桜エビ。桜エビは、けっこうお高い。

 おっと、これで食後にカフェインレス・コーヒーを1パイ、デザートには豆大福と、チョコちょっと、とかです。
 ごちそうさんです〜。

 転室後、キャスターの付いた椅子(カリモク製の高級品! )を、畳の上にじかに置いて移動していて、元々ちょっと古び気味だったと畳が、傷んできた。

畳の損傷

 賃貸契約では、和室の畳は、管理会社は一切世話をせず、そのかわりに入居者がいくら傷めても一切弁済義務なし。
 ということなので、ネットで畳の補修具について調べると、いろいろありそうなので、そういうものでちょっと塞いでから、こういった保護用品を敷こうかな、と思う次第であります。

 オデオ情報では、新品のスピーカーも1ペア導入しようかと思っており、いっろいろ漁っていると、Elacの Debut B5.2が欲しくなっております〜。
 YouTubeには、1サイズ大きい(のに、だいたい同価格) B6.2のパーフォーマンスが数点アップされていて、Wharfedale Diamond 220あたりよりもスムーズな出音のようで、好感度。
 ただ、アメリカで$200/ペア以下なのに、日本では5万円前後というのが、大勢が書いてますが、ちょっとな〜。ただし、英Amazon.co.ukでは£250。あれ、ポンドのほうが高かったんじゃないの? ‥‥ということもあるので、そこは、欲しければ張り込んで、とか。

 そうそう、このブランド、「エラック」は、日本では第2音節強拍で[ɛlák]みたいな感じだが、向こう(=英語圏)では第1音節強拍(&若干長音化)で、「イーラック」[íːlək]みたいな発音だ。

やっぱり…。

 2016年末の、こちらの記事で、最寄りの駅前の、使い慣れた店舗が、「この地にこの店、必要?」という感のある店舗に置き換わったことを書いた。

 マツキヨの出た(追い出された)あとには、高級志向“系”のスーパー「ザ・ガーデン自由が丘」が出店した(写真は他サイトから拝借)。

ザ・ガーデン自由が丘・田無店(営業時)

 この種の高級志向店には常づねあまりよい感触を持っていない私としては「地元庶民に支持されていたショップを追い出し、庶民に関係が少ないような店舗を誘致する。なんなのか?」と書いた。

 家賃が高い店子のほうが西武にとっていいのは当たり前、というコメントを頂戴し、たしかにそのとおりだとも思いながら、リコメに「時がたつとアッという間に客足、売れ行きが激減し、店舗のほうから撤退、ということに」なるかも、と付け加えている。

 そして ―

ザ・ガーデン閉店

 2016年12月開店なので、約26ヶ月で撤退ということになる。

 やっぱりなぁ、の感浅からず。
 ずっと23時閉店だったが、去年の秋ごろから22時閉店に繰り上げられ、「あれ、売れてないのか、やっぱり」などと思っていての閉店告知だったので、そうか、ということで。

 では、と、最初の嫌悪感の割りに、途中では利用もしていた客としてザ・ガーデンの感想を書くと ―。
 他の代表的な「高級志向」スーパー、成城石井や三浦屋に比べて、ザ・ガーデンは商品の「こだわり度」は圧倒的に低いように感じる

 三浦屋は、自社製の米粉パンなど、特殊な商品を開発までして販売しているが、ザ・ガーデンはタカキベーカリーの石窯パンを仕入れたりしてはいたが、これなら「あるものを仕入れる」ということで、イオン、ダイエー系でもやっていることだ。
 あと、23時閉店の時には、40%引きになった弁当を、時おり買っていた。しかし、これは、入っている料理の味付け・仕上げなど、正札価格から見ると、クオリティの低いものだったと言わざるをえない。正札で買ったら、「うっわ、高〜」と感じるに違いないものだった。

 成城石井では、先日初めて買物 ― マイセンファインフードの玄米パン ― をした。ここには、小麦アレルギーの人が買える食品が置かれている。三浦屋も、米粉パンは米粉80%だが、グルテンフリーのスイーツもあることはある。ザ・ガーデンはこうした需要には、ほぼ全く対応していない。

 成城石井が、品物が高価でも売れる理由、というのがよく言われ、この記事などもそのひとつだろう。
 ここに書かれているようなことが、ザ・ガーデンにはない、といったら言い過ぎかもしれないが、ザ・ガーデンは、「単にお高めの商品を選んで仕入れて置いているだけ」のような感じがする。

 もちろん、小麦アレルギーの人びとの、そうでない人々に比べての食費の高負担は、「個性あるショップで高いものを買えば、食べられるものがちゃんとあるじゃないか」とばかり言っていていい問題ではないことにも留意しないといけないことではあるが。

 実質賃金目減り、さらに勤労統計の意図的不正確などの露呈し続ける昨今、スーパーの撤退などいろいろな現象に、経済・景気のよりいっそうの低迷・停滞感を感じずにはおれない。

 とまれ、予想当たり、の撤退ですなあ。

ハッピーターン♪

 ‥‥閑散期のはずだが、けっこう密なお仕事。
 今日(30日)は、3週間ぶりにお腹がユルみました;;。
 私としては20日間もお腹をこわさないなんて、転室前も含めてちょっと珍しすぎなことだ。

 では、前々日の夕飯は‥‥と思い出すと、牛メシを初めてテイクアウトし ― ただし、ネギ抜きで ― 家でお味噌汁を作って食べた‥‥と記憶。あ、今日もこのメニュー。
 といって、この3週間内に店内でも2度ほど食べているので、関係はないと思う。

 このところ、寝酒に日本酒が増えていて、今まで日本酒をよく飲むとお腹を下しがちだった気がするのが、まったくそうならないのがヘンなくらいだった。

 さてその日本酒、小山本家酒造の『蔵だより』というのを、近くのオリンピックが置き始め、買ってみると、ドンキ扱いの『蔵そだち』と同じかと思ったのだが、度数が違う。『蔵そだち』が一般的な14度であるに対し、『蔵だより』は13度。薄い。
 と、それでちょっと飲みすぎている面はあるかも。

 その日本酒の肴にも恰好、おやつにもなるのが、亀田製菓の『ハッピーターン』。米菓であり、FODMAP成分も皆無ではないだろうが、少ないはずだ。

ハッピーターン、2種。

 同じものが2袋‥‥のはずなのだが、左のは袋に透明部分があって、中の個包装商品が見える。右のは中が見えず、中身は個包装になっていない。
 右のほうは、ダイソーで買って気づいたのだが、アジカル(株)というグループ企業の製造である。

 同じ百均でもキャンドゥ、その他で扱っているハッピーターンは亀田製菓の製品で、アジカル製が内容量・85gなのに対して、もうちょっと少ない。個包装の可能性があるが、買っていないので未確認。

 ちなみに、左の本家製がスーパーなどに置かれているもので、税別150〜168円くらいだろうか。

ハッピーターン、製造元

 で、アジカルのハッピーターン、本家・亀田のと味は違うのかというと‥‥違う。
 ひとことでいうと、本家のものが、ややしょっぱさが気になるのに対して、薄味である。
 塩分の量そのものに差があるのかどうかは、表記法が違うのでわかりにくいが、健康を気にするとアジカル製のもののほうがよさそうでもある。それに、家で食べる分には個包装はムダなので、アジカル製がいい。
 反面、食べやすい薄味で、包み紙も残らないので、4ヶほど食べたつもりが6ヶ食べていた、なんてことにもなりそうだ(‥‥で、自然と酒もすすむ;;)。

 いっぽう、個包装があると、仕事先に持ってゆくには好都合なので、本家製もしばらく常備することになりそうだ。
 なお、アジカルのHPは、現在 トップ以外「Forbidden」で、示されない。

減-小麦スイーツ、とか…。

 叔父の告別式後の、ヒドい○痢以降、お腹の具合は、やや便秘気味ながら、11日間安定している♪
 
 完全にグルテンフリーとか無FODMAPには全然できていないけれど、小麦粉系のパン、スイーツは減らし、ラーメンとうどんは食べていない。
 その上で、高FODMAPと言われる食品を食べてみて、どうなるか、ということで、5日ほど前、ニンニク2かけをスライスしたものを炒めておき、それに百均の炒飯を入れて食べた。
 翌日は、パスタを茹でて、スライス&炒めたニンニクと混ぜ、ニンニク、タマネギも入ったソースと混ぜていただきました。

 ‥‥ナンもなし^^。

 さらに、FODMAP禁忌の人は避けるべき発酵食品=納豆とキムチを合わせた、キムチ納豆(こっれがウマいんだな〜)を、この2日間、夕飯のおかずに。
 で、今朝、さらに具合がよく。

 どうも、自分の場合、加熱の少ない小麦粉食品、つまりラーメンやうどんがよくないようだ。パスタは、乾燥麺にするプロセスでは加熱しないが、乾燥の過程を経るのと、調理の際、8分もの時間茹でる。

 ニンニクは、非加熱=なまの状態で食べると、夜になって胃が痛み出すことが多いが、油でしっかり炒めると胃腸に悪影響がないような感じだ。
 ただし、加熱は有効成分とされるものも破壊しかねない。

 キムチ納豆は、しばらく様子見。

 このところ、朝昼兼用の食事には、マイセンファインフードの玄米パン+三浦屋の米粉80%パンを食べている。
 その他、グルテンフリーを称していたり、小麦粉使用ではあっても中心でない「米菓」と示されたもの、など。
 さすがにはっきりとグルテンフリーと称するものは、高い。

減-小麦粉スイーツ。

 真ん中の「Honeycomb」(オーストラリア製)は、輸入食品店「ジュピター」で置いていたもので、グルテンフリーを称する。1ヶが大きいが、軽く「パフッ」と食べられる。この1袋で350円くらい?
 その下のはジュピター食品が輸入している、韓国のシリアル・バー。1本158円。さらに下は、有名な「1本満足」。これは113円くらいか。

 右の「黒糖みるく」は、黒糖をまぶしたお煎餅で、醤油味は控えていて、おやつにも酒肴にもなる。これは百均。
 左のは、アズダ(Asda。ウォルマートのこと)・ブランドの、ドイツ製のチョコ。チョコレートは高FODMAPだと思い込んでいたが、高FODMAPリストに入ってこないことが多い。

 上左は、マイセンの玄米クッキーで、成城石井という、今まで1度も買物をしたことがない高級スーパーで。このちっちゃいパックで260円?
 その右は、三浦屋の黒米入り米粉パン。2割は小麦粉使用。トーストするとおいいしい。

 というわけで、明らかに小麦粉ベースのクッキーやケーキ類は食べなくなった。パンも、いわゆる「パン屋さん」で売っているものは、しばらく食べない。
 百均で売っている「米菓」系のものは安いが、それ以外は、おおむね高価だ。このところ、オデオとスイーツにはお金が出ていっている。
 食品への出費は、経常的なものなので、ある意味、要らなくなれば換金できるものもある耐久消費財より家計にはダメージである。

A-S501、試聴CD

 さて、どうしてもあんまり積極的に電源を入れよう、という気になりにくい ヤマハ A-S501。
 ルービンシュタインのショパン(音がゴ〜ッジャスな 24bit/96kHzリマスター+Blu-spec CD2+音匠レーベル仕様)と、これもリマスター盤の、ヨッフム/コンセルトヘボウのブルックナー:交響曲第5番から、第1、第2楽章。

 C-7030+PM6005だと、ジャァッリィ〜ンと鳴り響くピアノの倍音が、じつにおとなしい。さらにおとなしかった『20世紀の名ピアニスト』盤で『軍隊ポロネーズ』を再生すると、その差で、ちょっとフォルテピアノのような印象さえ受ける。
 ブルックナーは‥‥細かい音が全て聞こえるが、音がスピーカーにベターッとくっついて離れない印象だ。音場の広がりも奥行きも、紙に印刷した写真のごとし。

 やはりもうちょっと聴いてみるしかないか。
 もうちょっと聴いた段階で、モガミ 3103を導入して、それで以て PM6005と比較してみるのも面白いだろう。
 ということだと、PM6005もまだオク出しできませんねえ。

やっぱり FODMAP?

 ‥‥1月は2日から再開した“冬のお仕事”、お蔭さまで7日に終了、そのあと2日間お休みで、今日からまたレギュラー…ただし夜間だけとなる。
 2日間の休みは、年末に亡くなった叔父の通夜と告別式、という、ちょうど仕事を休まなくても参列できる日程で、出てきました。

 年末、28日にヒッドい○痢をしたあと、記事にも書いたように FODMAP食品“ちょい減”の食生活を心がけ、そのお蔭か‥と断言はできないものの、8日までの11日間、おなかは至って平和^^。
 年末年始は、自分では舌にも身体にも合わないほうだ感じている日本酒(もちろん、小山本家製!)を、屠蘇酒も入れてそうとう飲んでいたのだけれど、お腹は平穏。

 “冬のお仕事”の終わった7日の晩は、解放感と、ちょっと実験を、という気持ちから、ネギ入りラーメンと水餃子、という、小麦とネギ(両方とも高FODMAP食品)をガ〜ッツリ食し、帰宅して、賞味期限も過ぎて数日の、ふつうに小麦粉を焼いたフィナンシエ・ケーキと、ハチミツ入りコーヒーをいただきました♪

 8日は何もなかったが、9日、告別式後の、例のゴージャスな ― ふだんそんな昼食は絶対取らない ― 幕の内+ビールの「お斎(おとき)」をたいらげたあたりから、お腹がググ〜ッと来た。
 会館のトイレで3回、帰りの電車の乗換駅で1回(このごろは駅のトイレも、キレイな駅は、キレイです^^;;)、帰宅して1回、と、まるで腸内洗浄だった。

 ふむ〜、やっぱり FODMAP、“効いてる”のかなー‥‥。

 あの、宇野センセイのサイトで述べられている FODMAPコントロール、曰く、「最近、はまっているのは、勤務終了後、家に帰る前のラーメンです。私の場合には、小麦を食べても2時間は無症状なので、症状が出ても家に帰ってからだからです」というやり方。
 2時間という短時間で効果(!)が現われるという体質ならやりやすいのだが、私の場合は36〜40時間後、ということになるようだし、前後の飲食の状況にもよるので、うまい具合には行きそうもない。

 年越し期に、喜んで食べていた干し柿やおさつスナックは、柿もサツマイモも高FODMAPだったので、よくないはずなのだが、こちらはほとんど影響した感じがない。
 思うに、FODMAPでも人によって影響の大小や様子は異なるようだ。

 ラーメンやうどんなどは、小麦粉を高温で熱する過程をあまり経ないような気がする。これに対してパンや焼き菓子の場合にはそうとう高温をかけるはずなので、糖やグルテンの状態も、また違ったものになるのではないか、などと考えるのだが‥‥。

 という次第なので、まあまあできる範囲内での FODMAP“ちょい減”生活を心がけましょうかねえ。

玄米パン

 スーパーや、あまつさえ自然食品店でも、グルテンフリーや低FODMAPのパン類はほとんど置いていないのだが、週1回行く仕事先の最寄りスーパーで見つけた、福井は鯖江にあるマイセンフードの玄米丸パン。
 チンして食べる仕様であるが、これはおいしい。バターをつけて(バターは FODMAP禁忌に当たらない)、ウィンナや野菜と食べると、けっこうな朝昼兼用ブランチになります♪
 6ヶで約650円ほど、と、通常のスーパーのパンより高いけれど、「うっわ高い!」というほどではない。

過敏性腸症候群と FODMAP。

 はぁ〜‥‥と溜め息をつくほどべつにトラブルや忙しさがあるわけでもないけれど、年末。
 「平成の最後の年末…」‥‥シランがな、そんなん。

 今年は、いや、転室後ずっとかな‥‥しかし今年はとくに○痢がヒドかった1年だったぁ〜。
 仕事納めの前の28日も、仕事中に数度、トイレに駆け込んだ。

 10月に病院に行った時も、「過敏性大腸の薬なら何種類か紹介できますよ」というドクターの話だった‥‥血液検査の結果は「健康優良児」だったのだが。

 ネット上でいろいろググっていると、ふつう腸にいいとされる発酵食品などが、かえって過敏性腸症候群(正しくはこう呼ぶらしい。IBS=Irritable Bowel Syndrome と称されることも多い)を悪化させるということがわかってきている、ということらしい。

 その原因食材に含まれる糖類を、まとめてフォドマップ FODMAP(= FO(醗酵性オリゴ糖類)、D(二糖類)、M(単糖類)、A(and)、P(ポリオール))という(こちらなどサイト多数)。

 この説をわが国に紹介した草分け的なドクターは、宇野良治先生という人のようだ。
 宇野氏のブログの中では、こちらなどは特段に面白い。
 曰く、「最終目標は低FODMAP食をやめること」。あれれ? 宇野氏は「日本低フォドマップ(FODMAP)食推進会」会長ではないのか?

 FODMAPを試したあと、どんな食材が自身の整腸 or 下痢^^ に影響するのか、ということを知悉して、整腸が必要なときにはそうなる食事を、下痢をして腸内を掃除したい時には下痢をする食品を摂る、そして「低FODMAP食の最終目標は、低FODMAP食をやめて、高FODMAPによって、自分の腸を操作することにあります」と言う。

 先取的なドクターは、ジェンナーの“人体実験”の伝統? を受け継いで(?)、自分の体で果敢にいろいろ試すものらしい。
 以前、DHA、EPAが喧伝された時に、DHAを皮下注射し、「サカナくさい臭いがした」と書いている医師の本を読んだことがあり、「こりゃちょっとやりすぎじゃまいか」とある種の不審感も抱いたのだが、宇野センセイの行き方にも似たところがある。

 下痢を催しやすい食品で自在に ― まるで内視鏡検査前の腸内洗浄剤のように ― 下痢をする、というのは、かなり不自然な食生活ないし健康管理ではないかという気がする。
 それに、私の場合、○○を食べて○○時間後に下痢、ということはまずなく、だいたい6日〜8日に1回、クダすのである。

 が、この方法が奏功すれば仕事に支障は出なくなる、と、ちょっと気が向いている。
 やっかいなのは、サイトによって食品の FODMAPの高/低にかなり違いがあるということ、食材は低FODMAPでも、薬味(蕎麦のネギ)や調味料(トマトケチャップ中のタマネギ)には高FODMAP食材が含まれている場合が多い、ということ。

 そして、小麦不使用のパンやクッキーを買おうと思っても、最寄りのテナントの自然食品店でも、あまり種類がなく、当然だが、高価だ。

小麦不使用スイーツ

 その店で、かろうじてあった小麦不使用のビスケットとブラウニーを買った。
 ブラウニーは、カカオを含むので、高FODMAPではある。
 ビスケットは、ひとつひとつが小さく、量も少なく、袋の中ですでにくだけているものが多い。
 ブラウニーは、おいしかった。ビスケットも、悪くないが、ちょうど和菓子の落雁のような感じ‥‥いや、落雁が米粉のクッキーだったのか^^。
 写真のもので、都合1,008円でした。

 米粉パンは、専門にしているお店が、バスでちょっと行ったところにあるようなので、行ってみようかと思っている。普通のパンで食事をする3〜5倍くらいの出費がかかりそうだけれど。

 そして、とりあえずフツーに小麦粉不使用 or 減使用のスイ〜ツを買ってきましタ。

小麦不使用スイーツ-2

 正月なので、百均のおモチ。あたりまえに原材料:米です。
 高価なのでここ数年買っていない市田柿。600円也;;。サツマイモのスナック、くるみのゆべし。
 ハチミツも高FODMAP食品なので、しばらく控えてみようか、ということで、イオン/トップバリュのオーガニック砂糖も。

 徹底はすぐにはとても無理だが、小麦粉食品、ハチミツ、マイタケ、ニンニク、等々をしばらく控えめに、と考えておりまス。
 より進めていって全然効かなければ、FODMAP関係なし、ということで、ヤメます。

 低FODMAP食で気になるのは、ニンニク、キノコ類、タマネギ、大豆など、癌の発生を抑止する効果が知られている、いわゆる「デザイナーフーズ」の多くが忌避される、ということだ。
 低FODMAP食の長期実施群と、そうでない人たちの間で、癌発症の差が有意に認められないかどうか、関係する専門家はこの点も看過してはならないだろう。

 おっと、最後にビロウな記事? にて失礼をばいたしました m(_ _;)m。

 “アッという間に過ぎた1年”…かというと、そうだった感じもする一方、「いろいろあったなー、シンドかったぁ〜」という1年でもあった。
 口腔外科なるところに初めてかかった‥‥と思ったら、弟も口腔外科デビュー。幸い二人とも重症ではなかったのですが。

 仕事は今までになく混んで、お蔭さまでアンプを3台分、約14万円くらい“すっちゃう”という愚挙にも出た。
 性懲りもなく、年明けにもう1台、と考えている次第でありま〜す。

 みなさま、どうぞよい新年を。

真空管アンプと癒し‥‥むふ〜…。

 前記事の、セコムの報知器、早速新品到着。まだ付けてません。

 仕事前の午後、じ〜っくりとステレオ鑑賞。
 今日は、クリュイタンス/パリ音楽院管の演奏で、ラヴェルの『クープランの墓』を、そして続いて収録されている『マ・メール・ロワ』を聴いた。
 仏EMIの非リマスターの2枚組。音に鮮麗さがなく、いいリマスターがあれば買い換えたいとも思っていたディスクだけれど、PM6005では、じつにいい音で鳴る。
 高弦の強奏の部分だけ、音が硬く、歪み感が出るが、それ以外は柔らかな音だ。ホルン、低弦など、深みがあってすばらしい。

 で、聴いているうちに ― だいたいいつもそうなのだが ― お腹がゴロゴロ。
 で、仕事に出て、ちょっとこみいった問題を説明していたら、お腹が痛く…。

 お腹がゴロゴロ言い出して便意、というのは、交感神経の緊張が解けて、消化器が動き出しているわけで、これ自体はいいことである。
 心身症などの患者によく指導される「自律訓練法」は、最初の回で、患者/クライアントが、「お腹が痛い」といってトイレに行くことがある、と聞いたことがある(中学の、不登校時)。

 ではあるけれど、半導体アンプの音の「冷たさ」も、ちょっと影響しているんじゃないか、などと、先日の「妄想」→「妄想の撤回」などをやらかしつつ、思う次第であります。

 そんでもって、こんな記事

真空管アンプ、癒し

 「国立健康科学研究所」‥‥って実在する研究所の名前なのか、と思ったし、こういう「研究」って、とも思ったが、ホントにやっているらしい。
 むふ〜〜…。

 装置も音源も、もう触るところがないところまで来ているのだが、それで「スイッチを入れ、音楽を聴く」ということ“のみ”で幸福になる人間なのか、というと、どうも全然そうではないらしい、ということが、ハンダごて遊びの停止後、ますますわかってきている。

ヒョウモンのご来訪、他。

 寝る前に、タオルを干そうか、とベランダに出ようとしたら、隣室とのパーティションの下のほうに、ヒョウモンの類いと思しき蝶がとまっていました。

ヒョウモン

 種の名称まではわからないが、タテハ、そしてヒョウモンチョウの一種だろう。
 翅の文様は、表裏とも、工芸デザインのように美しい。

 じつは、この蝶、体調がヘロヘロで、今日仕事にいけるかな〜という日に、バス停に歩いてゆく途中で、草むらで見かけたのでした。
 同じ個体ではないだろうけれど、また遭遇して、ちょっとしたシンクロニシティ、っぽい。

 そのままにしておいて、寝ました。
 すると、室内でバタバタする音が! ありゃ、だれかいる!? と思って電灯をつけたら、あのヒョウモンさんが入ってきていたのでした^^。

電灯にとまったヒョウモン

 照明器具にとまっているところを1枚。消灯して写したせいか、ピンぼけです‥‥が、翅の表て側もきれい〜。

 このまま泊ってもらうと、踏んづけたりすると気の毒なので、翅をすぼめたところをそ〜っとつまみ、ドアからご退去いただきました。

 う〜ん‥‥草むらにいた個体なのかも。「あの時、キミがふらふらしていたから、心配で見舞いに来てやったんだよ」‥‥は妄想しすぎ…。

 さてそして‥‥今日は夕刻からの仕事なので、正午までは寝ていようと寝ていたら、火災報知機が「火事です! 火事です! ピィ〜ピィ〜ピィ〜」と叫びだした。
 異状は全くない。しばらくすると止まったけれど、また絶叫。

 天井からはずして、電池のコネクターを抜いてみた。

家庭用火災報知機

 セコムのもので、型番は SM-D0350/SM-D0360。
 セコムに電話すると、単純な誤動作だろう、ということで、管理会社に申し出て交換してもらうのがよろしかろう、ということに。

 これまた何のシンクロニシティ?
 ‥‥さて、ヤフオクの、落札された出品品を発送しに行きますかね。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ライヴ・イン・コンサート1991
ライヴ・イン・コンサート1991 (JUGEMレビュー »)
内田光子,モーツァルト
神韻縹渺。
recommend
Symphony 7
Symphony 7 (JUGEMレビュー »)
Bruckner,Berlin Philharmonic Orchestra,Wand
やっぱりこれは、音楽の世界遺産!
recommend
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴>
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調<悲愴> (JUGEMレビュー »)
ベルリン放送交響楽団,チャイコフスキー,フリッチャイ(フェレンツ)
※クラシックで1枚、といったらコレ!! 新しい国内盤が出ています。
recommend
Symphony No. 8
Symphony No. 8 (JUGEMレビュー »)
D. Shostakovich
ムラヴィンスキー/レニングラードの決定盤!!
求めやすい alto盤が、Amazon.co.jpにも入りましたので、入替えておきます^^。
recommend
はてしない物語
はてしない物語 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
“虚偽”の時代への警鐘!
recommend
風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
野口 晴哉
やっぱりこれは入れておかないと…。
recommend
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1)
野生の哲学―野口晴哉の生命宇宙 (ちくま文庫 な 38-1) (JUGEMレビュー »)
永沢 哲
整体の創始者・野口晴哉の核心に初めて思想研究として迫った力作!!
recommend
「ひきこもり」だった僕から
「ひきこもり」だった僕から (JUGEMレビュー »)
上山 和樹
‘本館’に所感をアップしてます(^^)。
recommend
言葉と無意識 (講談社現代新書)
言葉と無意識 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
丸山 圭三郎
小冊子ながら、限りない示唆に満ちた名著
recommend
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
F.デヴィッド ピート
‘シンクロニシティ’を可能なかぎり、‘トンデモ’から離れて説いた良心的な一書。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM